コーラカフェインゼロは本当か?妊婦が飲んではいけない理由

暑い夏に冷蔵庫にコーラがあると、理由もなく大人でも子供でもついついがぶがぶ飲んでしまいます。

最近ではコーラが健康に良くないということが叫ばれ、コーラもコカ・コーラゼロ ダイエットコカ・コーラなど多様な製品が出回るようになりました。

他にもカフェインがゼロのお茶などがお店で多く出回っています。

そして今年コカ・コーラゼロフリーという製品が発売されました。

これまでの糖分ゼロに加え、保存料、カフェインもゼロということ話題になっています。

さてあなたはカフェインという物質を知っているでしょうか?

「よくコーヒーなどに含まれていて眠気覚ましに使う」

「理由はわからないが、妊婦はカフェイン摂取を避けるよう言われた」

などなど人によって良いイメージ、悪いイメージ様々あると思います。

近年ではカフェインの害として心臓発作や、骨粗しょう症、貧血になるリスクが高いとされ、すっかり悪者扱いのカフェインですが、成人であればコーヒーを3杯~5杯飲んだとしても体に影響はないといわれ、世間がいうように心配する必要はありません。

ただし、理由は後で書きますが、子供や妊婦の方は一般の人と比べて少ない量で体に影響がでてしまうので注意が必要であるといわれています。

そこで今日はコーラに含まれるカフェインの量と、コーラカフェインゼロが体に良いのか悪いのかとその理由、そして妊婦さんがカフェインっを控えた方が良い理由について『コーラカフェインゼロは本当か?妊婦が飲んではいけない理由』と題して書いていこうと思います。

【スポンサードリンク】

カフェインとは何か?カフェインが悪者にされる理由

カフェインとはコーヒーの苦味に含まれる成分で、中枢神経に作用して、興奮や覚醒効果などがあります。

また集中力を高める作用があり、受験勉強や何か仕事があり、集中したい時にはもってこいです。

さらに運動前など飲むことで心臓を刺激して、持久力を高める他、脂肪燃焼するリパーゼという物質の作用を促進します。

またカフェインは骨格筋をも刺激して筋肉の力が高まり、運動能力の向上に効果があります。

されに近年では脳卒中の予防にも効果があるのではないかともいわれています。

意外に良いことづくめのカフェインですがやはり取りすぎるとよくありません。

通常カフェインは成人で300㎎までは身体に影響はありませんが、500mgを超えますと、カフェインが体に残ってしまい、胃の壁を傷つけ胃痛になったり、高血圧、不眠症、動悸、息切れなどの急性中毒を引き起こします。

その事実のみが先走って伝わってしまたため、カフェインをとるとすぐそういった症状が出るとになってしまった可能性が高いと思われます。

実際は500mgはけっこうな量です。

ドリップコーヒーが1杯で120mgのカフェインなので4杯分、日本のお茶の玉露が1杯150mgのカフェインなので、3杯以上ということになります。

ですので、成人でもコーヒー4杯までなら特に身体に影響はないということになすます。

【スポンサードリンク】

コーラのカフェイン量とコーラカフェインゼロは身体によいのか?

さてカフェインを多く含む飲み物はというと、一番が日本茶の玉露で1杯あたり150㎎~180mg次いでドリップコーヒー120㎎~150㎎と続き、コーラのカフェイン量はというと、1杯あたり34㎎と決して高い値ではありません、

しかしご存知のようにコーラはコーヒや玉露のように、に苦味がなく、むしろ甘いのでついつい飲みすぎてしまう傾向にあります。

ではダイエットコーラはどうかというと、こちらは1杯あたり46mgと普通のコーラより高くなります。

次にコカ・コーラゼロはというと、1杯あたりカフェインが6㎎くらいコカ・コーラゼロフリーに至っては、カフェインは含まれていません。

しかしカフェインがゼロだからと言って身体に良いかといえば、そうではなくこういった飲み物には大量の人工甘味料が含まれており、過度に摂取すると、肥満や糖尿病になるリスクが増大しますので、取りすぎには注意しましょう。

妊婦がカフェインを控えなければならない理由

冒頭にも書きましたが、よく産婦人科にいくと医師から、妊娠中はカフェインを控えるようにと、注意されるようですが、その理由を書いていこうと思います。

妊娠すると胎児の成長のために、3つの栄養素を普段よりも多く散る必要があります。

1つ目がカルシウムでこれは胎児の骨をつくります。

2つ目は鉄分で、これは胎児の血液を作っていく作用があるといわれており、妊婦さんは特に貧血になりやすいと言われています。

最後は葉酸でこれは胎児の神経系を作っていきます。

妊婦がカフェインを取りすぎると、カフェインが鉄分の吸収を妨害し、されに尿中にカルシウムを排出する作用があるため、胎児の成長に悪影響が出ます。

さらに分解し切れなかったカフェインが胎児の身体に残り、流産や早産、発達障碍児あどn様々な影響がでます。

一般的に妊婦さんの場合は1日300mg、コーヒーにして2杯分以上のカフェインは控えるようにしてください、

まとめ

ここまでカフェインんの作用と副作用、コーラの身体に及ぼす影響、妊婦がカフェインを控えなければならない理由を書いてきましたがいかがだったでしょうか?

カフェインは過度に摂らなければけ決して悪い物質ではなく、むしろ身体に良い作用があります。

大事なのは自分がどれ位のカフェインを摂っているかを知り、身体に影響が出ない範囲内で生活していくことであろうかと思います。

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ