★バイトの面接必勝法!よく聞かれるあの質問にはこう答えろ!

【スポンサードリンク】

バイトの面接となると、誰しも緊張してしまいますよね。

緊張してしまい、質問に対する答えを失敗したなんて経験ありませんか?

バイトの面接本番で失敗しないようにシミュレーションしておき、質問の答えを間違えない、戸惑わないようにするのは大切です。

でも、実際バイト面接で聞かれる質問に対して、どのような答えをしたらよいのでしょうか?

そんな気になるバイト面接での質問の答えについてクローズアップ!

今回は『バイトの面接必勝法!よく聞かれるあの質問にはこう答えろ!』についてご紹介します。

バイトの面接でよく聞かれる質問

  • 応募理由・志望動機

    「このアルバイトに応募した理由はなんですか?」という応募理由や志望動機は必ずといっていいほど聞かれる質問です。

    「家が近い」「時給がいい」など条件面だけでなく、「なぜその仕事やお店に興味を持ったのか」を加えるとよいでしょう。

    希望職種のどこが魅力に思うのかということやなぜ魅力に思うようになったのかの体験などを語るなど気持ちを込めて思っていることを相手に伝えましょう。

    その際、「お金がほしかった」「なんとなく」などだけの答えはNGです。

  • これまでのアルバイト歴

    これまでのアルバイトの経歴もよく聞かれる質問です。

    その際、アルバイト先の名前を羅列するだけではなく、実際にどのような仕事をしてきたかなど習得したスキルがあればそのスキルを簡潔に伝えましょう。

    同じような職種のバイトの場合、トラブル解決にはこうやって対処したなど、具体的な話が出来るとさらに採用される可能性が高くなるでしょう。

    他にも、こんな活躍をして職場で褒められたということやこういった改善を行っていたという具合に、こういった向上心を持っていたと話をすれば、面接の時には好印象になるため、何でもいいので相手に伝えるようにしましょう。

    アルバイト経験が何もない場合は、「アルバイトは初めてですが、早く覚えられるように頑張ります」などといったバイトに対する意欲を伝えられるとよいでしょう。

  • 長所・短所

    長所はアルバイトの仕事内容を生かせるものを選んで、自己アピールにするとよいでしょう。

    部活など何かを続けてきたり、リーダーとして活躍した経験を絡めると前向きな印象になります。

    一方、短所は「遅刻が多い」「よくウソをつきます」といった仕事でトラブルを起こしそうなものはまずNGですので、短所だけでなく、その短所をフォローする形で伝えましょう。

  • 通勤時間

    時間管理がきちんとできる人かどうかを見られる質問ですので、事前にきちんと確認しておきましょう。

    もし時間がかかる場合、「遠いですが、ぜひ御社で働きたい」と意欲をアピールしましょう。

  • 勤務時間などのシフト

    「いつから働けますか?週に何日、1日何時間働けますか?」といった、勤務開始可能なタイミングや、週にどのくらい働けるかどうかの質問です。

    どのくらい戦力として計算できるのかを考えている質問です。

    答える際、自分の希望を伝えつつ、相手の予定に合わせて調整する意思を見せることも大切です。

    希望の曜日やどうしても入れない曜日や時間がある場合は、この時点で伝えておきましょう。

  • 勤務開始時期

    アルバイト募集は、すぐにでも人手が欲しい場合がほとんどです。

    「連絡いただいた翌日から可能です」などなるべく早い日程を伝えておきましょう。

  • 前のバイトを辞めた理由

    嫌になってすぐ辞めてしまうことがないかどうかを判断する質問です。

    辞めた理由が「体調を壊した」「人間関係が嫌になった」「クビになった」などマイナスイメージを持たれそうな場合、別の理由を考えておきましょう。

    学生の場合、学業を理由にすることもできます。

    他に、「部活が忙しくなっため」「「家の手伝いをしなくてはならなくなった」「資格のために勉強に専念した」などの理由なら角は立たないでしょう。

  • 学業との両立について

    学業優先になるのは承知の上ですので、「バイト優先で頑張ります」と答えるより、「テスト期間や学校行事でお休みをいただくこともありますが、それ以外は頑張ります」と、正直に答えたほうが、応募先も納得するでしょう。

  • 【スポンサードリンク】

    何か質問はないかと聞かれた場合

    「最後に何か質問はありませんか?」と聞かれることがあります。

    仕事内容、給料の金額、勤務開始日、勤務日時、交通費、合否の連絡日、最初の出勤日に必要なものなど、気になることを具体的に聞いておきましょう。

    面接ですべての疑問が解消されているなら、無理して聞く必要はありません。

    もし応募要項と違う条件を出された場合

    バイトの求人内容と違うものや、面接時に希望と違う職種を打診されることもあります。

    そんな時は、応募した職種を何故希望するのか、理由をきちんと説明するようにしましょう。

    思っていることはしっかり伝えるように心がけるといい方向に進むこともあります。

    もし条件にそぐわず、折り合いがつかなければ応募を辞退することも考えておくことも大切です。

    聞かれることや打診に対して、全て鵜呑みにしてしまうと、後々後悔する結果になります。

    まとめ

    今回は、バイト面接での質問の答えついてご紹介しました。

    面接で聞いてくる内容は大体決まっていますので、面接の際に困らないよう事前に考えておくようにしましょう。

    【スポンサードリンク】

    また、質問の他に、相手の目を見て明るい表情ではきはきと話すことも忘れないようにしましょう。

    合わせて読みたい記事

    記事公開日:2018年2月15日

    カテゴリー:仕事

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ