お風呂の残り湯を洗濯に使うとどのくらい節約になる?雑菌や入浴剤は大丈夫?

一日の疲れを癒やす際、ゆっくりお風呂に漬かった方が疲れがとれますよね。

でも、お風呂に水を張ると、もったいないと思うのが、残り湯。

この残り湯をみなさんはどうしてますか?

捨ててしまうのはもったいないので、節約をできるならしたいですよね。

節約するためにお風呂の残り湯を洗濯に使っているという方も多いはず。

そんな時、お風呂で入浴剤を入れたりしますよね。
でも、入浴剤を入れた残り湯を洗濯に使っても大丈夫なものなんでしょうか。
また、そもそも体の汚れとかを流した後の残り湯って雑菌など気になりますよね。

洗濯に使ったら、雑菌が増えてしまうんでしょうか。

気になるお風呂の残り湯を洗濯に使うと節約になるのか、そして入浴剤や雑菌などの心配事は大丈夫なのかを一挙大公開!

今回は『お風呂の残り湯を洗濯に使うとどのくらい節約になる?雑菌や入浴剤は大丈夫?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

残り湯で洗濯したらどれくらい節約になる?

浴槽にお湯をためると、小さいものでも200リットルほど入ります。

そして、1回の洗濯につき洗いとすすぎを含めて100リットルほどの水を使います。
つまり、毎日浴槽にお湯をためて洗濯をすると、1日つき300リットル近くの水を使います。
1日300リットルの水道代は地域によって多少の差異はあれど、大きな家計負担ですよね。

でも、残り湯で洗濯した場合50リットルから80リットルの水を再利用できますので、節約になります。

どのぐらい節約になるんでしょう。

東京水道局の換算によると、お風呂の残り湯の約半分である90リットルを再利用した場合、毎月約650円の節約になるそうです。

(90リットル×0.24円/リットル×30日≒650円の計算です)

【スポンサードリンク】

残り湯で洗濯する場合、雑菌は大丈夫?

残り湯で洗濯をすると雑菌などの衛生面が気になるという方も多いでしょう。

実は5人家族でお風呂に入る場合、入浴前のお風呂には80個しかなかった雑菌が全員入浴後には2,700個にまで増えます。

さらに、雑菌は時間の経過で増えていきます。

翌日には2,700万個まで増えます。

そのため、お風呂の残り湯を洗濯に利用する時は、お風呂の使用後、すみやかに洗濯した方がよいでしょう。
その際、最後のすすぎには水道水を使うことと、干す時には太陽に充てて日光で殺菌することが出来れば大丈夫だそうです。
また、お風呂の配管掃除をしっかりしていると、普段から雑菌の繁殖を防ぐことができるそうです。

残り湯を使う使わないにかかわらず、清潔なお風呂にするためには、こまめに掃除することが大切です。

重曹を使うと安心?

残り湯を洗濯に使っても問題はないと言えど、どうしても不安という方には重曹をプラスして洗濯するとよいでしょう。

重曹には、お風呂の残り湯の中の雑菌の繁殖を防ぐ効果があると言われています。
重曹をお湯の中に入れてかき混ぜるだけなので、とっても簡単です。

入浴剤が入っていても大丈夫?

お風呂の際、リラックスやいろんな効能のために入浴剤を入れるという方もいるでしょう。

そんな入浴剤の入った残り湯を洗濯に使用しても大丈夫なんでしょうか。

「洗濯に使えます」と書かれているものや、「色移りの心配があるのでお洗濯には使用しないでください」などの注意書きが書かれていますので、使用前に注意書きをみるようにしましょう。

そして、入浴剤を洗濯に使用する際は、最後のすすぎを水道水にした方がよいでしょう。

さらに節約したい方

お風呂の残り湯は掃除にも使えます。

お湯で床掃除をしたり、泥汚れなどがひどい洗濯物などの下洗い用に残り湯を使用したり、汚れがつきやすい靴下や襟元などを下洗いするのにも適しています。

また、完全に水になってからは、植物の水やりにも使用できます。

ぬるま湯を植物に与えると、根腐れを起こしてしまうこともありますので、注意しましょう。

まとめ

今回はお風呂の残り湯で洗濯に使うとどのくらい節約になるのか、入浴剤や雑菌などは大丈夫なのかについてご紹介しました。

残り湯で洗濯をすると大いに水道代を節約できます。
どうしても気になる場合は、除菌入や重曹を使うとよいでしょう。

ただし、入浴剤を使ったお風呂の残り湯は、柔軟剤とは相性が悪く、洗濯物にシミができる場合があるので、その場合、お風呂の残り湯を使うのを控えましょう。

【スポンサードリンク】

ぜひ残り湯で節約やってみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年3月21日
最終更新日:2017年4月11日

カテゴリー:お金 健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ