★赤ちゃんの爪を切りすぎないような切り方は?爪切りでオススメはある?

【スポンサードリンク】

赤ちゃんも大人と同じように爪があり、赤ちゃんは新陳代謝がいいため、爪が伸びるのも早いです。

伸ばしたままにしていると、自分の顔を引っ掻いたり、他人を傷つけてしまう恐れがあります。

しかし、「赤ちゃんの爪は小さいので、切りすぎてしまった」、「爪切りを嫌がって、うまく爪切りができない」なんてお悩みではありませんか?

赤ちゃんの爪を切りすぎないようにする切り方はどのような切り方でしょうか?

また、いろんな種類の爪切りがあるかと思いますが、オススメの爪切りはどれでしょうか?

オススメの爪切りであれば、うまく切ることができるかもしれませんね。

そんな気になる赤ちゃんの爪を切りすぎないようにする切り方やオススメの爪切りについてクローズアップ!

今回は『赤ちゃんの爪を切りすぎないような切り方は?爪切りでオススメはある?』についてご紹介します。

赤ちゃんの爪切りはいつから切るもの?

新生児のからだは成長がとても早く、新陳代謝が活発なこともあり、大人に比べて爪が伸びるのがとても早いんです。

そのため、手の指の爪が伸びていると、顔をひっかいて傷つけてしまいます。

いつから爪切りが必要という明確な決まりはなく、新生児でも爪が伸びたら切ってあげましょう。

平均して3~4日を目安に、爪切りをしてあげるとよいでしょう。

赤ちゃんの爪は切ってもすぐに伸びてくるので、手の平から見て、指から爪がはみ出ていれば爪切りが必要です。

赤ちゃんの爪の伸び具合には個人差があるので、毎日のお世話を通してチェックしましょう。

赤ちゃんの爪を切る道具

  • はさみタイプ

    はさみ型タイプの爪切りは刃の先端が丸い小さなはさみで、大きく開かない構造のため、赤ちゃんの肌を傷つけにくいよう、工夫されています。

    ちょうど眉ばさみのような大きさです。

    はさみ型は、切った爪が詰まることもなく、使用後の掃除もひとふきで済むので、衛生的でしょう。

    ただ大人が普段使っている爪切りとは違うので、最初は使いにくいと感じるかもしれませんが、慣れると使いやすいという声も多いです。

  • てこタイプ型

    一般的に大人が使用しているタイプの爪切りは、てこ型です。

    大人用のてこ型を、子ども用に小さなサイズにしたもので、刃先も赤ちゃんの爪にフィットするように作られているため、深爪しにくいのも特徴でしょう。

    普段使い慣れているので、操作しやすいという意見も多いです。

    てこ型は切った爪が飛びやすく、爪切りの中に爪がたまっていくので、後始末はしっかりしなければいけません。

    また、てこ型は、新生児のやわらかい爪には向いていないため、生後9ヶ月ごろからを対象年齢に設定している商品がほとんどです。

  • やすりタイプ

    赤ちゃんの爪を切るのが難しく失敗するという方には、爪を「切る」のではなく、「削る」やすり型があります。

    やすりは少しずつ削っていくので、はさみ型やてこ型のように、爪を切りすぎたり、皮膚を傷つける危険性がかなり低いです。

    ただ、少しずつしか削れないので、すこし時間がかかります。

    と電動タイプのものも売られているようです。

    また、はさみ型やてこ型とあわせて、爪の角をなめらかにするために使っている方もいます。

【スポンサードリンク】

爪を切りすぎないような切り方

  • やすりを使う

    ハサミが心配だったり、新生児のうちは爪やすりを使うと失敗がないのでおすすめです。

    爪切りハサミよりも時間がかかりますが、深爪の心配がありません。

    ただし、電動爪やすりを使う場合は、音で赤ちゃんが起きてしまう可能性があるので注意してください。

  • こまめに爪切りをする

    こまめに爪切りをすれば、ハサミを使わずにサッと爪やすりをかけるだけなので、深爪の失敗などもしにくいです。

  • 白い部分を残す

    赤ちゃんの爪切りをするべき部分は爪の白い部分全体ではなく、赤ちゃんの手のひらから見て指よりも爪が長くなっている部分です。

    白い部分を全部切ってしまうのは深爪で、爪を切る際に赤ちゃんの指の先端も切ってしまう恐れがあります。

    赤ちゃんの爪を切る際は、白い部分を0.5~1mm程度残すように意識するとよいでしょう。

赤ちゃんの爪を切るコツ

  • 赤ちゃんの爪は寝ている時に切る

    なるべく爪の角を丸く切る様にし、長さは指のてっぺんと同じくらいか少し低い高さが理想的です。

    手の指の爪を切る時は、赤ちゃんを膝上に同じ方向を向いて座らせて、指をはさみ、爪の角を丸く少しずつ切っていきましょう。

    足の爪を切る時は向き合うように抱き、赤ちゃんの足を握るようにして持ち、指を下から持ち上げながら切ります。

    まだおすわりができない子の場合は、赤ちゃんの頭を寄せて切ります。

    起きている間だとなかなか切らせてもらえないという場合は、赤ちゃんが眠ってる間や授乳中に爪を切ると動くことが少なく、安心です。

    ただし、お風呂上がりは爪が柔らかくなりすぎて失敗しがちなので避けましょう。

  • 赤ちゃんの体が動いてしまう場合はタオルなどで固定する

    爪切りの最中に赤ちゃんが動いてしまうと危険です。

    出血や深づめの原因にもなりますので、手だけを出して、赤ちゃんが動けないように大判のタオルで赤ちゃんの体全体をしっかりくるんで固定するのも、ひとつの方法です。

    あまりに暴れてしまうような場合は、一度中断して別のタイミングを探すようにしましょう。

  • 爪は端を丸くカットする

    端をとがらせずに丸く切ってあげましょう。

    引っ掻き傷の予防にも効果的です。

失敗して出血した場合

まず、慌てず血をとめましょう。

ティッシュやガーゼなどを使い、すこし強めに押し当ててください。

しばらくおさえていれば出血は止まります。

できるだけ乾燥させたほうがいいので、絆創膏は不要です。

また消毒液なども、赤ちゃんには刺激が強いので、必要ありません。

様子をみて、なにか気になることがあれば、医師に相談するようにしましょう。

まとめ

今回は赤ちゃんの爪を切りすぎないようにする切り方やオススメの爪切りについてご紹介しました。

赤ちゃんの爪が伸びていると、顔を引っ掻いてしまったり、他人を傷つけたりしてしまう恐れがあります。

爪切りは種類も形も様々ですが、どの爪切りも赤ちゃんの爪を安全に切るために設計されています。

【スポンサードリンク】

頻繁に使うものなので、使いやすそうなものを選び、きちんと爪のケアをしてあげましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年9月23日

カテゴリー:赤ちゃん

サブコンテンツ

このページの先頭へ