軟骨ピアスの開け方!痛くないピアッサー使い方をご紹介!

軟骨ピアスの開け方って決まっているのでしょうか?

痛くないのでしょうかね。

ピアッサーってどう使うのでしょうか知りたいところです。

軟骨ピアスって開け方の場所があるみたいだし、痛くない場所とかあるのでしょうか?

ピアッサーも高額のものあれば、安いのもありますよね。

軟骨ピアスの開け方の場所とかってどうなっているのでしょうか?

ピアッサーの使い方と痛くない場所を知りたいものです。

軟骨ピアスとても気になりますよね。

開け方と痛くないピアッサーの使い方を知りたいものです。

そこで今回は『軟骨ピアスの開け方!痛くないピアッサー使い方をご紹介!』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

軟骨ピアスの開け方

普通のピアスの開け方と違うのかというと、そんなに変わらないです。

大切なのは、開け方でなく開けた後のセルフケアのほうになります。

まず位置の確認です。

とにかく最初にはじめるのであれば、ピアスは耳たぶからはじめましょう。

そして、耳たぶの位置も先に決めておきましょう。

まずヘリックスになり、へリックスは、耳の外側である軟骨の耳輪である位置になり、この場所は一番有名な箇所なので、ここに穴を開ける人も多いので、かなりポピュラーな場所でもあります。

次にポピュラーな箇所としては、トラガスと言われる箇所で、トラガスは、耳穴に被さっている三角形の出ている場所になり、かなりファッションで使われる箇所で男女誰でも使われる箇所になります。

【スポンサードリンク】

痛くないピアッサー使い方

まず痛くないピアッサーを決めることになるので、とにかく買うところから始まります。

ピアッサーはドン・キホーテや、雑貨屋さんで購入することができ、価格は1200~1500円ぐらいで購入できます。

ピアッサーにも種類があり、チェクするのは次の3箇所、金属の素材、大きさ、色で見ると良く、サイズに関しては、普通のタイプで15Gで、少し太いのが14Gになるますが、最終的に、何か分からないことがあれば店員さんに聞いてから購入を検討してみましょう。

ピアッサーだけでなく、消毒液はマキロンは使わないように、消毒液も同時に購入しましょう。

ピアッサーの使い方は、まず耳たぶを保冷剤を使って10分ぐらい冷やします。

保冷材は直接、肌にあてるのではなくて、タオルなどに包んでから、耳たぶを冷やします。

これが、痛くない方法ですけれども、冷やして効果ない人にはあまり、意味のない方法でもあります。

冷やしたら、つぎは消毒になりますがピアッサーは消毒されているので、手だけになります。

手を洗ってから消毒ジェルを使って指先に塗りこんで消毒しましょう。

その次に穴をあける位置を確認しますが、自分で見ていると左右が分からないことがあるので、他の人から見てもらうのが良いでしょう。

そして決めた位置にマジックで印をつけて穴をあけますが、この印をつけないで、穴をあけると左右の耳の穴の位置が変わってまう可能性があるので必ずマジックで位置に印をつけましょう。

そしてピアッサーで穴をあけますが、テーブルに肘をついて、固定させてマジックで印をつけた箇所に穴をあけます。

まとめ

ピアッサーの使い方なかなか簡単に使えるようですね。

消毒液もマキロンを使わないということがよく分かりました。

意外とピアッサーが身近なもので、雑貨店で購入できるとこに驚きました。

こんなに簡単に買えるなら明日からでも、すぐできそうです。
これで簡単に自分でピアッサーで穴をあけることができそうです。
どうもありがとうございました。

またなにかピアッサーの最新情報が入り次第、大公開していこうと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ