赤ちゃんの肌着半袖っていつからなのかしら…?何月から変えたらいいの?

赤ちゃんの肌着の半袖はいつから。何月から着せたらいいのでしょうね。

赤ちゃんは周りの気温と一緒に体温が変動するので、肌着が大切なのは知っているけど

季節の変わり目は赤ちゃんに肌着の半袖をいつから着せればいいのか、悩みますね。何月からとわかりませんから。

育児雑誌の通りにいかないのは分っていてもいつから、何月から変えたらいいのか迷ってしまいます。

赤ちゃんは体温調整ができませんからね。体温調整の為の肌着ですから長袖だと暑いし、でもいつから半袖に変えたらいいのか。
何月とか決まっていれば半袖肌着も着せやすいのですけどね。

そこで『赤ちゃんの肌着半袖っていつからなのかしら・・・?何月から変えたらいいの?』について、詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの肌着基礎知識

赤ちゃん用品のお買い物をすると気になるのはやはり可愛いいベビー服。

でも、赤ちゃんにとってファッション性よりも重要なのは体温調整のための肌着

赤ちゃん(特に新生児)は体温調節機能が未熟なので周りの気温の影響をとても受けやすくなっています

衣服の枚数は生後2カ月までは大人と同じ3カ月移行は大人より1枚すくなめに…と言われています。

肌着の種類

赤ちゃんの肌着の種類

  • 短肌着
  • 長肌着
  • コンビ肌着
  • ボディタイプ肌着

【短肌着】

どの季節の出産でも活躍する定番の肌着です。

丈はお腹をおおうくらいなので、股下があいています。

おむつ替えがしやすく、足を動かしてもはだけにくいという特徴があります。

0~3ヶ月ごろまで使います。

3ヶ月以降は赤ちゃんの動きも大きくなるため結び目がほどけたりしてしまうので、
コンビ肌着やボディタイプ肌着に移行します。

5~6枚用意しておくのがよいでしょう。

【長肌着】

こちらも短肌着同様、股下が開いているのでおむつ替えがしやすいという特徴があります。

裾が長いので寒い時期に使います

こちらは足を動かすとはだけやすいので0~1ヶ月くらいの間でしか使いません。

生まれた季節によりますが、春夏に生まれた赤ちゃんなら1枚秋冬なら2枚くらいあれば十分でしょう。

【コンビ肌着】

股が分かれていて裾の内側にスナップ留してズボンのようになる肌着です。

こちらは足を動かしてもはだけることがないので1ヶ月から1才頃まで長く使えます。

1才以降はさらに動きが活発になり歩くようになるので、歩きやすいボディタイプの肌着に変えます

こちらは4~7枚はあるとよいでしょう。

【ボディタイプ肌着】

股がスナップ留めしてあるタイプで、お腹が出ません

足が出て体にフィットしているため、元気に動いてもずれません。

首が据わってから2才ころまでと長く使うタイプの肌着です。

3~4枚準備しておくとよいでしょう。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの肌着選びのポイント

新生児の肌着は肌が敏感なので基本的に縫い目が外側についています

赤ちゃんに着せるときに間違えないようにしましょう。

そして、赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、吸水性や通気性に優れている素材を選ぶようにしましょう。

ボタンなどがついている場合は、取れてしまう心配がないか確かめてから着せてあげます。

また、赤ちゃんに合ったサイズの肌着なのかということもポイントとなってきます。

確かに赤ちゃんの成長速度は目まぐるしいので、少しでも長く着せたいという気持ちもわかりますが、
大きめの肌着では手が袖から抜けてしまう可能性もあります。

逆に小さすぎると赤りゃんが窮屈に感じてしまいます。

サイズ調整のできるひもで結ぶタイプが一押しです

赤ちゃんが快適に動けるように、肌着も赤ちゃんの体に合ったサイズを選んであげましょう。

赤ちゃんの肌着半袖っていつ(何月)からなの?

赤ちゃんの肌着にはそれぞれの月齢に合わせたタイプがあることがお分かり頂けたと思います。

では、肌着半袖はいつからなのでしょう?

衣服の枚数は生後2ヶ月までは大人と同じ、そして3ヶ月以降は大人より1枚少なめに…と言われています。

いつからというキッチリとした線引きはありません。

赤ちゃんが快適に過ごせる衣服。

それがベストだということですね。

私は赤ちゃんが生まれてすぐは、育児雑誌にはこう書いてあったのに、
うちの子は違う…標準的な子はこうらしい…

といったことに囚われ心配でたまらなくなることもありましたが、

赤ちゃん1人1人それぞれの個性があっていいんだと思えたときにとても気持ちが楽になりました。

この記事があなたと赤ちゃんのハッピーライフにお役に立てれば嬉しいです。

ただ、1つの目安としては3月頃からと覚えておけばよいでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ