★6月の誕生石はパールだけじゃない!ムーンストーン・アレキサンドライトとはどんな石?

【スポンサードリンク】

6月の誕生石をご存知ですか?

6月の誕生石は実はパールだけでなく、ムーンストーン、そしてアレキサンドライトもあるんです。

パールはよく聞きますので、知っている方も多いかもしれませんが、ムーンストーンとアレキサンドライトとは一体どんな石なんでしょうか?

また、6月の誕生石であるパール、ムーンストーン、アレキサンドライトにはどんな意味があるのでしょうか?

そんな気になる6月の誕生石のパールとムーンストーン、アレキサンドライトについてクローズアップ!

今回は『6月の誕生石はパールだけじゃない!ムーンストーン・アレキサンドライトとはどんな石?』についてご紹介します。

誕生石とは?

誕生石とは、1月から12月までのそれぞれの月に割り当てられた宝石のことです。

誕生石を身に着けていると幸せになれると古くから言い伝えられており、他にも魔除けや願いを叶える効果もあると考えられています。

誕生石は、月によって複数の宝石が定められていることがありますが、自分の誕生石であればどの宝石でも問題ないようです。

誕生石の起源は、「旧約聖書」、「新約聖書」だと言われており、誕生石を用いることが考案されたのは18世紀にポーランドです。

その後、1912年に「米国宝石商組合」が1つの基準を作り、それを目安に各国でアレンジを加えたものがそれぞれ採用されています。

6月の誕生石は?

6月の誕生石は、「パール」、「ムーンストーン」、「アレキサンドライト」の3つです。

  • パール(和名:真珠)

    パールが持つ象徴的意味は、「女王の品格」・「純粋無垢」・「富」・「健康」・「長寿」です。

    パールは結婚式やお葬式などによく用いられるフォーマルジュエリーですよね。

    パールは「女王の宝石」と言われていて、とても高貴な石で、女性の運気を高める強いパワーがある石なので、素敵な恋を惹きつけてくれます。

    出会いを求めている人にピッタリでしょう。

    さらに、母貝に守られて育ったことから、保護力や治癒力をもっているとされています。

    持ち主の苦痛を和らげ、希望の光にかえる強さを持っており、邪気からも守ってくれる頼もしい石なので、守護石としてベストなパワーストーンです。

    困難があったとしても、パールを身に着けていれば、身を守って災難を跳ね返すパワーを与えてくれます。

    他にも、鎮静作用や精神を安定させ、心を穏やかにしれくれるパワーも秘めているそうです。

  • ムーンストーン(月長石)

    ムーンストーンが持つ象徴的意味は、「希望」・「愛」・「幸運」・「知性」です。

    ムーンストーンには予知力を授けるパワーがあると信じられており、魔術的効果がひときわ高い石です。

    また、ムーンストーンは、特に女性に強いパワーを与えてくれる石ですので、女性が環境をかえたり、変化を求めるときなどに良い方向へと導いてくれます。

    女性らしくなりたい、女性的魅力がほしい時などにもパワーを与えてくれます。

    さらに、また、絆を深めて好きな人との結びつきを強めるパワーがありますので、「恋人の石」とも呼ばれています。

  • 【スポンサードリンク】
  • アレキサンドライト(金緑石)

    アレキサンドライトが持つ象徴的意味は、「秘めた思い」・「自立」・「誠実」・「勇敢」・「二面性」・「オリジナリティ」です。

    そして、実はアレキサンドライトは、太陽の光の下だと緑色に見えるのですが、白熱電球を当てると赤色に変化するそうです。

    アレキサンドライトは、このように色が変わることから、多面性を表し、2つのことが同時にできるような才能を引き出すパワーがあります。

    自信を持って行動できるようになり、周りからの信頼や愛情を得ることができるパワーストーンです。

    また、精神的な自立・成長を促す効果がとても強く、自尊心を高めて、思いやりや愛情を高める効果もあります。

それぞれの月の誕生石は?

  • 1月:ガーネット

    「アルマンダイト・ガーネット」という赤い色のガーネットが最も有名です。

    ガーネットの石言葉は、「貞操」・「真実」・「友愛」・「忠実」です。

  • 2月:アメシスト

    アメシストは、紫色の水晶で、光の当たる角度によって少し色味が変わるのが魅力的な宝石です。

    愛の守護石であるアメシストの石言葉は、誠実・心の平和です。

  • 3月:アクアマリン

    アクアマリンの石言葉は「沈着」・「勇敢」・「聡明」です。

    澄んだ青色で、癒しの宝石として知られています。

  • 4月:ダイヤモンド

    ダイヤモンドの石言葉は「清純無垢」です。

    結婚指輪にも用いられるダイヤモンドは、「永遠の愛」の象徴としても有名です。

  • 5月:エメラルド

    エメラルドとジェイドの石言葉は、「幸運」・「幸福」です。

    エメラルドグリーンの美しい輝きが魅力的で、クレオパトラが最も愛した宝石としても有名です。

  • 7月:ルビー

    7月の誕生石は、真っ赤なルビーです。

    石言葉は、「情熱」・「仁愛」・「威厳」です。

    「情熱の石」とも呼ばれています。

  • 8月:ペリドット

    ペリドットの石言葉は、「夫婦の幸福」・「和合」です。

    ペリドットは淡いグリーンの宝石で、心身を安定させる宝石としても知られています。

  • 9月:サファイア

    サファイアの石言葉は「慈愛」・「誠実」・「徳望」などです。

    美しいブルーの色味が特徴的なサファイアですが、ピンクやイエローなどさまざまな種類があります。

  • 10月:オパール、トルマリン

    オパールとトルマリンの石言葉は、「心中の喜楽」・「安楽」・「忍耐」です。

    不思議な輝きを持つ深いブルーが特徴で、「幸運」の石とも呼ばれています。

    トルマリンは電気石とも呼ばれ、豊富な色合いも持つ宝石です。

  • 11月:トパーズ、シトリン

    トパーズとシトリンの石言葉は、「友情」・「希望」・「潔白」です。

    トパーズは加熱や放射線を照射することで、さまざまな色に変化する宝石です。

    元の色は無色透明ですが、イエローのものが多く日本では「黄玉」と呼ばれています。

    シトリン(黄水晶)は、美しいイエローが特徴の宝石です。

    フランス語でレモンを意味する「citron(シトロン)」からきています。

  • 12月:ターコイズ、ラピスラズリ、タンザナイト

    ターコイズとラピスラズリの石言葉は「成功を保証する」です。

    タンザナイトの石言葉は「冷静」・「知性」です。

    ターコイズは、心配やネガティブな気持ちを払拭してくれると考えられていますので、古くから旅のお守りとして親しまれてきました。

    ラピスラズリは、魔除けと開運の効果があるといわれています。

    タンザニアの夕暮れ時の空に例えられる、落ち着いた青紫色が特徴な石です。

    冷静さや判断力を高めてくれると言われています。

まとめ

今回は6月の誕生石についてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

もし、石が汚れているとパワーが落ちてしまいますので、こまめにきれいにしてあげてるようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年6月17日

カテゴリー:占い

サブコンテンツ

このページの先頭へ