★フローリングのカビの黒ずみはどんな取り方がある?予防方法は?

【スポンサードリンク】

フローリングに敷きっぱなしの布団やカーペットをめくるとカビが生えてしまっていたなんて経験ありませんか?

フローリングにできたカビの黒ずみはどのように取ればよいのでしょうか?

正しいカビの黒ずみの取り方を知っていれば安心ですね。

また、フローリングにカビが生えないようにする対策などはどのようにしたらよいのでしょうか?

そんな気になるフローリングのカビの黒ずみの取り方についてクローズアップ!

今回は、『フローリングのカビの黒ずみはどんな取り方がある?予防方法は?』についてご紹介します。

フローリングのカビの原因は?

カビが生える原因は、湿度です。

カビは温度20度、湿度60%になると発生します。

カビは繁殖スピードが早く、どんどん繁殖していくので、あっという間にカビが目立ってしまいます。

湿度が高いところを好むカビは、壁紙の裏、水回り、トイレ、洗面所などに発生しやすいです。

では、なぜフローリングにカビが発生するのでしょうか?

フローリングにカビが生える原因は、敷物と結露です。

  • 敷物

    敷物とは、カーペットや布団のことを指します。

    特に布団は、人間は眠っている間に、200mlもの水分を失います。

    200mlとは、コップ1杯分。

    これだけの水分が布団に吸収されることになります。

    そのため、布団の湿度は汗によって高くなります。

    朝起床して、毎日布団を干したり、片づけたりすると問題はないのですが、布団をそのままにしておくとカビが生える原因になります。

    マットやカーペットも同様です。

    ずっと敷きっぱなしにしておくと湿度がこもり、カビが生える原因になります。

  • 結露

    冬は室内が暖かく、外は冷たく冷え切っている状態のこの温度差が結露を起こす原因となります。

    結露は窓に水滴となって付着し、その水滴がフローリングに落ちるとカビが生える原因になります。

    湿度が高くじめじめとする梅雨の時期はもちろん、冬までカビが生えてしまいます。

    そして、日本の住宅は気密性が高い。気密性が高いことは良いことだが、空気の流れが悪くなるということでもあります。

カビが人体に与える影響は?

  • アレルギー反応

    体内にカビの胞子が入り込むと、免疫機能が過剰に反応を起こして、鼻づまり、鼻水、くしゃみ、せき等を起こします。

    風邪でもないのに、年中鼻水やせき等の症状に悩んでいる方は、カビが室内に生えている可能性を考えた方がよいでしょう。

    カーペットの裏やマットの下などの目に見えないところにカビが生えていることは多く、特に壁紙裏は要注意です。

    鼻詰まりや咳は軽い方ですが、最悪の場合、アレルギー性の喘息を引き起こす可能性があります。

    免疫力が弱い子どもや老人がいる家庭は、カビの発生に気をつける必要があります。

    特に幼児はハイハイで歩き回ったり、フローリングを口に付けたりする機会が多いので、カビを体内に入れる可能性も極めて高いです。

  • がんや食中毒

    空気中を浮遊するカビの胞子は、食べ物にまで付着してしまいます。

    食べ物に付着したカビは、カビ毒という物質を放出します。

    カビ毒は種類が様々あり、現在のところ300種類以上が確認されています。

    その中に、食中毒やがんを引き起こすものもあります。

  • 真菌感染症

    免疫力が弱っているときは体内に侵入したカビを退治できず、カビは体内に残り続け、体内にカビが生えてしまいます。

    この病気のことを、真菌感染症といいます。

    真菌感染症は、脳や肺などに起こる可能性もあります。

フローリングのカビの黒ずみを落とす方法

フローリングに生えたカビは間違えても掃除機で吸おうとしないでください。

下手に掃除機で吸うと、カビを含んだ排気が部屋中に充満することになり、カビの胞子を撒き散らすことになりますので絶対にやめましょう。

フローリングに生えたカビを拭き取るにはアルコールを使うのが一番です。

殺菌作用もあり、フローリングを脱色させにくいメリットがあります。

  • 準備するもの

    ・無水エタノール(アルコール)
    消毒用アルコールでもOKです。
    ・ゴム手袋
    ・綺麗な雑巾
    ・マスク

  • カビの拭き取り取り手順

    1. 窓を開けます。
    2. アルコールと水を8:1の割合で薄めます。
    3. 目立たないところで使用し、脱色が無いか確認。
    4. 雑巾にカビの色が写らなくなるまで拭き取ります。

【スポンサードリンク】

頑固なフローリングのカビの原因

  • ワックスの下にまでカビが浸透している

    カビの発生に気付くのが遅いと(半年以上)ワックスの下にまでカビが根を下ろすことがあります。

    この状態のカビを取るには、ワックスを綺麗にとって再度拭き取る必要がありますが、ワックスを取ってカビを除去しようとしてもキレイにならない場合があります。

  • 床板合板の中にまで浸透している

    ワックスの下に根を下ろすのと同様、表面のフローリングだけでなく板を貼りあわせている板にまでカビが侵入してしまいます。

    表面だけ拭き取っても無駄なので、強力な漂白剤を使うしかありません。

    そうしてしまうと、床まで脱色してしまいますし、カビは死んでも死骸までは取れません。

フローリングにできるカビの予防法は?

フローリングに限らず室内にカビができるのを防ぐために、部屋の換気を良くすることもあります。

空気がこもると室内にカビが発生しやすいので、室内の空気を入れ替えることは、カビの基本的な予防法にもなります。

その他の予防法は以下の予防法があります。

  • 布団を直接しかない

    布団を直接敷くのではなく、布団とフローリングの間に除湿マットを敷くとよいでしょう。

    最も手軽なのは、布団の下にバスタオルを敷くことです。

    これだけでも、効果的なカビ対策となります。

    そして、毎朝気象後には布団を干したり、片づけたりして換気をよくしましょう。

  • マットやカーペットなどの敷物は清潔にする

    マットやカーペットには、汚れがたまりやすく、汚れはカビだけではなく、ダニの餌となります。

    マットやカーペットは定期的に掃除をするのはもちろん、天日干しを行うようにしましょう。

    可能ならば、丸洗いも行いたいところ。

    もし丸洗いできない場合には、防カビ剤をふきかけるとよいでしょう。

    定期的な掃除を行うことによって、カーペットやマット自体にカビが生えるのを防ぐこともできれば、その下のフローリングにカビが生えるのも防ぐことにもなります。

  • 定期的な掃除

    カビの大好物は汚れです。

    汚れがたまっている部屋では、カビが成長しやすいです。

    フローリングの基本的な掃除は雑巾やモップでのからぶきを行いましょう。

  • 結露対策

    結露が発生した朝には必ず、結露を拭くようにしましょう。

    結露は水分なので、フローリングにしみこむとカビを発生させるだけではなく、ひび割れや膨張の原因にもなってしまいます。

    また結露を発生させない方法として、室内を加湿しすぎないという方法もあります。

  • フロアコーティング

    コーティングは材質だけではなく、材質と材質の間の溝にまで及ぶので、汚れがたまりにくいというメリットがあります。

    またコーティングがフローリングを守るので、フローリング自体にカビが生えるということも予防することができます。

まとめ

今回は、フローリングのカビの黒ずみの取り方についてご紹介しました。

フローリングにもカビが生えることがあるんです。

特にフローリングに布団を敷いて寝る方やフローリングにマットやカーペットを敷いている方は要注意です。

【スポンサードリンク】

定期的な掃除・換気を行い、室内に新鮮な空気を取り込み清潔な状態にすることを心がけましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年9月2日

カテゴリー:住宅 掃除

サブコンテンツ

このページの先頭へ