盆踊りの由来や踊り方の意味とは?子供にはこう説明しよう。

夏の風物詩と言えば「盆踊り」あなたは盆踊りの由来を知っていますか?

由来を知っていれば踊り方の意味がわかり、見方も変わってくるかも。

子供と一緒に地域のコミュニティに参加できる良い機会になるのも「盆踊り」子供にわかりやすく由来や踊り方の意味を説明してあげる事ができれば、去年とは違った楽しみ方ができるかも。

盆踊りの踊り方って地域によって違うって知ってました?

それを子供に伝えるって事も大事です。

ただ子供にとって難しい感じで説明しても仕方ないので、子供にわかりやすく説明できるように記事を書いてみました。

踊り方の由来を辿っていくと、思いがけない意味に驚くかも。

夏の自由研究にも使える「盆踊りの由来と踊り方の意味」子供と一緒にその意味を探ってみてはいかがでしょう?

『盆踊りの由来や踊り方の意味とは?子供にはこう説明しよう。』

【スポンサードリンク】

盆踊りの由来って?

盆踊りはもともと、お盆にかえってきた先祖の霊(祖霊・それい)を慰める霊鎮め(たましずめ)の行事です。

自分で念仏を唱えながら踊る「念仏踊り」から、念仏を唱える人と踊る人に分かれた「踊念仏」に発展した民俗芸能がお盆と結びつき、
祖霊を慰めたり送り出すための行事になりました。

その起源は平安時代中期とされ、庶民の間に定着していきました。

そのうちに娯楽的な意味合いが強くなり、江戸時代に入ると地域の人々のコミュニティとなり、なんと男女の出会いの場にもなっていったという事です。

ちなみに、盆踊りが行われる意味には複数の説があります。

【成仏の喜びを表現する説】

お盆の供養で成仏できた亡者が、喜び踊る姿を表現したという説。

【悪霊を追い払う説】

悪霊や亡者たちを踊りながら追い払う。
またはお盆に戻ってきた祖霊たちを、踊りに誘って送り出すという説。

どちらにしても、人とは違う「霊(れい)」の為に踊るというのが盆踊りの本来の意味です。
お墓参りをした先祖の霊を偲びながら、日々の暮らしが豊かに続いていくようにという願いが、盆踊りには込められているのですね。

この曲を聴けば盆踊りを思い出す

盆踊りの曲と言えば「炭坑節」

若い世代の人たちではなじみが薄いかもしれませんが、この曲は盆踊りで必ず踊られる国民的な歌でした。
タイトルは知らなくても、曲は聞いたことがあるのではないでしょうか?

リンク:炭坑節
https://youtu.be/qITPjtcqJsw

そして踊りの振り付けですね。

曲ごとに振り付けが違うのですが、共通しているのは限りなく単純なパターンで繰り返されているということ。

ひとつのパターンを何度も繰り返すことが多いので、
覚えるのが簡単で、すぐに輪に入れるようになります。

大きなやぐらを囲んで音頭に合わせて老若男女が踊れるというのは、素晴らしいことですね。

誰もが曲を聴けば踊れるということが、地域のコミュニティにも最適です。

【スポンサードリンク】

子供と一緒に踊ろう!

あなたの夏の思い出はなんですか?

必ずと言ってもいいほど出てくるのは、「夏祭り」と「盆踊り」夏祭りでは友人や恋人との思い出にこころを温める人が多いですが、盆踊りでは家族との思い出が多いのではないでしょうか?

地域ごとに開催される盆踊りは、近くの公園や公民館などで行われるので、小さなうちから顔を出したり参加をする事が出来ます。

お母さんに抱かれて参加する盆踊りは、赤ちゃんの目には幻想的に映るのかもしれません。

一人で歩けるようになる事には、音楽に合わせて踊る事もできるようになります。

単純な振り付けの組み合わせが続く盆踊りは、小さな子供にも踊りやすいですね。

また、地域からさまざまな世代の人たちがあつまりますから、普段触れ合うことのない人達との交流が、良い刺激になって情緒や感性を刺激してくれます。

最近では盆踊りも「大人の部」と「子供の部」のように、時間帯で区切っている自治体もありますから、夜更かしをして生活リズムを崩してしまう心配もないですね。

日本の伝統を体験しよう!

知っているようで知らない「盆踊り」由来や意味を知ることで、盆踊りに対する見方が変わったのではないでしょうか?

地域のコミュニティに参加して、地元愛を育んだり、知人や友人を増やす、良いきっかけになるかもしれません。

なによりも、日本の伝統ともいえる踊りですから、今年は家族みんなで参加したいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ