車のくもりをとる方法は?くもり止めの防止方法は?車のくもりをとる方法は?くもり止めの防止方法は?

車のくもりを取る方法って知っていますか?

車のくもり止めっていろいろありますよね。

くもりの防止方法について知りたいものです。

車のくもりを取る方法ってどのようなものがあるのでしょうか?

そもそも、くもり止める方法あるのでしょうか?

くもり防止方法、教えていただきたいものです。

車を運転していてフロントガラスが曇ったらどうしてますか?

車のエンジンをかけたらフロントガラスが曇りだしたとか、運転中に突然目の前の視界が見えにくくなった・・・なんてことで困ったことはありませんか?

たぶんほとんどの車を運転したことがある人ならば経験してるのではないでしょうか?

一度くもりだすとタオルなどで拭いてもふいてもまた曇りだすということはなかったですか?

曇った隙間からとか、うっすら見える感覚でのぞきながら運転なんてことをしてると危険です。

慌てて窓を開けてみたりしてもすぐにくもりが取れなかったりして困ったことはありませんか?
知っているようで知らない人がいたり、またはどこかで聞いたと思うけど忘れてしまったというこかもしれませんね。

自分が不便だと感じたときになってやっと何か「くもりを取る方法」はないかな?とか、くもりを防止する方法はないものだろうか?

などと考えだしたり、誰かに聞いてみたりしますよね?

人は自分が問題に直面したときに体験したことは忘れないといいます。

初めからいろんな情報を知ってる人もいますが、自分の経験を通じて覚えていっても一つ一つ出来ること知ってることが増えていきますよね?

女性は特に車などに詳しくない人も多いのですが大丈夫です。

仕事前とか人と待ち合わせ時間などで急いでいるのにフロントガラスが曇って走れない。

運転していたら曇りだしてイライラしてきた。

などを無くすためにも試してみてほしいのですが、その方法をお伝えする前に、なぜ?曇ってしまうのか?
という理由を知るだけでも防止になりますよね。

そこで今回は『車のくもりをとる方法は?くもり止めの防止方法は?』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

くなぜ曇るのかご存知ですか?

車のガラスが曇りだすのは中の温度と外の温度の差があるほどに曇りやすくなるのです。
お家の窓でも外と室内の温度の差があると結露が出てて来たりしますよね、原理は同じです。

余談ですが、家や電車などでしたら落書きなどして楽しめたりするのに、いざ自分が運転中となると困った問題となるのは事故をしてからでは遅いからですよね。

【スポンサードリンク】

くもりを取る方法と防止方法

では曇ってしまったときどうするか?ですが、車にはいろんな機能が親切に付いているのですが、ただ窓を開けるより、【A/C】のスイッチを入れたら次に温泉湯気3本のような(デフロスター)というボタンを押します。

デフロスターとは結露防止をするためについている(ガラスに書かれている線)のことで、その線が曇りや結露を解消してくれます。

注意:くもりがなくなってきたらデフロスターボタンを切ってくださいね、ガソリンを結構使いますし常につけておくボタンではないので、つけっぱなしにしてると車への負担となる恐れがあります。

次に防止になることにつながりますがフロントガラスや左右のガラスに汚れはありませんか?
意外に見えない汚れや油のようなものが付いていたりすると曇ってしまうということがあります。

そんな時、食器洗い用の洗剤を使う裏技的方法ですが、洗剤を布につけて車のガラス全体をキレイにしていきます、洗剤で拭いたあとは必ず乾いたモノでからぶきを忘れないようにしてください、これで両サイトの窓の曇りも解消されます。

最後に

車を掃除するときにエアコンのフィルターを掃除するというのもしてみるといいですよ。

ほとんどの車はダッシュボードの裏側にあってそこからエアコンにつながっているといいますが自身がない人は自分が車の整備をお願いしているところで一度聞いてみることをお勧めします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ