★82円切手で送れるもの!重さや大きさ、形や厚さは?

【スポンサードリンク】

82円切手なら家にあるけど、この82円切手で送れるものってどんなものでしょうか?

重さや大きさ、形、厚さなど色々ありますよね。

82円切手で送れるものの重さ、大きさ、形、厚さはどれくらいか知っていれば安心ですよね。

そんな気になる82円切手で送れるものの重さや大きさ、形、厚さについてクローズアップ!

今回は『82円切手で送れるもの!重さや大きさ、形や厚さは?』についてご紹介します。

82円切手で送れるものはどれくらい?

重さは25gでサイズは長辺23.5cm、短辺12cm、厚さ1cm以内だと定形郵便として82円で送る事が可能です。

この25グラムとは封筒と中身の紙、切手を合わせて25グラムということですので、注意が必要です。

そもそも定形郵便物とはなんでしょうか?

郵便で送れるものにはいろいろありますが、いわゆる封筒の形のものは「定型」と「定型外」に大きく分かれています。

定型に当てはまる大きさで一般的に使われるのは、「長形3号(長3):A4用紙が三つ折で入る大きさ」、「長形4号(長4)」、「長形5号(長5)」の3つです。

ちなみに、長形は、縦長に折り曲げて入れられるような封筒で、縦書きに書いた手紙などを入れる時に使われます。

洋形は、横に折り曲げて入れられる封筒で、横書きの手紙やダイレクトメールによく使われている封筒です。

角形は、正方形に近い形で、書類を折り曲げずに入れられる幅広の封筒で、履歴書などを送るのにつかわれます。

ちなみに履歴書などを折らずにいれるような大きい角型の封筒は定形外に当たりますので、大きな角型封筒は25グラム以内であっても82円では送ることができません。

また、長方形でない変形の郵便物は、たとえ定形のサイズ内でも定形郵便物として差し出すことはできないため、定形外郵便物での差し出しになりますので、注意が必要です。

82円切手で送れる距離

切手の料金に距離は関係無く、全国一律82円で送ることができます。

つまり、一般的な定形郵便物で25g以内のものであれば、日本全国どこでも82円で送ることが可能です。

82円切手でA4何枚まで入れることができる?

82円切手の場合、重さは25g以内でなければいけません。

A4サイズのコピー用紙であれば、1枚の重さが約4gになります。

用紙が6枚で約24gになります。

しかし、封筒の重さもありますので、4枚くらいまでであれば82円切手で送ることができると言えます。

【スポンサードリンク】

料金不足の場合どうなる?

料金不足の郵便物の場合下記の方法がとられます。 

(1)受取人に届く前に差出人に返送される 
(2)受取人に届いて不足額を支払う
(3)受取人が不在だったり、支払いを拒否したりすると差出人に返送される

料金不足でポストに投函された郵便物は、差出人に返送されるか、受け取った人に不足料金の請求が行く場合があります。

もし自分が受け取る側だったとして、不足分の料金を請求されたら嫌な気分になるでしょう。

受け取る側は、支払いや郵便物の受け取りを拒否する事もできますが、料金不足は相手にとても失礼な行為となりますので、注意が必要です。

送る用紙の枚数が多く送料が不安な場合は、郵便局の窓口で計ってもらう方が確実です。

また、多めの金額の切手を貼るのも一つです。

忙しくて郵便局に行けず、重さに自信がない場合は多めに切手を貼りましょう。 

ちなみに、料金不足で自分の所に郵便物が戻ってきた場合、不足分を足すだけでは送ることはできません。

1度消印や料金不足のハンコが押されたものは使えませんので、改めて必要な料金分の切手を貼り直して送ってください。

82円切手はコンビニで買える?

82円切手は、郵便局だけでなくコンビニでも買うことができます。 

レジでお店の人に「切手ください」と言えばOKです。 

まとめ

今回は、82円切手で送れるものの重さや大きさ、形、厚さについてご紹介しました。

82円切手は、25g以内であれば、日本全国どこでも送れます。

ただし、規定のサイズ以外の場合、82円ではない可能性もあります。

【スポンサードリンク】

迷った場合は、郵便局の窓口に持って行きましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年7月30日

カテゴリー:郵便

サブコンテンツ

このページの先頭へ