立ちっぱなしの消費カロリーは?長時間の立ちっぱなしは腰痛の原因て本当?対策はある?

ずーと、立ちっぱなしの仕事をしているんですけれど消費カロリーってどれぐらいなのでしょうか?

長時間の仕事で腰痛になるのですが原因と対策を知りたいですね。

立ちっぱなしに、消費カロリーってあるのでしょうか?

腰の痛みについて、どうしても知りたいですよね。

長時間の腰痛なんとかならないでしょうか?

原因ってどうなんでしょうか?

対策を知りたいものです。

もし立ちっぱなしで消費カロリーがあるなら、長時間やって効果あるのでしょうか?

腰痛が治ったり原因が分かったり、対策が分かったりするのでしょうか?

立ちっぱなしって健康に良いのでしょうか?

消費カロリーはいかなるものなのでしょうか?

長時間の作業で腰痛なったとき原因はなんでしょうか?

対策は、どうすれば良いのでしょうか?

そこで今回は『立ちっぱなしの消費カロリーは?長時間の立ちっぱなしは腰痛の原因て本当?対策はある?』と題して大公開いたします。

【スポンサードリンク】

立ちっぱなしの消費カロリー

ただ仕事で立ちっぱなしなだけですが、通常の立っているだけであれば、座っているときの役2倍と考えて良く、消費カロリーは体重により変化しますので、長時間といっても立っている人の体重がどれだけあるかによって消費カロリーが変わりますので消費カロリーは、体重×2×時間になります。

先ほどは、立っているだけの数値でしたが、立っているだけでなく仕事もしているというのであれば、消費カロリーはもっと増えることになります。

しかし毎日、立っているだけだとしても、少しでも使わない筋肉を使ったとしたら消費カロリーもあがるだけでなく、筋肉痛にもなりやすいとみて良いので、消費カロリーだけを気にするのではなく、使わない筋肉を使ったら筋肉痛にならないように軽く休むようにしましょう。

これが腰痛の原因にもなりかねないのですが腰が痛くなる原因は重心の体重移動になります。

【スポンサードリンク】

長時間の立ちっぱなしは腰痛の原因と対策

主に立っているときに重心がくるのは、足の裏ですが、これが長時間になると足の裏だけでなく、膝や腰などに体重移動して腰の痛みの原因になるのです。

対策としては、とにかく正しい姿勢で立つということになり、こうすることにより重心を正常の位置に戻すことができるのです。

主に気をつけなくてはならない身体は、胸の張りすぎ、バランスが悪い、猫背になっているなど、このような立ち方をしていると腰痛の原因になりますので、気付いたら正常な立ち方に戻すようにしましょう。

そして一番良い対策方法は、とにかく歩くことになり、歩くことによりバランスを正常に戻し、正しい姿勢に戻すことができるのです。

そして、立っているときはバランスを考える意味でも体を、ねじらない姿勢にすることです。

これだけでも、予防になりますので、気をつけるようにして、あとは常にバランスを意識して動くようにしましょう。

立ち作業での腰の痛みだけでなく、足のむくみにも気をつけましょう、これが原因で腰の痛みに繋がる可能性もあるので、ある程度のマッサージは必要と言えます。

そして、なによりも一番大切なのはバランスなのだから、これさえ気をつければ腰痛の対策になるのです。

まとめ

本当に立ち作業での腰の痛みを気にしていたけれども、こんなに対策があるのですね。

ただ立っているだけでも、消費カロリーこんなに高いのですね。

本当に驚きです。

どうしたら腰の痛みを改善できるか分かりました。

もっと気をつけないといけないと思いました。
これからは気をつけてみたいですね。
対策なども、とても勉強になりました。

また新しい情報が入り次第、大公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

人気記事はこちら

血液型健康法のA型の食事(食べ物)ってどんなの?

血液型健康法のO型の食事(食べ物)ってどんな食べ物?

注射後の内出血を早く治す方法とは?痛い場合や緩和する方法はある?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ