ベントレーのフライングスパーとアルナージの維持費はいくら?

アルナージやフライングスパーなどの輸入車というのは、どのくらい維持費がかかるのでしょうか。

ベントレーのフライングスパーと、アルナージの維持費がとても気になりますね。

ベントレーのアルナージに乗ってる人に維持費どれぐらいか聞いてみたいものです。

ベントレーのフライングスパーも所有している人に維持費を聞いてみたいものですね。

ベントレーのフライングスパーとアルナージの維持費とても気になりますよね。

そこで今回は『ベントレーのフライングスパーとアルナージの維持費はいくら?』と題して公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

フライングスパーの維持費はいくら?

とにかくベントレーは維持費が高いとみて良いでしょう。

年収900万円以下の人は維持が難しいと思ったほうが良いです。

ベントレーは年間300万円ぐらいで維持できます。

逆に言うと300万円ぐらい維持費が出せないのであればやめたほうが良いということです。

ベントレーフライングスパーのパワーウィンドーの修理で100万円ぐらいなので、だいたい故障の修理代金だけで、300万円は用意しておいたほうが良いでしょう。

先に用意できてないようであればフライングスパーに乗る資格は無いと言えます。

もし用意できずに買ってしまったら維持できなくて、すぐ手放す結果になりますので気をつけましょう。

お金を稼いだから乗れるような代物ではなく、本当に好きで維持していこうという人だけが乗れるものです。

高級車に乗りたいという願望だけで乗れるものではないので、気をつけたほうが良いでしょう。

なかなか故障はしませんが、なかなか故障しないので修理は難しいです。
高級セダンに乗りたいだけならフライングスパーはやめたほうが良いでしょう。
特に初代~2代目は、博物品のようなものなので、一般の人は維持不可能とみて良いでしょう。

ラグジュアリーセダンとして同乗者には、喜ばれますが、それだけですから、同乗者に喜んでもらいたければリムジンのほうが良いかもしれません。

【スポンサードリンク】

アルナージの維持費はいくら?

この車は購入時に既に3000万以上はしますので、部品一つで100万円ということにもなります。

修理も難しく、一カ所の故障で修理するのに数か月の日数がかかる場合がありますが、これは既に部品も無くなってきているからでもあり、まず日本には部品の在庫が無いと思って購入したほうが良いし、維持費を考えて購入するのであれば、後継車のミュルザンヌの購入を検討したほうが良いかもしれません。

この車は5ナンバーを超えた3ナンバーの高級車ですから維持費も高級であり、初代のアルナージは2009年に製造は終わっているので、もし、これから購入するには、その辺りのリスクを考慮して、とにかく修理が難しいと考えて購入を検討したほうが良いと言えます。

維持費としては、自動車税+自動車重量税+自賠責保険料+任意保険+燃料代というところで、だいたい年間300万円ぐらいと思って良いでしょう。

新車で買えば修理費などは抑えられるかもしれませんが中古などで購入の場合はメンテナンスパッケージなどあるかもしれませんが、ほぼメンテナンスに維持費がかかると言えるし、排気量、重量税など日本の最高税率を支払う車になりますから買うのは簡単ですが、維持は簡単ではないとみて良いでしょう。

まとめ

ベントレーこんなに維持費がかかるとは思いませんでした。

高級車に乗りたいだけなら違う車にしたほうが良いと思いました。

そもそも、とても歴史のある車なんですね。
これなら同乗者には喜ばれるかもしれません。
しかし修理など考えるとメンテナンス費に膨大の金額がかかりそうです。

また再度、いろいろ考慮して何か新しいベントレーの情報が入りしだい公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

関連記事はこちら

与沢翼も注目するベルナール・アルノーって一体何者?資産や収入と息子をわかりやすく解説!

ロールスロイスの収納格納エンブレムの値段(価格)名前と意味は?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ