★ETCの領収書をもらうには?レンタカーでも領収書は発行出来る?

【スポンサードリンク】

高速でETC搭載していると、レーンを通過するだけなのでその場で料金を払う必要がないので便利なシステムですよね。

しかし、便利なETCですが、領収書がほしい場合、どのように発行したらよいのかご存知ですか?

会社員の場合、領収書を確保することで後日、自分が立て替えた料金を会社に請求できますし、個人事業主なら経費として計上することができる領収書。

高速料金をETCで払う場合、どのように領収書を発行し、回収できるのでしょうか?

また、レンタカーを借りた場合、レンタカーでのETCの領収書はどうしたらよいのでしょうか?

そんな気になるETCの領収書をもらう方法やレンタカーでの領収書発行についてクローズアップ!

今回は『ETCの領収書をもらうには?レンタカーでも領収書は発行出来る?』についてご紹介します。

ETCとは?

ETCとは、料金所ゲートに設置したアンテナと、車両に装着した車載器との間で無線通信を用いて自動的に料金の支払いを行い、料金所をノンストップで通行することができるシステムです。

料金を支払う仕組みは、車載器と料金所アンテナとの無線通信で、料金の支払いを自動的に行う仕組みとなっています。

ETCは、料金所のアンテナとクルマに装着した「車載器」との間で、通行料金に関する情報などを無線で交信し、支払いを自動的に行うため、料金所ではクルマを停めずにスムーズに通過できます。

ETCは全国共通のシステムで運用されるため、1枚の「ETCカード」と1台の「車載器」でご利用できます。

ETCの領収書を受け取る方法

  • その場で受け取る方法

    高速道路を利用したその日にETCの領収書が欲しい場合は、一般レーン、また一般/ETCレーンの料金所を利用しましょう。

    高速道路に入る際、入り口から通常のETCゲートで通過し、高速を降りる際に、一般レーンまた一般/ETCレーンで出ます。

    一般/ETCレーンの料金所でETCカードを手渡し、「領収書の発行をお願いします」と伝えます。

    すると、係員がETCカードを専用の機械に通し今回、利用した高速道路の領収書を作成してくれます。

    あとは領収書を受け取れば完了です。

    ただ、首都高のように出口に料金所がないところの場合、利用不可能です。

  • 自宅や職場などでインターネットを利用して入手する方法

    ETCを利用してから、「ETC利用照会サービス」というwebサイトより、利用証明書のダウンロードが可能です。

    このサービスに事前に登録しておけば、当日だけでなく過去にさかのぼって利用履歴を確認・印刷でき、わざわざ料金所やSA/PAと言った場所に行かなくとも自宅で発行できます。

    登録には、「ETCカード番号」、「ETCカードの利用年月日」、「車載器管理番号」、「車両番号(ナンバーの下4桁)」などが必要です。

  • 【スポンサードリンク】
  • 高速道路上のサービスエリア・パーキングエリアで入手する方法

    高速道路上での一部のサービスエリアやパーキングエリア、ガソリンスタンドで、ETC利用履歴発行プリンターから利用証明書を入手することが可能です。

    ETC利用履歴発行プリンターとは、ETCカードに記録されている利用履歴を読み取り、ETC利用明細書を印刷することが出来る機械です。

    早ければ数秒でETCの領収書が発行されますので、誰でも簡単に操作できます。

    発行できる領収書は入口料金所、出口料金所で確定した金額のみで、出口通過前の利用明細は印刷されません。

    また、全国のオートバックスでもETC利用履歴発行プリンターを利用出来る店舗がありますので、詳しくは設置場所の確認を行っておきましょう。

利用証明書でも大丈夫?

高速道路で発行される領収書は、領収書として発行されません。

実は領収書ではなく「利用証明書」として発行されます。

これは、高速道路を運営する会社とあなたとの間に金銭的やり取りが発生していないからです。

そのため、高速道路の利用料金や利用した月日を証明するために、利用証明書として発行されます。

利用証明書もれっきとした金銭・利用日を証明する書類のため、領収書と同じ効力があります。

レンタカーでETCの領収書は発行可能?

レンタカーでも、領収書の回収方法は同じとなります。

・入口はETCレーン、出口は一般レーンまたは一般/ETCレーンで領収書を発行する
・SA/PA、または自動車用品店ほかのETC利用履歴発行プリンターで発行する
・ETC利用紹介サービスで発行する

これらの方法で領収書発行が可能です。

まとめ

今回は、ETCの領収書をもらう方法やレンタカーでの領収書発行についてご紹介しました。

以前は、高速道路出口のみで入手できましたが、今はWEBサービスの他、SA/PA、自動車用品店ほかで気軽に発行が可能です。

【スポンサードリンク】

ぜひETCの領収書が必要な方、ご紹介した方法で領収書の回収を行ってみましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年7月24日

カテゴリー:

サブコンテンツ

このページの先頭へ