アナウンサーになるには資格はいるの?年収はいくら?

テレビなどに出てくるアナウンサーになるには資格はいるのでしょうか?

アナウンサーの年収っていくらなんでしょうか?

年収の高いアナウンサーになるには、どのような技術や資格が必要なのでしょうか?

必要な資格や技術を知りたいところですよね。

高額年収のアナウンサーになるには、どのようなキャリアプランが必要か知りたいところです。

では、どうすれば年収の高いアナウンサーになれるのでしょうか?
そこで今回はアナウンサーになるには、どのような資格や技術がいるのか?
『アナウンサーになるには資格はいるの?年収はいくら?』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

アナウンサーになるには資格はいるの?

特にアナウンサーの資格というものはありません。

各種の資格はありますが、これが絶対的にアナウンサーに必須の資格というものはありません。

資格があればアナウンサーになれるというものでもないし、資格など無くてもアナウンサーになれるといえます。

アナウンス検定という資格もありますが、民間資格のため、この資格が無いとアナウンスしてはいけないという資格ではありません。

基本的にアナウンサーになるには、テレビ局やラジオ局に就職するしかなる道が無いとみてよいでしょう。

フリーのアナウンサーもいますが、やはり元テレビ局やラジオ局に就職していた人達がフリーで活躍されていると言えます。

そのため、テレビ局やラジオ局に正社員として入社するのが一番アナウンサーとしての道が開けるとみて良いでしょう。

アナウンサーになるのが夢だという人は学部は関係ないにしても4年制大学や短期大学を卒業することが必須となるでしょう。

テレビ局やラジオ局にアナウンサーとして入社するにはアナウンサー専用の試験を受ける必要があります。

これはテレビ局のカメラマン試験と同じ扱いでカメラマンの技術が問われるように、アナウンサーとしての技術が問われる試験と考えてください。

この試験を突破するためだけにアナウンサーの専門学校に通ったり、大学を留年してまで新卒試験を受ける人がいるくらい人気の職種と言ってよい仕事です。
アナウンサーの出身大学は、ほぼ決まっているといえます。
男性は東大や慶応、早稲田、青山学院などで、女性は、慶応や早稲田、上智、青山学院などに卒業した人が多いと言えます。

女子アナになると、条件が少し変わってきます。

アナウンサーといっても女子アナは過去にミスコン上位の人達が多いです。

どうやらマスコミ関係はコネクションのある人やミスコン上位の人達を集める傾向にあるようなので、ミスコンの上位を狙ってアピールするのも一つの方法かもしれません。

【スポンサードリンク】

アナウンサーの年収はいくら?

新卒でアナウンサーになったときの初任給は23万~25万円程度、年収で350万円程度だとみて良いでしょう。

アナウンサーの年収は30代で1000万円ということもあります。

しかし視聴率により年収の差もあるため、テレビ局でも地方勤務のアナウンサーは年収が低くなる可能性もあります。

人気のラジオ局やテレビ局になれば、なるほど年収が上がると思って間違いないでしょう。

フリーで活躍しているアナウンサーは、人気アナウンサーで年収一億円を越える人もいます。

フリーで活躍されているアナウンサーは平均2000万円と言われていますが、やはり1億円を越えるアナウンサーもいれば、年収の低いアナウンサーもいるので平均で2000万円ぐらいと言えます。

まとめ

アナウンサーになる方法が分かり、とても参考になりました。

年収もフリーと正社員で、これほど差があると知って驚きです。

またアナウンサーになる方法が分かり次第、公開していきたいと思います。

ありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ