自転車パンクの原因と修理の値段(料金)の相場は?

よく自転車のタイヤがパンクしたりしませんか。

自転車のタイヤのパンクの原因ってなんでしょう。

原因だけでなく修理も可能なのか知りたりところですよね。

自転車パンク修理の値段(料金)の相場はどれくらいでしょうか。

自転車によって原因や修理は違うものなのでしょうか。

そこで今回は『自転車パンクの原因と修理の値段(料金)の相場は?』と題してパンクの原因と修理の値段を大公開いたします。
ぜひ参考にしてください。

【スポンサードリンク】

自転車パンクの原因

自転車のタイヤがパンクする原因は主に蚊刺しパンク、蛇噛みパンク、破裂パンクに分かれる。

タイヤのパンクは自転車の最大のトラブルといえるので、これさえクリアできれば、ほとんどの自転車のトラブルは防げるといえるでしょう。

どんな高価な自転車であろうと空気式のタイヤを利用する以上、このパンクのトラブルから逃れることはできません。

パンクは路面の良し悪しにもよるので、ある程度、運が良ければパンクをしないということもありますが、まずは予防することが先決となります。

パンクの原因が分かり防ぐことができれば、トラブルのリスクも下げられます。

まず原因は、路面の状態で決まります。

目に見えるぐらいの異物を踏んでしまったときチューブに穴が開いてパンクします。

小さな穴だと、なかなか空気が抜けないため、どこで異物を踏んだか分からないので原因の究明は、なかなか難しいでしょう。

とにかく目に見える程度の異物は避けて走ることを心掛けましょう。

以下が主なパンクの原因です。

  • 蚊刺しパンク
    針や釘、画鋲などが原因でパンクします。
    これを蚊刺しパンクといいます。
    とにかく目に見れる異物は避けることで避けられます。
  • 蛇噛みパンク
    これは、チューブが段差などによりリムと地面とに押し付けられて穴が開く現象で、蛇が噛んだような跡ができることから、この名がつきました。
    とにかく段差は、ゆっくり降りることが予防する方法です。
  • 破裂パンク
    これがバーストなどと呼ばれるパンクです。
    このパンクが起きることは、まず少ないとみてよいでしょう。
    チューブの破裂なので大きな破裂音がします。
【スポンサードリンク】

修理の値段(料金)の相場

これは、チューブの状態によっても変わってきます。

チューブ全体が劣化してるならばチューブごと交換しなくてはならないので、そぶん費用がかかります。

チューブを全て取り換えるばあいと、複数の穴を修理するので変わってくるのです。

チューブを全て変えると2500円~3500円ぐらいかかり、パンクの穴だけを修理するならば500円~1500円ぐらいと考えて良いでしょう。

最近の自転車屋さんは、パンクを調べるだけでも500円ぐらいかかったりしますので、一度、必ず料金表を見ておきましょう。

修理の工数でも値段も変わっていきます。

先ほども述べた調べる段階である、水でのパンク調査、こだけで500円が相場です。

パンク調査は、穴を見つけるだけの作業です。
チューブの太さの1.5倍ぐらいの空気を入れます。
水を入れたバケツなどを使って気泡の出る位置を探す作業費用と捉えましょう。

そして、肝心の修理ですが、これを含めると1000円が相場とみて良いでしょう。
サンドペーパーで軽く擦りチューブの表面に糊をつけてパッチを貼る。
この作業費用といえます。

最後に

パンクの原因と修理費用が分かって、とても参考になりました。

まず自転車はパンクする前にパンクを予防することが大切だと分かりました。

こんなに工数によって値段が変わっていくとは思いませんでした。
チューブ交換になると、もっと費用がかかるのですね。

これからは、パンク修理の料金表をちゃんと見て、それから修理を頼みたいと思います。
それではまた。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ