幼児の平均視力はいくら?回復する方法はある?

人間の視力、特に幼児の平均視力というのは、どのくらいなのでしょうか?

平均的に幼児期の視力回復は可能なのでしょうか?

そもそも、平均的に幼児は視力が回復しないような気がしますよね。

幼児期の平均的な視力回復を知りたいところです。

そこで今回は幼児期の平均的な視力回復について『幼児の平均視力はいくら?回復する方法はある?』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

幼児の平均視力はいくら?

幼児の平均視力は、生後3か月で視力が0.01になり、新生児は、ほぼ視力が無い状態で、生後6か月で0.02になり、8か月で0.1になって1歳で0.4になり3歳で0.7~0.9、5歳で1.0~1.2、6歳で1.2程度と言われているので、5歳でほぼ平均1,0以上の視力があるといえます。

この平均視力の発表から年々、弱視の子が増えていると言われていて、弱視とは、眼鏡を使用していても0.3以下ということです。

弱視の子が増えている原因は、日常の証明が明るくなったことや、テレビの見すぎ、睡眠時間の減少が原因と言われています。

視力の計測は一歳で0.3ぐらいから6歳で1.0になるため、3歳児検診での計測がまず間違いないなく調べることが可能で、色の判断もこの3歳児が一番分かりやすいと言えます。

この3歳を期に、弱視や両眼でモノをハッキリ見ているか比較することができるのも、この頃なので目の病気の判断は3歳で分かると言えます。

両眼でハッキリモノを見ることができるのも、この3歳児と言われていて、平均視力は、平均視力0.7~0.9なので、3歳児検診での視力を測って平均視力と比較すると分かりやすいと言えます。

【スポンサードリンク】

回復する方法はある?

幼児期の視力回復を行うには、視力を低下することをしないことで、そのようなモノを与えないことになります。

平均的に幼児でも視力回復する方法は、とにかく視力低下することをしないことで、視力低下する原因としては、ケータイゲーム機やスマートフォンなどです。

特にテレビやゲームなどの液晶画面を近くで見続けるのは、目の疲労と視力低下の原因ですので、視力を回復させるには、やはりパソコンやケータイを幼児に触らせないことで予防と回復を、行うことができます。

予防だけでなく、視力回復法はいろいろあります。

蒸しタオルを、瞼の上に置き5分ほど、乗せておくだけという方法や、両手の熱で瞼を温める方法などです。

よく行われる視力回復法には、まばたき回復法というものがあります。

これは、30秒程度、目を開けたり閉じたりを繰り返すことで、眼輪筋を鍛えるトレーニング方法です。

これは、1~5まで数字を数えながら、カウントしたと同時に目をギュと閉じる方法になります。目だけでなく、顔全体を閉じる気持ちで行うと効果的で、5を数えたときにとくにギュと目を閉じると効果的です。

毛様体筋をトレーニングするのも効果的です。

これは、遠くと近くを交互に見ることで、目の筋肉を鍛える方法です。
遠くの一点を、ずーと見ているだけでも効果があります。
簡単なやり方は、親指の爪を近くで凝視して、だんだん親指を遠くにもっていきながら目も、親指の爪と同時に遠くに凝視するというものです。
時間にして3分程度、一回3秒で親指を遠くにもっていったり、近くにもってきたりを繰り返します。

これだけで効果的な視力回復トレーニングになります。

まとめ

幼児でも、視力が低下するとは、とても驚きです。

やはりゲームやケータイが視力の低下を起こしているんですね。

テレビもやっぱり視力の低下になるんですね。

これからは、幼児の手の届かない場所にケータイゲーム機などを置くようにして、幼児に触らせないようにしようと思います。
またなにか幼児の視力低下の原因について分かり次第、公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ