★腸腰筋ストレッチはダイエットに効果バツグン?理想の腹筋は手に入るのか?

【スポンサードリンク】

お腹を凹ませたいと思って、ダイエットしてもなかなかお腹が凹まないなんて経験ありませんか?

お腹を引き締める方法というと、腹筋などの筋トレが効果あると思いがちですよね。

なんと腸腰筋ストレッチは、腹筋するより効果的に引き締められます。

ダイエットには、腸腰筋ストレッチが効果テキメンなんです。

でも、そもそも腸腰筋ストレッチとはどうしたらよいのでしょうか?

また、腸腰筋ストレッチはどれくらいダイエットに効果的なんでしょうか?

そんな気になる腸腰筋ストレッチのダイエット効果や腹筋への効果についてクローズアップ!

今回は『腸腰筋ストレッチはダイエットに効果バツグン?理想の腹筋は手に入るのか?』についてご紹介します。

腸腰筋とは?

腸腰筋とは、「腸骨筋」、「大腰筋」、「小腰筋」という3つの筋から構成されており、これら総称して「腸腰筋」と呼びます。

腸腰筋は、身体の軸となる部分に付いている筋肉ですので、大腿四頭筋や下腿三頭筋のように目視での確認は難しいです。

また、腸腰筋は、背骨を中心とした上半身の体幹を安定させ、支える役割があります。

腸腰筋は、30歳を境に急激に弱るとされていて、腸腰筋が弱ることで様々な症状が出るとされています。

腸腰筋が衰えるとどうなる?

  • 猫背姿勢になる

    (大腰筋・腸腰筋が上手く働かないと骨盤が後傾して姿勢が悪くなるため)

  • 足が上がりにくく、つまづきやすくなる
  • 腰痛
  • 股関節周辺の不調
  • 骨盤の歪み
  • ポッコリお腹
  • 便秘・冷え性

まず、骨盤が後ろに傾くと、猫背姿勢になります。

そして、背中は伸びた状態になり、逆に胸からお腹は縮んだ状態に。

さらに、お尻から太ももは縮み、内臓を支える筋肉が緩み、下腹がポッコリと出た状態になります。

猫背姿勢になると、股関節の可動域を狭めるので、膝や腰にも負担がかかり、腰痛や膝痛の原因にもなります。

腸腰筋は、このように、様々なことに関わってきますので、衰えがないかのチェックは重要です。

腸腰筋の衰えについて、簡単なチェック方法をご紹介します。

やり方は本当に簡単で、足を閉じた状態で椅子に座り、膝と足首をくっつけます。

この状態を3分間我慢が出来るといいのですが、段々と疲れてきたり、痛くなってきたりするならば、腸腰筋が弱っていると言えます。

腸腰筋を鍛えるとどういう効果がある?

  • 代謝が上がりダイエットに
  • 姿勢がよくなる
  • 美脚
  • 股関節の可動域が広がり、運動のパフォーマンスが上がる
  • 血行がよくなる
  • 自律神経が整い、美容効果もアップ

【スポンサードリンク】

大腰筋が衰えると、太りやすく痩せにくい体質になってしまうことがあります。

大腰筋が緩むと、姿勢を保つための周辺の筋肉も連鎖的に活動が弱まり、お腹全体の筋肉が不活性状態になります。

これにより、全身レベルで代謝量が低下して脂肪が燃えにくくなってしまうともいえます。

つまり、腸腰筋を鍛えることがダイエットに効果がある理由は、ダイエットの鉄則である“大きな筋肉群から鍛えることで代謝率を上げられる”からです。

そして、胴体部分の体幹から大腿骨に繋がる筋肉を鍛えれば、手足の筋肉の負担が減り、ほっそりとした手足に近づきます。

さらに、大腰筋の衰えは自律神経や血管にも悪影響を及ぼします。

骨盤の表面には神経や血管がたくさん走っており、下半身へと向かっていく神経や血管のほとんどは、脊髄から骨盤の表面を経由しています。

大腰筋が衰え、内臓が下垂すると、これらの神経や血管を圧迫することにもつながると考えられています。

腸腰筋ストレッチ方法

両膝が90度に曲がるようなイメージで片膝立ちになります。

この時、両足に均等に体重が乗るように体重をかけます。

背中が丸まらないように注意をして体重を前に移し、膝を曲げていきます。

後ろ側に来ているももの付け根あたりが伸びているのを感じて左右30秒を目安にストレッチを行いましょう。

ポイントは重心を前にかけること、背中を丸めないことです。

まとめ

今回は、腸腰筋ストレッチのダイエット効果や腹筋への効果についてご紹介します。

腸腰筋をストレッチすると、ダイエットに効果あるだけでなく、股関節まわりの不調や姿勢の改善が期待できます。

【スポンサードリンク】

ぜひ、今日からストレッチしてみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年5月7日

カテゴリー:ダイエット

サブコンテンツ

このページの先頭へ