★チョコレートの効果や効能は?効果的な食べ方はあるの?

【スポンサードリンク】

甘くて美味しいチョコレート。

そんなチョコレートを食べると太るとか、チョコレートを食べるとニキビになるなどよく聞きますよね。

でも、チョコレートを食べることで、美肌や血流改善などの効果や効能があることをご存知ですか?

一体チョコレートには、どのような効果、効能があるのでしょうか?

また、効果や効能をよりよくする食べ方はどのような食べ方でしょうか?

そんな気になるチョコレートの効能や効果がある食べ方についてクローズアップ!

今回は『チョコレートの効果や効能は?効果的な食べ方はあるの?』についてご紹介します。

チョコレートについて

まず、チョコレートは、カカオ豆から出来ています。

正確には、カカオ豆を粉砕し、様々な行程を経てカカオマスとカカオバターに分けて、砂糖やミルクなどを加えて食べやすく調理したものがチョコレートです。

そして、カカオマスが入っていないものがホワイトチョコレートになります。

また、カカオマスのチョコレートに占める割合によって、一般的なチョコレートは40%以下、40%以上をハイカカオチョコレートと言います。

チョコレートの成分は、

・タンパク質

・脂質

・糖質

・食物繊維

・ミネラル類

・カカオポリフェノール

・テオプロミン

です。

チョコレートに含まれている成分の中で、とくに注目したいのは「カカオポリフェノール」です。

カカオポリフェノールとは、チョコレートの主な原料「カカオ豆」に含まれるポリフェノールです。

チョコレートの効能は?

チョコレートの歴史は古く、紀元前の中米にまでさかのぼるそうです。

14世紀ごろ、現在のメキシコ・シティ周辺に存在したアステカ王朝において、カカオ豆は優れた効能がある万能薬として扱われており、歯痛や赤痢、胃痛、発熱に至るまで、チョコレートにはさまざまな不調を和らげる効果があるとして重宝されていたそうです。

その長い歴史の中で、滋養強壮や疲労回復、エネルギー源としても用いられていました。

近年、チョコレートの栄養成分に着目した研究が進められ、様々な健康効果が明らかになってきています。

中でも注目の成分が、ポリフェノールです。

植物の色素や苦み成分で赤ワインや緑茶にも含まれることが知られていますが、チョコレートにも豊富に含まれているんです。

ポリフェノールにはいろいろな種類があり、その効果も様々ですが、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、老化や病気の原因ともなる活性酸素を減らす強い抗酸化作用があり、動脈硬化や高血圧、糖尿病といった生活習慣病の予防・改善や、血流アップ効果による冷えやむくみの改善、美肌効果が期待できる効果があるそうです。

チョコレートの具体的な効果

  • 抗酸化作用でアンチエイジング

    ポリフェノールは強い抗酸化作用をもちますので、コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があります。

    また、活性酸素を除去する働きがあるため、アンチエイジングにも大変効果があります。

  • 気分すっきり、集中力アップ効果

    チョコレートには、アルカロイドの一種であるテオブロミンが含有されています。

    テオブロミンはカフェインに似た構造をもっており、集中力を高めたり脳を覚醒させる働きがあります。

    眠気を覚ましたいときや集中力を高めたい、集中力が途切れて気分をスッキリさせたい時には、チョコレートがおすすめです。

  • 記憶力アップ

    チョコレートに含まれるブドウ糖には、精神を安定させる働きを持つセロトニンという成分が含まれています。

    リラックスや心を鎮めたいときに効果があるほか、記憶力を向上させる働きもあるため、勉強の合間のチョコレートは効果的です。

  • 動脈硬化を予防

    カカオポリフェノールの働きで、血液中のコレステロールの酸化を防ぐことができると言われています。

    血液中の悪玉コレステロールの酸化を抑制して血液をサラサラにする効果が期待できます。

    血液がサラサラになるということは、動脈硬化の予防に繋がります。

  • 血圧低下効果

    チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、血管を広げる作用があります。

    高血圧とは血管が詰まり細くなることで、血圧が上昇している状態のことを指し、カカオポリフェノールを摂取することで血管が広がりますので、血圧低下の効果を得ることが期待できます。

  • 美肌効果

    チョコレートを食べるとニキビができるからと、敬遠している人も多いかもしれませんが、チョコレートには美肌効果があります。

    チョコレートには腸内環境を整える働きがあります。

    腸内環境が悪化すると、吹き出物やニキビに直結しますが、チョコレートは腸内環境を整えら便秘を改善します。

【スポンサードリンク】

一日にどれだけのチョコレートを摂れば、効果的なの?

まず、カカオポリフェノールやカカオプロテインの効果を期待するのなら、ホワイトチョコレートにはカカオはほとんど含まれていませんので、ホワイトチョコレートやミルクチョコレートより、ハイカカオなチョコレートを選ぶようにしましょう。

そして、1日200~500mgのカカオポリフェノールを摂取すると良いと言われていますので、一粒当たりのカカオポリフェノールの含有量が記載されている商品もありますので、ご自分が食べているチョコレートで計算するとわかりやすいでしょう。

ポリフェノールは体への吸収が早いため、摂取後比較的早く効果が現れますが、その効果は長時間持続することができません。

一度にたくさん食べてしまわずに、時間をあけて少しずつ食べる方が効果的です。

血液サラサラ効果を期待する場合、朝や運動前などに食べるのがおすすめです。

まとめ

今回はチョコレートの効果についてご紹介しました。

チョコレートは意外と健康や美容にもよいおやつなので、積極的に取り入れたいですよね。

【スポンサードリンク】

しかし、適量は守り、食べ過ぎには注意しましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年4月17日

カテゴリー:食べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ