赤ちゃんの爪切りは朝?夜?どっちにやった方がいいの?

今日は赤ちゃんの爪切りについてお話します。

初産で赤ちゃんのお世話をしているママさん。
不慣れな育児に朝も夜も、クタクタなんじゃないですか?

病院から帰ってきたばかり。実家から帰ってきたところ。
おばあちゃんが帰ってしまった・・・。そんな人もいますよね。

新生児の頃は、多いと1日に8~9回も(中にはもっと・・・)授乳をしなくてはならなかったり、掃除に洗濯やることがたくさん。

ふと、気づくと赤ちゃんのお顔に引っかき傷が・・・。
そうです。赤ちゃんの爪は伸びるのが早いんです。
(自分の爪切りでいっぱい、いっぱいだよー)と、泣かないでください。

ちょっとコツを掴めば大丈夫です。
3児の子育てを終えた私からアドバイスということで、今回は『赤ちゃんの爪切りは朝?夜?どっちにやった方がいいの?』と題して赤ちゃんの爪切りについて大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの爪切り・・朝が良いの?

赤ちゃんの爪。薄くて結構伸びるのも早いですよね?
でも、初めて切るときはすごく怖いですね。
ちっちゃなおててにさらにちっちゃな爪。
私も初めての爪切りには、奮闘しました。
だけど、切ってあげないとお顔を引っ掻いちゃう。
手を保護するミトンもありますが、切らない訳にはいかないですよね。
そこで、いくつかコツをお教えします。

  • ・切るのは授乳中
  • ・寝ている時
  • ・おもちゃで遊んでいる時(これはなかなか難しい)

一番おすすめなのは寝ている時ですね。
授乳中もいいのですが、ミルクの赤ちゃんならママも余裕をもって切ることができますが、母乳の赤ちゃんの場合、角度的に難しかったり・・・。
ですので、寝ている間に「そっと」切りましょう。

使う道具は、赤ちゃん用の爪切りハサミ。最近は電動のやすりなどもあります。
切り方は、角を落とすような感じで。
「朝切るの?」
これは新生児などの場合、昼間に沐浴をすることが多いと思います。
湯上りの爪は柔らかすぎて、深爪になりやすいので切るのはやめましょう。

【スポンサードリンク】

夜の爪切り、やってもいいの?

「夜の爪切りって不吉なんじゃない?」
と、思われる方もいると思います。
これは云わば「迷信」です。昔は部屋の照明も暗くて手元が見えにくかったからだと言われています。
また「夜」と「爪」の繋がりで「世を詰める」つまり「早死にする」といった言葉遊びの延長でもあります。
結論から言って「いつ切っても良い」ということです。

大人と一緒にお風呂に入る月齢になれば朝のうちに切るのが良いですし、昼間沐浴をするなら夜、切っても良いんです。
1度に全部切れなくても良いんです。何本か残ってしまっても次の日に残りを切れば良いんです。

「ちゃんとしなくちゃ!」と思わずに(3日以内に切り終えよう)
ぐらいの気持ちで大丈夫です。
ちなみに、手の爪は3~4日に1度切りましょう。
足の爪は「手を3回切ったら足を切る」ぐらいの頻度で良いでしょう。

もしも深爪してしまったら・・・。
ちょこっと皮を切ってしまった程度ならばそのままで大丈夫です。
「血が出てしまった」場合、絆創膏を貼りましょう。
この場合、誤飲に注意です。
「血が止まらない」すぐに病院に行きましょう。

最後に

いかかでしたでしょうか?
慣れない育児に四苦八苦・・・なんてママもいると思います。「すべて完璧に!」なんて思わずに少し
肩の力を抜いて(今日はこのぐらいでいいや)と余裕を持って育児を楽しんでくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
みなさんのお力になれるように、これからも頑張ります!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ