朝顔の種をまくときの土はどんなものがいいか、育て方のヒント!

朝顔を育てると、夏のお庭やベランダを楽しませてくれますね。

その色とりどりの朝顔は、種まきの時期や育て方によって、花の大きさが変わることご存知ですか?

育て方を少し変えるだけで、花の大きさが変わるとはびっくりですね。

また、その朝顔の種まきには、どんな土が良くていつ頃がいいのでしょうか?

知ってるようで知らない朝顔の育て方、土の違いがどんな影響を与えるのでしょう。

種まきの仕方や土のことを一緒に学習し、育て方の違いを研究しましょう。

また朝顔は、小学生でも大きな花を咲かせることができるので、いつ種まきをしどんな土を使いどんな育て方をしたのか教えて欲しいものですね。

土はその花の大きさに関係するのか?育て方とはどんなことに気をつけるのか?!種まきはいつしたのか?!

それでは『朝顔の種をまくときの土はどんなものがいいか、育て方のヒント!』で、その育て方の手順を見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

朝顔の種まきの土は?

朝顔を育てるのに使う土は、一般的な草花用でも大丈夫ですが、ちょっとこだわって育てたい場合は、種まき用と定植用の用土を分けて配合してみましょう。

種まき用は、赤玉土腐葉土、もみ殻煉炭5:4:1を混ぜ合わせ配合してみます。

朝顔は、発芽のときに光を嫌うので、種を埋め込んだら必ず種を土で覆い隠しておきましょう。

朝顔の定植用の用土は、種まき用の用土と同じように、市販の草花用培養土か、赤玉土と腐葉土もみ殻煉炭川砂5:3:1:1で配合してもいいでしょう。

その後は、油かすや骨粉魚カスなどを配合しておくと元気に育つようです。

朝顔の花を大きくする育て方

朝顔の発芽適温は、およそ20度以上で、かなり高めです。

なので、5~7月頃に種まきをしても元気に育ちますし、時期を遅くすればコンパクトに育てられます。

大きな朝顔の花に育てたい場合は、5月の連休明けのタイミングで種まきをします。

逆にコンパクトな朝顔にしたい場合は、種まきの時期をずらして、限界は7月頃まで遅くします。

種まきの時期が遅いほど、小さな株に育ちますので、色々試してみましょう。

また、水やりは、表面が白っぽく乾くまで水やりを控えて、与えるときはたっぷりが基本です。

ただし、つぼみが膨らんできたら、毎日水やりをします

特に夏場は、朝の水やりだけでは足りなくなるので、葉の先端を観察しておきましょう。

もし、葉の先端がしおれたようになったら、午後の日差しが傾きかけた時にもう一度水やりするなどしながら、十分に水分をあげてくだい。

【スポンサードリンク】

朝顔の成長と来年の準備

朝顔の蔓が伸びてきたら、一本の鶴をそのまま伸ばして左巻きに仕立てる方法が失敗も少ないでしょう。

ほかには、本葉が5~7枚になった頃に、蔓の先端を摘芯して、脇芽を出させるなど、伸ばし方も色々あります。

まずは一度、先ほどの方法を試してみてください。

そして、朝顔がまた来年も育てられるように、種をとっておくのも楽しみの一つですね。

さやが茶色くなったら種を採るタイミングです。

来年もまたキレイな朝顔が咲きますように・・・

まとめ

小学生が学校で育てることの多い朝顔。

お家で育てても、キレイに大きな花を咲かせたいものですね。

水やりなど、少し配慮をすることで、すくすくと成長し、長期にわたり楽しませてくれそうです。

夏を感じさせる朝顔

今年の夏も私たちを楽しませてくれること、間違いないですね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ