免許更新の視力検査でコンタクトしていてもいいの?パスするためにしていいこと。

免許更新での視力検査というのはコンタクトレンズを使って受けても良いのでしょうか?

コンタクトレンズで視力検査を免許更新で使って眼鏡使用になるのでしょうか?

免許更新での視力検査でコンタクトの使用で使えるか知りたいところです。

視力検査でのコンタクトレンズの使用について、免許更新でのメガネの使用について知りたいところです。

そこで今回は『免許更新の視力検査でコンタクトしていてもいいの?パスするためにしていいこと』と題して公開いたします。

【スポンサードリンク】

免許更新の視力検査でコンタクトしていてもいいの?

運転免許証での眼鏡等の条件では、厳密に眼鏡だけでなくコンタクトレンズも含まれています。

コンタクトレンズを普段利用しているのであれば当然、眼鏡使用で運転免許の更新はできます。

視力検査の時点でコンタクトレンズを装着と告げてれば大丈夫というだけで、ただ免許の写真がメガネがないので、眼鏡使用かどうか分かり辛いというだけということになります。

また、試験の監査役が発見できなくても、検査中にコンタクトの発見ランプが点灯するようになっているので、以前であればコンタクトレンズの確認ができなかったかもしれませんが、現在の免許更新ではコンタクトレンズを使用しているのに「眼鏡使用をしていない」と言っても、すぐ分かります。

万が一でも眼鏡使用でコンタクトレンズも眼鏡もせずに自動車運転をしていたら、7000円の罰金になるので、必ず目の検査は正確に受けることをお勧めいたします。

もしコンタクトレンズで眼鏡使用と免許書を発行していても、免許の更新後にレーシックなど視力回復をしたときは、途中で再度、目の検査を受ければ良く、視力が回復しかた視力が低下したか心配な場合は、近所の眼鏡屋さんなどで視力を測ってもらえば良いでしょう。

今までコンタクトレンズを使用して眼鏡使用の免許証を発行していたのに、レーシックで視力回復したにも関わらず、免許証を眼鏡使用のままでいると、運転免許証だけに(眼鏡等)の条件がついていながら、視力回復して運転していることになり、条件違反で犯罪になりますのですぐ再度、免許をすぐ更新しましょう。

【スポンサードリンク】

パスするためにしていいこと

免許証の視力検査でパスしなかった場合は、眼鏡を作るように言われますので、その後にコンタクトレンズをつけて検査に行けばよいでしょう。

これで再度、更新に行けば、眼鏡等使用(原付を除く)と免許証に記載されますが、パスするはずです。

普段、コンタクトレンズやメガネを使用していない人でも視力検査の時だけ、メガネやコンタクトを持参して検査を受けるというのでも免許の更新時の視力検査はパスします。

先ほども書きましたが、コンタクトレンズを使用していながら免許更新時に「コンタクトレンズを使用していない」と言っても、コンタクトレンズ使用のブザーが鳴りますので、すぐ分かりますから検査をパスすることは不可能です。

もしも免許の更新でパスしなかったとしても、後日に再度、目の検査をすれば良いのですが、これは有効期限がありますので、有効期限を過ぎてから目の検査をしに行っても、免許失効になる恐れがあるので早めに目の検査はパスしておいたほうが無難です。

コンタクトレンズで視力検査をパスしようと思ったら、早めに行動したほうが良く、あわててメガネやコンタクトレンズを作っても合わないコンタクトでは検査をパスするのは難しくなりますので余裕をもってコンタクトやメガネは作ることが検査をパスするコツです。

まとめ

コンタクトレンズで目の検査ができるとは知りませんでした。

これからは、コンタクトで免許の更新を受けようと思います。

それで何か新しい情報が入り次第また公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ