★車リースのメリットデメリットは?購入vsカーリース徹底比較!

【スポンサードリンク】

車を購入する際、現金で購入するか、ローンを組むか等の方法がありますよね。

そんな中、最近、CMなどでよく見る車リースのカーリース。

車リースは一体なんでしょうか?

また、車を購入する際、カーリースはどこの車リースがよいのでしょうか?

比較するとどこがよいのかわかりやすいですよね。

そして、なぜ、人気が高まっているのか、カーリースのメリット・デメリットは一体なんでしょうか?

メリット、デメリットはそれぞれ知っておきたいですよね。

購入とカーリースの比較があれば、購入の決定がしやすいです。

そんな気になる車リースのメリットデメリットや購入とカーリースのどっちがよいのか比較についてクローズアップ!

今回は『車リースのメリットデメリットは?購入vsカーリース徹底比較!』についてご紹介します。

カーリースとは?

リースとは、物品の賃貸借取引を指します。

マイカーリースは要するに車を借りるということです。

レンタカーのように不特定多数に対して貸し出すのではなく、ユーザーとの間で数年単位の長期契約を結びます。

リースとレンタカーでは何が違うのかと思うかもしれませんが、リースは約束した期間クルマを返却することが出来ないため、返却の場合には違約金が発生します。

レンタカーの場合は早めに返しても違約金は発生しませんが、支払ったレンタル料は返金されません。

カーリースの場合クルマの調達はリース会社が行い、車検証の所有者欄はリース会社、車検証の使用者欄は利用者の名義になります。

車検証はマイカーローンなどで分割払いでの購入した場合と似た記載になり、分割払いでの購入で、かつディーラーローンを利用する場合は、所有者欄は○○トヨタなどのディーラー名義になります。

カーリースを利用するメリット

  • 初期費用を抑えることができる

    カーリースであれば初期費用を考える必要はありません。

  • 毎年の自動車税やオイル交換費用、車検の心配が不要

    リース料金には、車の新規登録諸費用の他に、毎年の自動車税、車検の際の重量税、自賠責保険料などが全て含まれています。

    新車の場合、ナビゲーションシステムやETCなどの装備も同様です。

    それなのに、毎月の支払金額は常に一定なので、車検や自動車税の支払い時にまとまったお金を用意しなくてもよいです。

  • 各メーカーの車種、好きなボディカラーを自由に選べる

    リースだからと言って車種や色、グレードに大きな制限はないので、メーカーオプションも販売店オプションも自由に選択することができます。

    しかし、たくさんオプションを付けてしまうとリース料金も高額になりますので注意が必要です。

  • 購入する場合に比べ、ディーラーとの面倒な交渉は不要

    車の購入交渉はリース会社が行いクルマの調達まで引き受けてくれますので、利用者はディーラーとの値引き交渉や面倒な書類のやり取りはありません。

【スポンサードリンク】

マイカーリースのデメリット

  • 支払総額が割高になる

    リース料金×リース期間の月数でコストを計算すると、通常の銀行ローンと比べて割高になる傾向があります。

    諸費用、税金を考慮したとしても若干割高になります。

  • 中途解約は原則として不可で、やめる場合は中途解約金(違約金)がかかる

    カーリースに限らず、リースは3年間、5年間といったように一定以上の期間利用することが契約で定められています。

    途中で解約したいという場合は、残りのリース料金相当額を一括返済する必要が出てきます。

  • リース期間中ドレスアップや改造ができない

    リース期間終了時に返却する約束の場合は、勝手にドレスアップや改造などは出来ません。

    ただ、リース期間が終了後に利用者のクルマを買い取るような場合は、リース期間終了後であれば自由にカスタマイズが可能です。

購入がよいかカーリースがよいか

車にまつわるお金も定額制にしたいなら、リース契約にして月々のリース料と燃料代だけを気にするだけで済みます。

しかし、車が思いのほか気に入ってしまい手放したくなくなり、リース契約満了の後にクルマを買い取るとなれば、結果として最初からローンを組んで買ったほうが安上がりになるケースもあります。

手軽さやメリット、月々の支払額なども大切ですが、ライフプランや自分の価値観に合わせてローンかリースかを選んでいくのが、ベストなのかもしれません。

まとめ

今回はカーリースについてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

車を購入するのに、リースにするか現金にするか悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年6月11日

カテゴリー:

サブコンテンツ

このページの先頭へ