フリーアナウンサーの年収は?局アナや地方アナどれくらい違うの?

ニュース番組でかかせないのはアナウンサー。局アナと地方アナといます。

その中でも、テレビ局で実績を積みフリーアナウンスとして活躍される方もいるのですが、

フリーアナウンサーとして地方や局で稼ぐと年収はどのようにかわるのでしょうね。

局アナや地方アナとしての年収と、フリーアナウンサーとしての年収はいったいどのくらいの差がでるのか?

局アナや地方アナとしての年収をフリーアナウンサーでの年収を比べると、フリーアナウンサーとして活動するほうが年収は高くなるといわれています。

皆さんが気になる『フリーアナウンサーの年収は?局アナや地方アナどれくらい違うの?』をまとめてみました。

【スポンサードリンク】

アナウンサーの年収は

一般的にアナウンサーの新卒の初任給は23~25万円程度で、年収は約350万円程度が相場といわれています。

アナウンサー年代別の月収金額(推定)

・20代の給料として月収35万円前後
・30代の給料として月収45~65万円
・40代の給料として月収80万円前後

平均給与から平均年収を算出してみますと、800~1000万円と予測されます。

しかし、アナウンサーでもトップクラスになると1200~1500万円ぐらいの年収をもらっているといわれています。アナウンサーは視聴者に認められ、視聴率が良く番組の「顔」となれば給料も上がっていくものです。

局アナとして活動されているアナウンサーの年収は、約500~1000万円が相場だといわれているようです。

フリーアナウンサーの年収

テレビ局でアナウンサーとして経験を積んだ人は、のちにフリーになる人も多くいます。

局にいた時代の年収は高くても2000万円程度と言われています。

しかし、フリーになる人は知名度が高く人気があり局にいた時よりも年収が上がることがほとんどなのです。
フリーアナウンサーでもベテランともなると、1億円以上を稼ぐ人も出てきます。

アナウンサーとしての仕事は主に、テレビなどのメディアで活躍するテレビ局の社員です。
番組の司会進行やニュース番組の原稿読み、バラエティ番組の出演や司会進行などを仕事とし、メディアの花型職業とされています。

アナウンサーになるためには、資格も免許も必要ないのですが男性と女性では出身が異なるようです。
男性は有名私立出身。女性では外語大学や国立大学、有名私大出身者に限られるようです。
女性は特に政経系は重宝がられています。

テレビ局は面接試験が主体で、1次面接から4次面接までが普通です。
3次面接以降は6時間に及ぶ筆記試験があります。架空のニュースを設定し、番組企画・受験したテレビ局の番組で好きな分野を記述するなどが出題されるようです。

それ以外に

・英語はセンター試験程度
・一般常識試験は1時間
・性格適性を通過して役員面接
・計算と適正テストを合わせて選考

などがあり、局によっては更に合宿による5次採用試験なども取り入れているところもあります。

【スポンサードリンク】

局アナや地方アナどれくらい違う

局アナはテレビ局・ラジオ局に正社員として所属いているアナウンサーの事をいいます。
大学を卒業後に新卒でアナウンサーとしてテレビ局に入社するのが一般的ですが、アナウンサーの採用試験は日本の就職では最難関レベルと言われています。

平均的には1000万円以上

一方、地方アナの場合よほどでない限り常に仕事があるとは限らないようです。
しかも自分であちこちの放送局に営業をかけたり、オーディションを受けたりとしないといけない事もあるようです。
地方のテレビの仕事がない時には、講演や営業としてイベントの司会などをされているようです。

また、地方アナとしての仕事がなくアルバイトをしている人もいて、華やかな局アナのイメージからすると大変であり出会いも少ないみたいです。

年収としては、地方のキャスター業としアナの他に講演講師、イベント司会、など飛び回っている方で1000万円推定とされています。

一般的に地方アナの収入はだいたい500~700万円推定のようです。
しかし、みんなが必ずしもでもなく年収200万円にならない人もいるだろうと言われています。

まとめ

このようにしてみると、局アナと地方アナの収入の違い・仕事のつき方の違いなどがあるようですね。
テレビで毎日のように見ているアナウンサー。
人気がある方が後に、フリーアナウンサーとして活躍していかれるのもわかりますね。

局アナと地方アナとの年収の差アナウンサーとフリーアナウンサーとしての活動での年収の差

活動の仕方によって年収の開きが出てくるものですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ