★【電話で緊張する人必見!】バイトの電話応募で緊張せずに話せるようになる方法!

【スポンサードリンク】

バイトがしたい!と思い、いざ電話して面接を申し込もうという時、緊張してしまいますよね。

何事も初めてのことは緊張するものです。

電話応募では何を話せばよいのか、電話で何を聞かれるのかなどうまく答えきれずに、しどろもどろになって焦りますよね。

バイトの電話応募をする際、どうしたら電話で緊張せずに話すことができるようになるのでしょうか?

そんな気になるバイトの電話応募で緊張せずに電話で話せる方法ついてクローズアップ!

今回は『【電話で緊張する人必見!】バイトの電話応募で緊張せずに話せるようになる方法!』についてご紹介します。

応募先に電話をかける前の準備

  • 求人票を手元に用意しておく

    手元に応募する求人の画面やプリントしたものを準備しておき、電話しながらでも、情報が確認できるようにしましょう。

  • 電話をかける時間帯を確認する

    電話をかける時間帯は、受け付け時間が記載されている場合、それにしたがいましょう。

    また、応募先が飲食店の場合、ランチタイムや18~21時、オフィスであれば始業開始から2時間くらいと退勤時間前後の17~19時など忙しい時間帯は避けるようにしましょう。

  • 担当者の名前を確認しておく

    求人情報にある採用担当者の名前も確認しておき、その人に電話を取り次いでもらうようにしましょう。

  • 筆記用具とメモを用意しておく

    応募の電話をかけたときに面接日時が決まることが多いので、ペンとメモ、スケジュール帳を用意しておき、面接日時を決めましょう。

電話をかける際のポイント

  • 名前と求人応募したいことを伝える

    「私、◯◯と申します。

    御社のアルバイト求人情報を拝見いたしまして、お電話させていただきました。」

    などと自分の名前と求人に応募したいことを相手に伝えましょう。

    電話の時の印象が面接にも繋がりますので、元気のよさをアピールするためにハキハキと元気な声で話すようにしましょう。

  • バイト募集が締め切りになっていないか確認する

    応募するタイミングによってはすでに求人募集を締めきっている場合もありますので、はじめに、募集をまだ受け付けているかの確認をしましょう。

  • 面接日時の調整や面接日の確認事項を聞いておく

    募集継続している場合、履歴書の送付を求められる場合と、履歴書持参の前提で面接日時・場所の調整を進める場合のどちらかが多いです。

    確実に空いている日時を設定するようにしましょう。

  • 【スポンサードリンク】

    このとき、お互いの聞き間違い、言い間違いなどを防ぐためにも、日時など大事な部分は必ず復唱するようにしましょう。

    また、面接当日に必要な持ち物も確認しましょう。

    飲食店などのお店で面接をするときは、店舗の正面からお客様に交じって訪問して良いのかどうかも確認しておくようにしましょう。

  • 電話を切るのは後

    電話を切る時は、相手が切ったのを確認してから切るようにしましょう。

    相手が切る前に切ってしまうと、失礼にあたるので注意しましょう。

こんな場合、どうしたらよい?

  • 担当者がいなかった場合

    電話応対してくれている人に、「ご担当者様は何時頃にお戻りになりますか?」「何時頃にいらっしゃいますか?」などと、担当者のいる時間帯を教えてもらうようにしましょう。

    そして、その時間に改めてかけ直すと伝えておけば、担当者にもその時間に応募電話があることを知らせてもらえます。

  • かけ直してほしいと言われた場合

    忙しい時間だったり、タイミングが悪いときにかけてしまった場合、かけ直してほしいと言われる可能性もあります。

    「お忙しいときに大変失礼いたしました。何時頃におかけ直しすればよろしいでしょうか?」とお詫びしてから、かけ直す時間帯を確認しましょう。

  • 折り返しの電話が来ない場合

    担当者から「折り返し電話する」と返され、電話がかかってこないという可能性もあります。

    そんなときは、念のため翌日まで待ってから再度連絡しましょう。

まとめ

今回は、電話応募で緊張せずに電話で話せる方法ついてご紹介しました。

緊張してしまいがちなバイトの電話応募もしっかりと準備、想定sておけば安心ですね。

【スポンサードリンク】

電話応募するという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年2月22日

カテゴリー:仕事

サブコンテンツ

このページの先頭へ