電気代の節約には何が効果的?節電しても快適に

電気代って、生活していれば必ずかかってきますよね。

電気代を使わない生活の方が難しいと思います。節約も出来ればしなければなりませんよね。

でも、節約ってケチケチしすぎるとストレスが溜まるので、快適や快適性などもあわせて重要視したいです。

毎日使う電気だからこそ効果的に節約できたら…と思いませんか?

そりゃあ、電気代が効果的に節約できたら嬉しいけど、節電しても快適に暮らしたい…そう願う気持ちもありますよね。

地球温暖化の問題もあるし、できるなら効果的に節電して節約につながれば最高♪しかも快適に!

と思っているあなたに、今回は電気代を効果的に節約し、快適に過ごしながら電気代を節電する方法を調べてみました。

どうやって効果的に節約・節電するのか?を『電気代の節約には何が効果的?節電しても快適に』についても詳しく説明していこうと思っています。

【スポンサードリンク】

夏の効果的な節電方法その1

暑い夏、ついついエアコンのスイッチをぽちっ…っとしちゃいますよね。

でも、今年はすだれよしずといった日本で古くから使われている暑さ対策クッズを使ってみませんか?

実はこのすだれ、使うのと使わないのとではなんと、2~3度の違いが出てくるといいます。
窓に設置するだけで電気代の節約になっちゃうなんてすごいですよね。

ただし、設置するのは屋外で。

太陽に当たって暑くなったすだれの熱を室内にためないためです。
また、よしずは紫外線対策にもなるので、一石二鳥ですね。

また、エアコンを使う場合は、温度を28℃に設定し、扇風機を回すと涼しく感じられ、節電しながら快適に過ごせます。

エアコンの風向きを水平にして、部屋全体に涼しい空気を送るといいうこともぽいんとですね。

夏の効果的な節電方法その2

その2は打ち水です。
打ち水には、打ち水をすることで水の蒸気が地面や大気の熱によって発生し、熱を奪って地面や空気を冷やす効果があります。

ただし、打ち水は、午前中のまだ比較的涼しい時間や、太陽が傾きかけた夕方に行ってください。
昼間の日差しが強い時間帯では、すぐに水が蒸発して、打ち水の効果より、湿度による不快感があがってしまう可能性があります。

暑い日中に植物に水やりをしてはいけないと言いますよね。

冬の効果的な節電方法その1

冬に効果的な節電方法といえば、暖房器具を目的に合わせた使い方をすることでずいぶん節約につながります。

広い部屋を全体的に暖めたいならエアコンを。

そんなに広くない部屋を全体に暖めたいならオイルヒーターやファンヒーターなどを。
部分的に暖めるなら電気毛布やホットカーペットなど。

といったようにどれだけの場所を暖めたいかによって使い分けると無駄な電気を使わずに節電できます。

【スポンサードリンク】

冬の節電その2

窓に断熱シートを張り、外気をシャットアウトします。

また、暖房をするときにカーテンやブラインドを閉めることも忘れずに。

冬の寒い時期、窓の近くに立っただけで冷たい空気が伝わってくるのを感じたことはありませんか?

節約、節電にはやはり窓への対策は欠かせませんね。
また、すき間テープなどを使ってすき間風を防ぐこともお忘れなく。

冬の節電その3

就寝前に湯たんぽを入れておくと寝るとき、優しい暖かさでぐっすり眠れます。

最近は湯たんぽも見直されてきて、可愛い湯たんぽや、レンジでチンして使う便利なものもたくさんありますよね。

そして、重ね着
上から重ねるのはもちろん、ヒートテックなど薄手だけど暖かい衣類がデザイン豊富に売られています。

効果的な節電方法

古い家電を買い換える。

やはり、いろいろな家電メーカーがどれだけ省エネか…というところを競争していますので、
もう、購入してから何年も経っている家電は一度検討してみてもいいかもしれませんね。

また、食べ物でも、夏には体を冷やしてくれる食材、冬には体がポカポカ温まる食物をとることも快適に暮らせるポイントですね。

最後に

いろいろな節電方法をご紹介しましたが、知っているだけでは節電になりません。

ぜひ、実行してみてくださいね。

この記事があなたの快適な生活に役立ちますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ