★エアコンの掃除どうせなら自分で!カビ取りはどうする?エアコン掃除のコツは?

【スポンサードリンク】

夏は涼しく、冬は暖かいエアコン。

そんな快適なエアコンは生活にかかせませんよね。

でも、エアコンを長く使っていると、何か変な臭いがするなんて経験ありませんか?

その変な臭いの原因は、カビです。

でも、エアコンのカビ取りを業者に頼むとなると結構なお値段しますよね。

しかし、自分でエアコンの掃除をして、カビ取りしようと思っても大変です。

一体どのように自分でカビ取りしたらよいのでしょうか?

また、カビ取りのコツはあるのでしょうか?

コツがあれば、掃除も簡単になりますよね。

そんな気になるエアコンの掃除の仕方やカビ取りのコツについてクローズアップ!

今回は『エアコンの掃除どうせなら自分で!カビ取りはどうする?エアコン掃除のコツは?』についてご紹介します。

エアコン掃除の前準備

エアコン掃除をする前に、まずは電源を切っておきましょう。

コンセントを抜いておくとなお安心です。

それから、エアコンの下やその周辺にホコリが飛び散りますので、周りに物がある場合は避けておきましょう。

掃除の際はマスクをし、ホコリやダストなどを吸い込ないようにします。

小さなお子さんがいる家庭では、掃除中はなるべく子どもたちが近づかないようにします。

フィルター掃除のやり方

  • エアコンの電源をオフし、エアコン周りの養生したら、全体のホコリを除去する

    コンセントが抜けないタイプの場合は、ブレーカーを落として掃除を行いましょう。

    下にビニールを敷いたりして、エアコン掃除によって出る汚れで部屋を汚さないようにエアコン周りの養生をします。

  • フィルターに掃除機をかける

    いきなり掃除機をかけるとホコリが舞い上がってしまいますので、フィルターを外す前に外側から掃除機をかけます。

    最初はサッと乾拭きしてからがよいでしょう。

  • フィルターを外す

    フィルターそのものに掃除機をかけてホコリを取ります。

    この時、内側からかけるようにすると、目詰まりを防げます。

    フィルターが外れにくいからと言って力任せにひっぱったりしないでください。

    フィルターは変形しやすいプラスチック樹脂で出来ていますので、変形や破損の原因になります。

  • フィルターを水洗いする

    洗面所やお風呂場で中性洗剤をとかしたものにフィルターを浸けます。

    できれば、お風呂場でシャワーをかけて最初に汚れを落としておくとよいでしょう。

    水よりはぬるま湯がおすすめです。

    強力や洗剤や塩素系の漂白剤などを使用すると、変形の原因になる可能性が高いので、セキス炭酸溶液や重曹でもよいでしょう。

    フィルターには凹凸があるので、歯ブラシなどを使用して汚れを落とします。

    すすぎまで終わったフィルターは、日陰で干し乾燥させましょう。

    軽く布で拭いておき扇風機やサキュレーターをあてておけば速く乾きます。

    その際、下に新聞紙や古くなったバスタオルなどをひくとよいでしょう。

  • 【スポンサードリンク】
  • 前面パネルを外して、水洗い

    前面パネルも外し、固く絞った雑巾で拭きましょう。

  • 吹き出し口を拭き上げる

    吹き出し口の拭き方は、羽根部分をゆっくりと回してその隙間から掃除をします。

    奥のほうまで拭き上げるには割り箸に布をまきつけて使用すると便利です。

    ただし、エアコンを傷つけないようにソフトタッチで行いましょう。

    洗剤で拭いたあとに、キレイな布で水拭きをします。

    成分が残ったままでエアコンを稼働してしまうと、さらに汚れを付着させてしまいカビ発生の原因となってしまいますので、きちんとすすぎましょう。

  • きちんと乾燥させる

    掃除が終わり部品が乾燥したら元通り取り付けます。

    そして、送風モードにして、20~30分稼働させましょう。

    乾燥させればクーラーの掃除は終了です。

    水滴が残っているとカビの発生の原因になります。

    カビが発生するとエアコンから嫌な匂いがでますので、乾燥させてから設置するようにしましょう。

エアコンの掃除の頻度は?

フィルターの掃除は、月1~2回くらいがよいでしょう。

カビは冷房や除湿などでエアコンを稼働させたときに内部が濡れることによって結露ができることから始まります。

最近のエアコンは内部乾燥や内部クリーンの機能が備わっているものが多いですが、付いていない場合には送風で代用できます。

まとめ

今回は自分でエアコンの掃除を行うコツについてご紹介しました。

エアコンから悪臭がするという場合、自分で掃除をしてみるのも手でしょう。

【スポンサードリンク】

こまめに手入れをして快適にエアコンを使用すれば電気代の節約にもなりアレルギー症状の予防にもなりますので、ぜひ試してみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年5月10日

カテゴリー:Uncategorized

サブコンテンツ

このページの先頭へ