★バイトを辞めるときに使える理由まとめ【大学生編】

バイトの仕事内容がきつい。 バイト内の人間関係に嫌だ。

仕事が自分にあっていない。

など大学生活の中でバイトを辞めたいと思うことはあるでしょう。

大学生の場合、ほかにも勉強やサークルなどが忙しくてといった理由もあるでしょう。

でも、辞めたいと思っても、辞めると言い出すもの勇気がいりますよね。

さらには、辞める理由も本音を言うのは憚られる場合、どんな理由で辞めると言えば、穏便に済むのでしょう。

そんな気になる大学生がバイトを辞める時の理由についてクローズアップ!

今回は『バイトを辞めるときに使える理由まとめ【大学生編】』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

大学生がバイトを辞める時に使える理由は?

  • 学業に専念したい

    大学生は学業が本業ですから、言いやすい理由でしょう。

    当然、学生の本業は学業ですから、バイト先の店長なども納得せざるを得ないでしょう。

    また、実習や実験といった授業が始まる場合、多くの時間を取られて、バイトする時間がなくなってしまいますよね。

  • 資格の勉強をしたい

    大学の授業とは別に資格の勉強をしたいという理由です。

    しっかりと将来の方向性を見定めていますし、これも辞める理由になるかと思います。

  • 卒論が忙しい

    卒論は学部によってもかわってきますが、たっぷり時間をかける人もたくさんいるでしょう。

    実際、テーマ選びや、文献を集めて読んだりするだけでも多くの時間が必要ですし、実験等絡むと余計時間がかかります。

  • 就職活動を始めるため

    就職活動の時期にならないと使えないと思いますが、その時期に当てはまる大学生なら使えます。

    その後の人生に関わる大切な就職活動ですから、バイトを雇う側も引き止め辛いですし、納得もしやすいでしょう。

    実際、就職活動で何十社も受けるとなると、バイトとの両立は大変です。

    さらに、会社説明会の予約や参加、書類作成や面接などで忙しくなりますが、それ以前に自己分析や業界研究などにたっぷり時間をかける人もいるでしょう。

    実際に就職活動を行う大学生は、バイトどころでは無くなる可能性もあるでしょう。

  • インターンシップに参加するため

    インターンシップは、実際に働いてその会社や業界を知ることができる貴重な経験です。

    ただ、長期と短期、色々ありますから、その辺りはツッコまれる可能性はあります。

  • 親からの禁止するように言われた

    大学生はまだ親のすねをかじっている状態ですし、大学生の本業は学業ですからバイトを反対されているという理由になるでしょう。

  • 体調不良

    大学と慣れないバイトの生活を続けて体調を崩してしまったなど体調不良も理由になります。

    実際、病院に通っているのならば、医者の診断書があればなおよいでしょう。

  • 引っ越しをする

    少し学校に近い方がよいなど引っ越しすることもありますので、引っ越しも理由になります。

    引っ越しした場合、バイト先までの通勤距離が長くなったりして、続けるのはきつくなることもありますよね。

伝えるタイミングは?

法律上、退職の意思は退職日の2週間前までに伝えることになっています。

ただ、2週間前に「辞めたい」と伝えても、既にシフトや予定が組まれてしまっているでしょう。

特に飲食店や店舗の場合は、ぎりぎりのスタッフで回しているので、アルバイトが1人辞めるだけでもかなりの調整が必要になります。

迷惑をかけないように1ヶ月前、できれば2ヶ月前には辞める意思を伝えておくようにしましょう。

【スポンサードリンク】

伝える手段は?

バイト仲間に伝言を頼んだり、メールやLINEなどで伝えるのはマナー違反です。

辞める意思は、直属の上司に直接会って、口頭で伝えるようにしましょう。

どうしても予定が合わずに伝えられない場合、電話で伝えてもマナー違反にはなりません。

伝え方は、他のスタッフに聞かれないように、まず「お話しがあるのですが、少しお時間良いでしょうか?」などと、時間をもらってから、伝えるとよいでしょう。

まとめ

今回は、大学生がバイトを辞める時に使える理由ついてご紹介しました。

バイトを辞めたいと思う理由は人それぞれです。

【スポンサードリンク】

大学生とはいえ、お金を貰って働いている社会の一員ですので、何も言わずに無断欠勤してバックレるなどはやめましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年2月13日

カテゴリー:人間関係

サブコンテンツ

このページの先頭へ