★6月6日はカエルの日!どんな記念日?由来とイベント情報!

【スポンサードリンク】

カエルといえば、梅雨時期にケロケロッと良く鳴く、あの水辺にいるカエルですね。

そんなカエルの日があるのはご存知ですか?

6月6日がカエルの日なんですが、一体どんな記念日なんでしょうか?

また、6月6日がカエルの日になっているのには、何かしら由来があるはずですよね。

6月6日がカエルの日の記念日となっているのは、どんな由来があるのでしょうか?

そして、6月6日のイベントはどんなイベントがあるのでしょうか?

そんな気になる6月6日のカエルの日の記念日の由来やイベントについてクローズアップ!

今回は『6月6日はカエルの日!どんな記念日?由来とイベント情報!』についてご紹介します。

6月6日のカエルの日とは?

カエルは「ケロケロ」となきますよね。

の「けろ(6)、けろ(6)」の語呂から6月6日が記念日となったそうです。

「かえるの友の会」という団体があり、その団体の会員の一人が1998年に提唱したのが、この記念日の始まりだそうです。

かえる友の会とは?

かえるのコレクションを1点以上お持ちの方は、どなたでもご入会可能で、「かえるの友の会」の活動趣旨は、カエル好きが会員となって、カエルにか関係する研究や情報を交換するのを通じて、教養と親睦を図るのが目的だそうです。

かえる友の会は、シンボルマークを作り、カエルに関する書物を作成しています。

この会の元になっているのは、「河鍋暁斎」という江戸時代末期~明治初期の絵師ですが、この絵師の記念美術館が埼玉県にあり、作品を見る事が出来ます。

カエルの日のイベントは?

河鍋暁斎記念美術館では、毎年7月~8月頃に「かえる展」が開催されます。

河鍋暁斎さんの作品はカエルだけでなく、数々の作品があるので、カエルを楽しみつつ、様々な作品を楽しむことができます。

【スポンサードリンク】

他にもある6月6日の記念日は?

  • 梅の日

    天文14年4月17日(新暦:1545年6月6日)に、京都・賀茂神社で行われる葵祭で後奈良天皇が神事をされた際に、梅が献上されたという故事があることから、紀州田辺うめ振興協議会(紀州梅の会)が記念日に制定されました。

    ちなみに、梅雨の由来は、天正14年は晴天が続き雨が全く降らなかったため、作物はほとんど育たず人々が困り果てていた折に、後奈良天皇のもとへ、「賀茂神社に詣でて梅を奉納せよ」との神のお告げがあり、お告げ通りに後奈良天皇が奉納すると、たちまち一帯に大雨が降りはじめ、五穀豊穣をもたらしたことが由来だそうです。

    その天恵の雨を、梅を奉納したことにちなんで「梅雨」と呼ぶようになったとされています。

    この時季に降る雨は、「災いや疫病を除く」、「福を招きいれる」と言われており、豊穣を呼び込む梅に感謝するとともに、梅を梅法師と崇め人々が互いに梅にちなんだものを贈り合う縁起のいいものだったそうです。

  • 飲み水の日

    世界環境デーの翌日であることを受けて、「健康に関わり合いのあるものに貢献して行くのが薬剤師の仕事」として、東京都薬剤師会公衆衛生委員会が記念日に制定されました。

    同委員会では、東京の水道水の水源である利根川等の水質検査を行っているそうです。

  • 恐怖の日

    新約聖書「ヨハネの黙示録」に登場する「獣の数字・666」にちなんで記念日に制定されました。

    ヨハネの黙示録によると、この世の終末に海から「角が10本、頭が7本」の獣が上ってきて、この世界を42ヶ月もの間支配する、との記載があり、その獣が人々に刻む数字が「666」と記されています。

  • 兄の日

    6月6日はふたご座期間のほぼ中間であることにちなんで、姉妹型、兄弟型の研究をしている漫画家の畑田国男氏が記念日に制定されました。

  • ヨーヨーの日

    ヨーヨーを世界的に広めた立役者であるドナルド・F・ダンカン氏の誕生日(1892年)を記念して制定されました。

  • コックさんの日
    絵描き歌「かわいいコックさん」の中で「6月6日」が出てくることにちなんで記念日に制定されました。

まとめ

今回はカエルの日についてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

6月6日は、カエルの日だとご存知でなかった方、ぜひいろんなイベントが開催されていますので、参加してみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年6月12日

カテゴリー:日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ