ウェディングドレスのレンタルの相場って?

衣装のレンタル料の相場は20万円以上のカップルが全体の60%!
妥協しないウエディングドレス選びをしたい!!

ウェディングドレスは一生に一度、大切なセレモニーで着るものであり、新たな出発の衣装です。

ウェディングドレスには特別な想いをはせる女性も多いはず。

ウェディングドレスにカラードレスと和装をレンタルされる事でしょう。

普段のおしゃれには登場しない特別な衣装だからこそ、たくさんあるレンタルの衣装の中から花嫁は時間をかけて選ぶのでしょうね。
となると、予算として平均相場としてどのくらいになるのでしょうか。

いずれにしても、女性はウェディングドレス、男性はタキシードのレンタルを選ぶ時に時間が結構かかりますし、また予算もかかり平均相場を知りたいですね。

また、女性はお色直しの回数によっては、和装やカラードレスも必要です。

カラードレスと和装のレンタルを選ぶのにも時間がということです。
それにカラードレスと和装の平均相場も気になるところですね。

ではまずは、カラードレスと和装の『ウェディングドレスのレンタルの相場って?』から覗いてみましょう!

【スポンサードリンク】

カラードレスと和装の平均相場は?

カラードレスまたは、和装にするかはお色直しの時に悩むポイントですね。

予算的に和装の方が金額がかかる
和装はお色直しの時間がかかる
ドレスは着る機会がこの日のみ

などの理由から、カラードレスにされる方が半分以上のようです。

予算は様々で、式場によってはパック料金に入っている場合もあります。
ただ、パック料金の場合は、選べる衣装が限定されており、結局は予算をプラスして衣装選ぶケースも少なくないようです。
一生に一度の晴れ舞台、妥協点が難しいところですね。

ちなみに、白無垢は10万円から35万円色打ち掛けは10万円~60万円と少し高めのものもあります。

女性の衣装にあわせ、男性の袴などのレンタルもされることから、お値段的にはセット割などもありますので、実際には結婚式場によっても異なります。

どうしても持ち込みしたい衣装の場合、それが可能かどうかということもあります。

またカラードレスを見てみると、その金額はさらに様々で、3万円~20万円以上するものもあります。

これも、もちろん結婚式場によりますし、プランによって価格もかわります

いずれにしても、世間の相場を知った上で、下見をする方がいいでしょう。

【スポンサードリンク】

ウェデイングドレスの平均予算は…?

金額的には

  1. 20万円以上25万円未満(27%)

  2. 30万円以上 (18%)

  3. 25万円以上30万円未満 (15%)

  4. 15万円以上20万円未満 (14%)

  5. 10万円以上15万円未満 (13%)

のような数字がでています。

これでいくと、挙式全体にしめるレンタル料の割合は高く、レンタル料が20万円以上のカップルは全体の60%にもなります。

お気に入りのドレスを着るために、ドレスショップや自分のドレスを持ち込みする場合、結婚式場によっては持ち込み料が必要なこともありますので注意が必要です。

平均の予算はしっかり頭にいれたうえで、結婚式場の選択や、衣装の選択をしていくことをお勧めします。

◆まとめてみると…

昔のような華やかな結婚式が少なくなって、ふたりだけの挙式や二次会披露宴のような気軽なお披露目会など、用途や予算によって、様々なプランややり方がある今、たくさんの情報を集約し、選択することが大変な作業かもしれません

色々と迷う要素はありますので、なるべく早めに計画をして準備をするのがいいでしょう。

そして、特に衣装を決めるにあたっては「何度も試着してみる」ことを強くお勧めします。

見ているのと、着てみるのは全く別物です。

お二人の出発の大切なセレモニーの準備に、お二人でしっかりと話合い、時間をかけて出発の準備をしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ