DMMスマホのMNPのプラン変更のデメリットと注意点

最近の格安スマホって本当に安いですよね。

特にDMMスマホのMNPプラン変更って、とても安いですよね。

機種変更したらデメリットなどあるのでしょうか?

DMMスマホについて、MNPプランについて、もっと知りたいですよね。

変更によるデメリットも知りたいです。

他社のキャリアと何が違うのでしょうか?

DMMスマホもっと詳しく知ってMNPプランや変更方法や一番のデメリットも知りたいと思います。

他のキャリアからDMMスマホにMNPプラン変更したら、どんなメリット・ デメリットがあるか本当に知りたいものです。

そこで今回は『DMMスマホのMNP際のプラン変更のデメリットと注意点』と題して、大公開してみたいと思います。

【スポンサードリンク】

DMMスマホのMNPのプラン変更

格安スマホは安いですが、MNPはどうかというと他社とあまり変わらないと見て良いですが、MNPだけでなく料金体系も他社とあまり変わらないといえ、格安スマホ各社は料金やMNPだけで差別化をするのではなく、サービスで差別化しているといえます。

特に金額的には変わりはないですが、業界最安といわれる1G高速通信プランを660円からということを公表しています。

そしてDMMは、バースト機能というものがあり、これは低速の状態で一定の通信量を高速で行うことになりユーザーががあまり気にしないで使用できることで、不自由なく使えるというものです。

MNPプラン変更でメリットになるのは、家族でシェアプランを使うことだといえるでしょう。

各キャリアではシェアプランは、ありますが格安スマホ業界では、容量の大きいシェアプランは、なかなか見つからないものですから、DMMのシェアプランはとても、おすすめでしょう。

【スポンサードリンク】

デメリットと注意点

デメリットは、使える端末であるスマホが限られているということになり最近の格安スマホは、各社のスマホが使えるの対して、DMMはドコモ端末のスマートフォンと、SIMフリーの端末ということになっていますので、中古でスマホ端末を購入するときは、このドコモ端末を購入するしかありません。

しかし、ドコモ以外のキャリアからもSIMフリー端末が発売されてきているので、この使えるスマホ端末が限られるというデメリットは、なくなってくると言えます。

そして最大のデメリットは、次世代スマホが使えないということがあげられて、なぜなら、次世代のスマホは、キャリア各社が競ってスマホ端末を出すのに対して、格安SIM各社は、いかに安くするかをターゲットとしているので、次世代の端末に格安SIMが対応していないということが起こり、高額で高速な回線をターゲットにしていないと言えます。

シェアプランがとても優れているプランですが、シェアする家族がいなければ意味がないので、これもデメリットと言えるでしょうし、あまりデメリットでないかもしれませんが、サポートが少ないということがあります。

これはドコモなどキャリア各社は端末が壊れたら店舗に持参すれば修理できるのに対してDMMモバイルなどは、ネットでの販売がメインのため、店舗に持参ということができないので、自分の自己責任になります。

やはりDMMだけでなく格安SIMや格安スマホは、自己スキルが問われますので、リテラシーが低いと常にスマホの勉強が必要と言えますからスマホがあまり好きでない人にはデメリットだと言えます。

まとめ

とても魅力的なDMMスマホとても勉強になりました。

DMMまだまだ知りたいことが山ほどありますので、また新しい情報が入り次第、大公開してみたいと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ