ビーチサンダル(レディース)歩きやすくて痛くないものを選ぶときのポイント

ビーチサンダル(レディース)といえば、「夏」「海」「プール」ですね!
サンサンと日光を浴び、砂浜をビーチサンダル(レディース)でかけまわる。
あ~夏っ☆を楽しみたいですね。

海だと足元は濡れ、砂で汚れちゃうけど・・・せっかくならビーチサンダル(レディース)も楽しみたい。レディースのビーチサンダルならデザイン選びも楽しみですね。

おしゃれなレディースのビーチサンダルは沢山ありますが、歩きにくい・痛いと結局使わなくなりますよね。ですので、歩きやすくて痛くないのを選びたい。

通販でレディースのビーチサンダルも沢山出てるし。せっかくなら、ビーチサンダル(レディース)も歩きやすくて痛くないレディースサンダルを選びたいですね!
選ぶときのポイント!なんてわかっていたらよくないですか?

ビーチサンダル(レディース)もタイプがまちまちで、歩きやすくて痛くないものがいいですね。
レディースのビーチサンダルどれだけあり可愛いだけでなく、歩きやすいもの・痛くないものを探したいです。

それでは『ビーチサンダル(レディース)歩きやすくて痛くないものを選ぶときのポイント』を紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

歩きやすいビーチサンダル(レディース)のポイント

ビーチサンダルは海水浴・プールで用いられることが多いですが、最近レディースのビーチサンダルでは普段履きとして利用する人も少なくありません。

ビーチサンダル(レディース)の素材として水濡れに強く一般的にゴム製の底とゴムビニールプラスチック布でできた鼻緒で出来ています。

そのため、強度に欠けていて外部は露出しているためつま先の打撲足首の捻挫骨折とトラブルを招きやすいともいえます。

ですので、ビーチサンダルのレディースは歩きやすく痛くないものを選ぶのがポイントとなります。

歩きやすいレディースのビーチサンダル

ビーチサンダルといえば

  • 鼻緒付きサンダル
  • フラットサンダル
  • 厚底サンダル

【鼻緒付きサンダル】

鼻緒付きタイプが定番ですね。
ただ、砂浜でしたらお手軽で歩きやすく使いやすいですがコンクリートでの使用はオススメできません。

【フラットサンダル】

歩きやすさではローヒールのフラットサンダル。
長時間履いていても楽です。

【厚底サンダル】

レディースのビーチサンダルで人気なのが厚底ビーチサンダルです。
素足をカッコよく魅せてくれます。脚長・美脚をキープ!

厚底レディースのビーチサンダルもデザインがまちまちですので、歩きやすいレディースのビーチサンダルを選ぶポイントの一つですね。

痛くないビーチサンダル(レディース)を選ぶポイント

ポイントとしては、クッション性です。

あまり薄い中敷を選ぶと地面の硬さを感じるでしょう。
薄いゴムですと足、踵に響きます。

鼻緒部分の素材でも痛くないものもあるので素材選びも痛くないものを選ぶポイントです。

レディースのビーチサンダルは可愛いデザインがたくさんあり
痛くないものを選ぶよりデザインが優先されてしまいがちです。

レディースのビーチサンダルを選ぶ場合、デザインもですが
利用方法も考え痛くないものを選ぶようにして足の負担を軽減されて下さいね。

【スポンサードリンク】

あとがき

自分の足ってわかっているようで分かってないですよね。
ビーチサンダルも自分の足に合ったものを見つけるのが一番。

レディースのビーチサンダルは普段使いにもしちゃいがちなので
歩きやすいデザイン・履き心地・履いていて痛くないクッション性のあるビーチサンダルを選ぶとよいでしょう。

セレブ御用達のビーチサンダルが人気です。

ハワイアナスのサンダル
ビーチサンダルですが、シンプルでおしゃれ!

リゾートでも普段でも使えるし、安定感な歩きやすさで有名なビーチサンダルです。
通常のビーチサンダルよりも硬質・気泡なしで安定感があります。
それに、アウトソールが歩きやすさの秘密で滑り止め効果の溝がされています。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ