動物愛護週間コンクールのポスターにみる入賞作品の共通点!

動物愛護週間のポスターというのは毎年、気になりますよね。コンクールの入賞作品は、どうやって決まっているのでしょうか。
動物愛護週間のコンクールというのは、どういった審査をしているのでしょうか。

ポスターなど、何かコンクールの入賞作品には共通点はあるのでしょうか。動物愛護週間のポスターは、どうすれば入賞作品に選ばれるのでしょうか。動物愛護週間ポスターのコンクールとても気になりますよね。

そこで今回は動物愛護週間のポスターを入賞作品とするために、
『★動物愛護週間コンクールのポスターにみる入賞作品の共通点!』と題して、コンクールでの入賞作品の共通点を大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

動物愛護週間とは

動物愛護週間というのは、国民に広く動物の愛護と適正な飼育についての理解と関心を深めるために環境省自然環境局が行っているものです。

この週間の主な行事は、動物愛護週間ポスターのコンクールと、動物愛護管理功労者表彰です。

動物愛護管理功労者表彰は、主に動物の愛護と適正な管理の推進に顕著な功績のあった人に対して、その功績を讃えるために表彰を行っているものです。

そして、もう一つの表彰が、動物愛護週間ポスターの表彰です。

毎年、動物愛護週間ポスターを作製して最優秀作品には、環境大臣賞が贈られることになっています。

動物愛護週間のコンクールのポスターとは?

このコンクールのポスターは、動物の命を預かるという責任と、社会に対する責任についての啓蒙活動としてのコンクールでもあります。

動物は人間の社会を豊かにしてくれる、とてもかけがえのない存在であることを啓蒙するために行われているといえるでしょう。しかし一部の飼い主は、物の遺棄や虐待などをしています。

不適切な飼い方により人間に危害を与えたり、人の迷惑になったりすることもあります。

そこでこのような不適切な動物の飼い方に警鐘を鳴らすために、このコンクールは行われているといえるでしょう。

動物愛護週間のコンクールポスターは・・・

このコンクールに応募したポスターは返却されません。

返却されないので、もう送ったら所有できないと思ったほうが良いといえます。

ポスターは542×382の画用紙を使います。

この紙に書いたものを、動物愛護協会に郵送で送ります。

送るときは、紙が折れたりしないように送ります。

できるだけ、曲がらないように送りましょう。

過去の作品を見ても、このコンクールは絵の良し悪しではなくテーマが命と言えます。

一枚でも多く入賞されれば、動物愛護の一助になることは間違いないでしょう。

最優秀賞は、図書カード10万円ぶんが貰えます。
優秀賞も3万円ぶんの図書カードです。
ぜひ入賞を目指してがんばりましょう。

【スポンサードリンク】

ポスターの入賞作品の共通点

毎年、作品のテーマは変わっていますが共通して動物愛護週間のポスターなので動物愛護がテーマの作品が入賞します。

保健所の動物をテーマにした殺傷処分など深いテーマが多いと言えます。

あとは、動物と人間の共存や、どうすれば動物と人間が仲良く生きられる社会になるかといったテーマの先品が多いと言えます。

最近は避難訓練と動物など震災後の影響を受けた作品なども増えています。
そして盲導犬など、道路交通をテーマにした作品も多く見受けされます。
あとは、動物も同じ命ということがテーマといえるようです。

動物は家族の一員など、やはり動物愛護週間のポスターの共通点は人間と動物の共存といえます。

まとめ

動物愛護週間というのは、本当に必要なことだったんですね。

私も、入賞を目指して動物愛護週間のポスターを描いてみたいと思いました。

入賞できるようにがんばりたいと思います。

それではまた、ありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ