赤ちゃんの絵本の読み聞かせのコツは?効果ってどんなものがあるの

赤ちゃんがいるご家庭では、絵本を買ったり貰ったりする機会が非常に多いと思います。
でも赤ちゃんって、いつから読み聞かせするのがいいんでしょうか?
赤ちゃんは言ってることがまだ分からなかったりするので、やはり読み聞かせの方法にもコツがいりますよね。
子供はみんな絵本が好きですが、赤ちゃんもコツが分かれば楽しいはずですね!
ところで小さなうちから読み聞かせすると、どのような効果があるのでしょうか?

脳が一番急激に発達する時期ですから必ず何かしらの効果はあるはずですよね。
コツをつかんで赤ちゃんに絵本を読み聞かせしてあげて、脳や体などに良い効果が現れれば一石二鳥ですよね。
どうせ赤ちゃんに絵本を買ってあげて、読み聞かせの方法次第でコツを掴めば良い効果が得られるのであれば、しっかりコツと得られる効果を知っておきたいですよね。
そこで今回は、『赤ちゃんの絵本の読み聞かせのコツは?効果ってどんなものがあるの』を調べていきたいと思います!

【スポンサードリンク】

赤ちゃんにする読み聞かせの効果は?

まだ文字も、言葉でさえもわからない赤ちゃんに絵本をよんでも意味があるのか疑問に思いますよね。
読み聞かせには、たくさんの効果があります。
赤ちゃんは私たちが思ってる以上に、それなりにたくさん理解しようと頑張っているのです。
新生児から読み始めても早いということはないんです。
なんと妊娠中から読み始めても効果があるらしいです!
今は妊娠中から読み聞かせをすることを進める産婦人科もあるらしく、胎教にもいいらしいのです。
妊娠中も新生児でも、赤ちゃんはお母さんの声を聞くことが大好きです。何よりも落ち着くのは、お母さんの声だからです。
人間は、言葉がわからない時期も含めて幼児期に投げかけられた言葉と、成長してからの読解力に強い因果関係があるそうなのです。
子供達は、大人からの言葉に大変大きく影響を受けているのです。

小さい頃から読み聞かせをしてもらった子供は、そうでない子と比べて読書を楽しむことや勉強を楽しむ姿勢に大きく差が出ます。
読み聞かせによりその後の知能の発達や興味や関心の場が広がっていきます。
読み聞かせをしている時に、赤ちゃんは絵本の世界にのめりこんでいきます。
それにより喜怒哀楽が生まれ、脳に刺激をもたらすと言われています。喜怒哀楽の感情表現がうまくコントロールできる脳に発達していきます。

そして豊かな心が育っていくのです。

読み聞かせにより一番大きな効果が得られるのは、親子の絆、コミュニケーションです。
そばに寄り添ってあげたり、抱っこしてあげながら読み聞かせをすることにより赤ちゃんは心身ともに安心して情緒の安定にもつながっていきます。

また、読み聞かせで赤ちゃんの反応を見ながら進めることができますので個人個人のペースに合わせて進めていくことができ、その子にあった知能や情緒面をしっかり育てていくことにも繋がります。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんにする読み聞かせのコツは?

1歳未満は、あまり視力が発達していないために大きく、色合いのはっきりした本を選ぶことがオススメです。
また、本屋に行ってみると分かりますが赤ちゃん用の本は文字があまりなく、絵が中心となっています。
書いてある文字を感情をつけながら読んであげたり、その場その場で綺麗だね、大きいね、など声をかけてあげることで赤ちゃんも理解していきます。
読み方も優しく語りかけてあげると、赤ちゃんも安心したり楽しい気持ちになったりします。

1歳、この頃になると、徐々にあいさつなどの言葉も覚えてきます。
歯磨きやおねんねなどの生活習慣も身について理解できるようになってきます。
男の子や女の子というジャンルに絞られずに、はば広いジャンルの絵本を読んであげましょう。
好みも出てきますので、本屋で一緒に選んだりもいいかもしれませんね。
言葉遊びの絵本や、生活習慣の絵本を読んであげましょう。

まとめ

赤ちゃんといえど、あなどれないですね。この頃の教育が将来に繋がるのなら、バンバン読み聞かせしてあげたいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ