★エレベーターでのマナーについて。降りるときに気をつける事は?

【スポンサードリンク】

エレベーターは多くの人が日常的に利用していますよね。

しかし、その利用マナーについてはあまり意識していないという人もいらっしゃるでしょう。

エレベーターのマナーとはどのようなことに気をつけなければいけないのでしょうか?

降りるとき、乗るときなどもマナーがあると思いますが、降りるとき、乗るときにどんなことに気をつけなければいけないのでしょうか?

そんな気になるエレベーターのマナーや降りるときの注意点についてクローズアップ!

今回は『エレベーターでのマナーについて。降りるときに気をつける事は?』についてご紹介します。

エレベーターの待ち方

エレベーターの到着を待つときには、扉の脇に立ちます。

扉の前に立つとエレベーターから降りる人の邪魔になるため、スムーズに乗り降りができるようにするための配慮をしましょう。

そして、扉の正面に立つのはNGです。

内部にいる人からすると開いた瞬間、誰かの顔がドアップになる状況は少々恐ろしくドキリとします。

降りる人が優先

エレベーターの優先順位は、降りる人が優先です。

乗っている人が降りたら、その後に来客者、目上の方が乗ります。

オフィス以外では高齢者や子供、乳幼児連れ、女性の順番となります。

満員のときは諦める?

満員のエレベーターでも、途中の階で呼び出しボタンが押されていれば止まりますが、降りる人がおらず、乗るスペースがないようなら諦めて次を待つようにしましょう。

ドアが閉まっている途中で上または下のボタンを押すと、開いてしまいますので、次を待つ際には、見送るエレベーターのドアが完全に閉まって、動き始めたのを確認してからボタンを押しましょう。

エレベーターに乗るときのマナー

エレベーターに乗る順番は、自分が先に乗るようにします。

まず自分が先に乗って、「開」のボタンを押しながら扉を押さえ、後から乗ってもらいましょう。

ただし、すでに人が乗っていた場合はエレベーターホール側のボタンを押し、来客者に先に乗ってもらい、自分は最後に乗り込みましょう。

ちなみに、先にエレベーターに乗り込む際、さりげなく「お先に失礼いたします」と一声かけるようにすると、エレベーターに乗る順番のマナーとして、来客者も乗る順番を認識できるため、よりスマートです。

【スポンサードリンク】

エレベーターを降りるときのマナー

降りるときの順番は「来客者が先」です。

エレベーターに乗るときと同様に「開」を押しながら反対の手で扉を押さえ、来客者に先に降りてもらい、目的の階に着いたら、来客者が戸惑わないよう「どうぞ」と声をかけ、「こちらでございます」と進行方向を告げます。

また、同乗していた方が「開」ボタンを押してくれた場合にもお礼を言うのがマナーです。

同じ会社で働く同僚などであれば「お先です」や訪問先の企業の社員や目上の方が押してくれば場合には「ありがとうございます」など一言お礼を言うようにしましょう。

エレベーターにも上座、下座がある?

お座敷や会議室、自動車等と同様、エレベーターにも上座、下座があります。

エレベーターに乗り込むときには、外からドアに向かって左奥が上座になります。

下座は流動的で、操作パネルが一つだけあればその前が下座です。

操作パネルが二つある場合「右上位」の法則に倣って、エレベーターの中から見て左側の操作パネルの前が下座となります。

見送りはエレベーターホールまで?

お客さんの用事が済んで帰る際の見送りは、エレベーターホールまでとなっています。

雑談はエレベーターが来たら切り上げ、エレベーターが到着したらドアを開け、お客さんが乗ったら頭を下げてドアが閉まるまで待つのが一般的です。

他の階の利用者のことも考え、訪問側はエレベーターが到着したら速やかに乗り込み、あいさつをしたらすぐにドアを閉めるようにしましょう。

まとめ

今回はエレベーターのマナーや降りるときの注意点についてご紹介しました。

エレベーターは会社の他、マンションなど日常的に使いますよね。

【スポンサードリンク】

ぜひマナーを覚えておきましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年8月20日

カテゴリー:日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ