赤玉ねぎと玉ねぎの栄養の違い!効果的に食べるにはどうすれば良いの?

玉ねぎには一般的な玉ねぎと、赤玉ねぎがあるのは知っていますか?

玉ねぎといったら茶色の皮を思い出しますよね。皮の部分が赤色した玉ねぎとの違いはあるのでしょうか。
その赤玉ねぎとの違いとは栄養が違うのでしょうか。栄養の違いであれば、効果的にはどう栄養は違うのでしょう。

効果的な食べ方もあるのなら、玉ねぎと赤玉ねぎの効果的な食べ方やその栄養の違いも知っておきたいですね。

効果的な利用の仕方と『赤玉ねぎと玉ねぎの栄養の違い!効果的に食べるにはどうすれば良いの?』を調べてみることにしました。

【スポンサードリンク】

玉ねぎの栄養

毎日の食卓によく登場する「玉ねぎ」。
独特の香りと甘み・辛みは、硫化アリンと呼ばれる栄養素でして、硫化リアンには消化液の分泌を促すて新陳代謝を盛んにする働きをもっています

ビタミンB1の不足からおこる、疲労・食欲不振・精神不安定・精力減退・不眠などに効果があるとされています。

さらに、硫化アリンには血液凝固を遅らせる働きがあり糖尿病・高血圧・動脈硬化にならないために健康維持に役立ちますデトックス(解毒)効果も持ち合わせています。

また、硫化アリンは胃の消化液の分泌を高めて胃の働きを改善し、食欲を増進させる作用があります。
アミンという肉や魚の生臭みの成分と反応して、生臭みを緩和させます。それに強い殺菌力があり、辛みの強い玉ねぎほど痛みにくくて病害虫に強いです。

このような効果を期待するには、生食するのが一番良い方法です。ただ、これらの化合物は玉ねぎに含まれる酵素の作用によって、熱に強い成分に変質してしまいます。玉ねぎを炒めるといった火を通す調理に使う場合は、切ったあとの1時間あとに日をかけると良いです。

赤玉ねぎの特徴

赤玉ねぎはご存じですか?
皮が普通の玉ねぎと違って、赤い玉ねぎなんですね。赤玉ねぎは普通の玉ねぎよりも辛みや刺激が少なくて水分が多いという特徴があります。

ツーンとした臭いは少なく、新玉ねぎに似た味に似ているという人もいます。

【スポンサードリンク】

栄養の違いと効果は

玉ねぎの栄養はどのようなものが含まれているでしょう。

  • 硫化アリン
  • ケルセチン
  • オリゴ糖・イソアリイン・ミネラル等

【硫化アリン】
血液をサラサラにしてくれるので糖尿病や動脈硬化を防いでくれる。

【ケルセチン】
抗酸化作用や悪玉コレストロールなどの毒素を排出してくれる。

【オリゴ糖・イソアリイン・ミネラル等】
便秘を解消したり免疫力を高める作用がある。

玉ねぎの栄養はこのような効果がありますが、赤玉ねぎにはさらに「アントシアニン」という栄養素成分がふくまれています。

赤玉ねぎの紫色を作りだしている成分になります。これはポリフェノールの一種になるのです。

アントシアニンとは、眼精疲労やガンや痴呆症の防止に良いと言われています。ブルーベリーや茄子にも含まれています。さらに、抗酸化作用があり細胞の老化をふせぐアンチエイジング効果があるのです。
同じ玉ねぎならば、ぜひ赤玉ねぎを利用したいものですね。

ただ、普通の玉ねぎと違って料理の仕方も変わってきます。
赤玉ねぎは紫色がアクセントとなるので、主にサラダで彩る食材として利用されています。

赤玉ねぎは生の状態では紫色なのですが、炒めると茶色に変わってしまって色の見栄えが変わってしまうのです。

ですので、サラダで彩り生で食べるのがよいですね。

普通の玉ねぎは、炒めても煮物に利用してもいろが均等にしみるので色の見栄えなど気にしなくてよいです。
ですので、基本的には普通の玉ねぎを利用するのが多いですし値段的にも赤玉ねぎより安いです。

料理方法によって楽しむとよいですね。

まとめ

同じ玉ねぎでも、栄養や成分の違いと効果が違うものです。
赤玉ねぎを使うのか、普通の玉ねぎを使うのか。料理方法によって使い分けると食卓のアクセントとなりますね。

赤玉ねぎを彩りとしてサラダに利用するのも食卓が映えてよいですね。
ぜひお料理を楽しみ美味しく食事をいたしましょう

<関連記事はこちら>

みょうがの冷凍保存と酢漬けのレシピ

カレー粉とカレールーの違いは?カロリーと太りにくいカレーならどっちを使うべき?

梨の種類と特徴や名前旬はいつかをご紹介

玉ねぎの保存で冷凍はOK? 賞味期限はどれくらい?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ