揚げ物がフライパンにくっつくのを防ぐには油の量と温度が決め手?徹底検証!

油の量って、どのぐらいが温度で、くっつく温度なんでしょうか?

くっつく油の量や温度ってあるのでしょうか?

くっつく温度や油の量があるようであれば知りたいものです。
油の量によって、くっつくことがあったり温度で変わったりするのであれば気をつけないといけませんね。
揚げ物とフライパンについて、もっと知りたいものです。
揚げ物の際、フライパンの底に衣がついてしまう!という失敗経験はありませんか?

揚げ物だけでなく、フライパンにくっついてしまうことはよくあります。
そこで今回は、『揚げ物がフライパンにくっつくのを防ぐには油の量と温度が決め手?徹底検証!』と題して、そんな問題の解消方法や、フライパンで揚げ物をしてる人必見の技をご紹介します!
また、鍋で揚げてる人にとっては、目から鱗な情報もりだくさんです。

【スポンサードリンク】

フライパンで揚げ物をすると片付けも楽チンで便利!

フライパンで揚げ物をするには、フライパンの半分くらいの油を入れればいいので、通常より油の量がかなり少なくて済みます。
片付けも簡単で済むので嬉しいですね。
なにより酸化した油を使いまわさなくて済みますので、体にとってもいいこと尽くしです。
油を無駄に捨てなくていいので、エコでもあります!
ただ油が少ない分、ポイントをおさえてやらないと失敗に繋がるので、ちょっとしたコツをお伝えしていきます。

失敗しない!フライパンでの揚げ方

【油をしっかり熱してから揚げる】
油の温度が上がってない時に、食材を入れてしまうと底に沈んで、衣がついてしまうのです。
温度が高ければ高いほど、食材は沈みませんのでそういった失敗はしなくなります。
【揚げ方】
油が少ない為、いつものように材料をどさどさっと入れてしまうと、油の温度が下がってしまいます。
材料を少しずつ、ゆっくり入れて揚げていくことがコツです。
【衣を付けすぎないこと】
付けすぎて重くなると沈んでしまい、底に焦げ付き、油の質が悪くなってしまう原因にもなるので、軽めに付けましょう。
【火加減】
火加減は弱めにしましょう。
少ない油で揚げるので、加熱時間は長くなります。
最初から強火にしてしまうと、あっという間に油が高温になり、火災の恐れにも繋がります。
温度が上がってからは、中火・弱火の状態で揚げていくのがベストです。

食材別ベストな油の温度

【低温150?160°C】
ピーマンや大葉など、緑色を残したいものは低温です。
お餅やサツマイモなどの、でんぷんを含むものも中まで火を通す為低温でじっくり揚げるのがコツです。
【中温160?170°C】
緑色以外の野菜の天ぷらや、唐揚げなどに適した温度です。
とんかつやかき揚げは170°Cがベストです。
【高温180?190°C】
肉や魚などのたんぱく質は、長時間熱を通してると硬くなってしまうので、高温でさっと揚げるのが美味しく仕上がります。
コロッケなど、中身は加熱済みで表面だけ揚げるものは、190°Cでサクッと揚げるのがいいです。

【スポンサードリンク】

簡単!温度の見分け方

  • ①衣で見極める
    水で溶いた衣を一滴油に垂らし、その変化で温度を見極める方法があります。
    水分を含んでる為、温度による蒸発の具合で変化がわかるので、簡単に温度がわかります。
    【150°C以下】
    水で溶いた衣は水分量があるので、温度が低いうちは下に沈んで浮かんできません。
    【150?160°C】
    底まで沈んだ後、水分が蒸発しゆっくりと浮かんできます。
    【170?180°C】
    すぐに水分が蒸発する為、底までは沈まず、一瞬沈みすぐに浮き上がってきます。
    【180°C以上】
    少しも沈まず、表面で散ります。
  • ②菜箸で見極める
    木の菜箸でも温度を見極めることができます。鍋の底につかない程度に、菜箸を油に入れると、菜箸の水分が蒸発する時に泡が出ます。
    【150°C以下】
    箸の先からポツポツと大きくゆっくり泡が出ます。
    【160?170°C】
    箸の先から細かい泡が出ます。
    【180°C】
    箸全体からワーッと一気に泡が出ます。

まとめ

いかがでしたか?
油の量・温度を基本とし、ちょっとしたコツを抑えれば揚げ物の失敗はしなくなります。
試してみて下さい!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ