ボーナスの時期(タイミング) 退職で損しないポイント

年2回のボーナス時期、ボーナスは月給とは別の収入ですので、この時期、旅行や買い物、貯蓄など色々予定されている方も多いはず。

ですので、転職・退職を考えている方は、この時期、ボーナスが支給されてから転職・退職するのが理想ですよね。

どのような転職・退職をすればよいのでしょうか。

そこで今回、ボーナス時期の転職・退職について必要なポイントをまとめてみました。

『ボーナスの時期(タイミング) 退職で損しないポイント』ぜひ参考にしてください。

【スポンサードリンク】

ボーナスの時期からみる流れ

企業によって違いはありますが、年2回支給される夏のボーナスを6月支給、冬のボーナスを12月支給とした場合の例を挙げてみました。

  • 6月支給の場合
    ・6月 ボーナス支給→退職届提出
    ・7月 引き継ぎ→退職
    ・8月 転職先入社
  • 12月支給の場合
    ・12月 ボーナス支給→退職届提出
    ・ 1月 引き継ぎ→退職
    ・ 2月 転職先入社

ボーナスを貰ってからの退職ですが、ろくに引き継ぎもせず退職するのは
【ボーナスもらい逃げ】
【ボーナスどろぼう】
と言われても、致し方のないことですね。

色々な事情があるにせよ、引き継ぎは大事ですし、今までお世話になった職場の同僚や上司にも迷惑はかけたくないものです。

ベストなのはボーナス支給後、1~2週間経ったあたりで退職届を出す、引き継ぎ期間は1カ月ほど設ける。

以外と世間は狭かったりします。

転職先に悪い噂が流れ、業務に支障をきたすこともあり得るかもしれないので、引き継ぎ期間を設けるのはとても大事だと思います。

職種や企業によって違いはありますが、内定をもらってから転職先へ入社するまでの期間は1~2カ月が一般的といわれています。

充分な時間はあるので、引き継ぎはしっかりしたいものですし、上記の事も踏まえて、退職届を出すのはボーナス支給後がベストですね。

現職のボーナスをとるか、転職先のボーナスをとるか

ボーナス転職を考えてる方で、現職でのボーナスを受け取り、さらに転職先での初ボーナスも受け取りたい方がいらっしゃると思います。

お気持ちはわかります。
ですが、転職先へ入社後は試用期間になると思いますので、現職+転職先でのダブルで賞与を受け取るというのは、難しいと思います。

現職のボーナス額より、転職先のボーナス額の方が期待できるのであれば、現職のボーナスを諦め、先を見越して転職先へ入社するのもアリだと思います。

【スポンサードリンク】

まとめ

ボーナス転職をスムーズに行うのであれば、まずは周りに転職の意志を悟られないよう注意しましょう。

中小企業などでは、経営者の判断によってボーナス支給額が決められる場合があります。

支給日前に退職の意志表示することで、減額されるケースもあるのです。

賞与は本人の査定、会社の経営状態なども加味されるものなのですが、賞与が予定よりも少なかった場合、支給前に退職の意志表示をしたから減額されたと思って抗議しても、まともな額をもらうのは難しいと思います。

もう1つ重要な事があります。
ボーナス転職をする場合に、就業規則も調べておきましょう。

企業によっては、支給日に在籍していないともらえないケースもあります。

ボーナス支給前に退職届を提出し、ボーナス支給後の退職を望んでいても、退職日を早めさせられボーナス支給されないこともあります。

そうならない為にも、就業規則を調べ、周囲に退職の意志を悟られない様、しっかり計算して損のないようにしたいものですね。

参考にして頂けたら幸いです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ