★羽毛布団の洗濯はコインランドリーを活用しよう!クリーニングより安く済む!

冬になると、大活躍の羽毛布団。

干すことはあっても、なかなか洗いたいと思っていても自分で洗濯を行うのは難しいですよね。

クリーニングに出すとお金がかかるし、洗濯機で洗うと失敗しそうですし・・・と悩んでいる方、羽毛布団をコインランドリーで洗濯できるってご存知ですか?

コインランドリーであれば、クリーニングよりお金がかからないので、安心ですよね。

そんな気になる羽毛布団の洗濯はコインランドリー使うとクリーニングより安い点についてクローズアップ!

今回は『羽毛布団の洗濯はコインランドリーを活用しよう!クリーニングより安く済む!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

羽毛布団、毛布の洗う頻度はどれくらいなの?

寝具を取り扱っているお店の人から、羽毛布団は汚れないので洗う必要はない、洗うと傷むから洗わない方がよいと言われた経験はありませんか?

確かに羽毛布団は、羽毛が水を吸うので、脱水時に布団にかなり負担が掛ります。

しかし、羽毛が汚れない、羽毛が傷むことは考え難いです。

実は、羽毛布団はすごく汚れているんです。

毎日、200ml程度、牛乳瓶1本分の汗をかいているんです。

段々と羽毛布団がぺしゃんこになっていくのは、汗・汚れを吸っているからなんです。
そのため、羽毛布団と毛布は最低でもシーズンごとに洗う方がいいんです。

【スポンサードリンク】

羽毛布団が洗えるかどうかをチェック

まずは、ご自宅にある羽毛布団が洗えるかどうか確認します。

洗濯表示で水洗いができるのであれば、コインランドリーでも洗濯できます。

しかし、シルクやウールが使用されている場合は洗濯できません。

また、キルティング加工されてないと中身が寄ってしまう可能性がありますので、キルティング加工されていない布団の洗濯もやめておいた方がよいでしょう。

羽毛布団をコインランドリーで安く洗濯する

羽毛布団をコインランドリーで洗濯するのにかかる料金は、コインランドリーによって誤差はあるかと思いますが、600円程度です。

羽毛布団の重量は、シングルで約1.1〜1.3kg、セミダブルで約1.4〜1.5kg、ダブルで約1.6〜1.7kg、クイーンで約1.9〜2.1kg程度です。

一番小さいドラムは12kgですので、3枚くらい洗うことができます。

乾燥機は、羽毛布団の場合、最低40分、長くて70分程度ですので、400円〜700円程度で済みます。

標準的なクリーニング店で羽毛布団の洗濯をお願いすると20,000円位になり、街の安いクリーニング店でも6,000円くらいして仕上がりまでは2週間程かかってしまいますので、コインランドリーの方が断然安く済みます。

コインランドリーでの洗い方は?

  • 1. 羽毛布団を小さくたたみます。縦に細長く3つ折りにします。
  • 2. コインランドリーに詰めます。同時にカバーを洗濯したいということもあると思いますが、そんな時には、奥と手前に分けて、カバーと布団を入れるとよいでしょう。

    使う洗剤は、おしゃれ着用の中性洗剤がよいでしょう。

    普通の洗濯に使う洗剤は弱アルカリ性なので、羽毛にもともと付着している必要な油分や、ケラチンという羽毛のたんぱく質まで溶かして洗い流してしまいます。すると羽毛が固まったりなどして、ふわっと仕上がらなくなりますので、できれば洗剤自動投入のものではなく、自前の洗剤を入れられる機種がよいでしょう。

  • 3. 乾燥させます。コインランドリーに詰める量の目安は3割です。

    同時に3枚洗濯した場合、乾燥は1枚ずつがよいでしょう。

    そして、ポイントは、中まで完全に乾かすことです。

    裏技として、羽毛布団を乾燥させるときにテニスボールを2個程度入れると乾燥時間の短縮と、羽毛がふっくらしますのでおすすめです。

    羽毛布団が内部までしっかり乾くためには48時間必要ですので、必ず2~3日晴れの日が続く、なるべく気温が高い季節を選んでください。

    コインランドリーで乾かしたあとは、そして家に持ち帰って、できれば丸1日干すとよいでしょう。

まとめ

今回は、コインランドリーで羽毛布団を洗濯する方法についてご紹介しました。

意外と簡単ですよね。

【スポンサードリンク】

ただ、「取り扱い表示で洗濯できるものか確認する」、「おしゃれ着用中性洗剤を使う」、「生乾きを避けるため乾燥をしっかり行う」この3つに気をつけるようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年11月24日

カテゴリー:お金 住宅 健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ