中学生のゲームの平均時間は何時間?休憩はあった方がいいの?

ゲームの平均時間というのは、中学生は平均何時間ぐらいゲームするのでしょうか?

一般的な小学生~中学生は、平均して何時間ぐらいゲームするのでしょう?

そもそも少・中学生がゲームするのは平均的な脳に悪影響を及ぼすものなのでしょうか?

中学生のゲーム時間の平均時間を知りたいところです。

そこで今回は『中学生のゲームの平均時間は何時間?休憩はあった方がいいの?』と題して大公開したいと思います。

一時間以内のゲームと、まったくゲームをしない人の間には差が無かったことから、1時間を越えなければ、ゲームをしていない状態と同じなので、この一時間以内を守ることが良いと考えられます。

ちょうど、一時間を超えた辺りから回答率が落ちるので、何かの関係性があると考えられています。

【スポンサードリンク】

中学生のゲームの平均時間は何時間?

文部科学省2015年の発表によると、中学生のゲームに使用時間は平日で1日1時間以上で毎日の平均時間は小学生で1.53時間、中学生では1.66時間となっている。

そして、ゲームをする時間と学習の効果は、相関関係があることがわかった。

長くゲームで遊んでいる中学生のほうが国語A・Bと算数A・Bと理科の
試験回答率が低下し、ゲーム時間が長くなればなるほど、正答率は低くなることが分かった。

これは「朝食を食べると学習効率が上がる」という結果が出た程度の発表であり、朝食に学習効率が上がる栄養素が含まれているわけではなく、朝食を取れる時間的な余裕と規則正しい生活が学習効率を上げていたという結果でしかない。

朝食を取れる時間をマネージメントしていることにより学習時間もとれるということなので、同じくゲームの時間と試験の正解率は相互関係があるが、ゲーム自体が成績を下げているわけではなく、決して「ゲームをすれば頭が悪くなる」という安直なものではない。

ゲームの長時間の使用が成績を下げているのではなく、平均1日5時間以上ゲームに費やせば、当然、学習の時間が減るので、ゲームプレーの平均時間が長ければ、当然、学習時間が減るから成績が下がるとみて良いでしょう。

【スポンサードリンク】

休憩はあった方がいいの?

だいたい人間の集中力は1時間も持ちませんのでゲームを一時間以上やっても集中してゲームはできないと思って良いでしょう。

デジタルのゲームにしてもアスリートのスポーツにしても同じでプレーヤーが好成績を残すには30分が限度で、サッカーにしても一時間のプレーは不可能といえるでしょう。

ゲームの休憩は一時間に一回と言われていますが、一時間以上モニターを眺め続けると視力が低下されると言われているからです。

最近は、目を酷使しているので30分に一回と短くなっていて、30分ゲームをしたら、30秒ぐらい休む、これを繰り返せば良いと言われています。

ゲームで目を酷使したら、30分で一回30秒の休憩を入れて目を休ませるだけでなく、休憩をしながら目の体操をすると良いでしょう。

目の体操は、遠くにあるものを見る。遠くにある違うものを見る。目をギュ-と閉じる。目をパチパチ開く。眼球を上下左右に動かす。

これだけで、視力低下を抑えることができます。

もしも30分に一回のゲームの休憩が無理だとしたら、50分に一回は休みましょう。

50分を超えてプレーしても体力の限界で良いプレーはできなくなります。

まとめ

ゲームはやはり一時間を超えないほうが良いことが分かりました。

視力の低下も気になりますし、中学生にはゲームだけさせないようにしようと思います。

体力の面からいっても50分に一回は休憩させて健康に気をつけるようにさせたいと思います。

中学生のゲームと成績の関係が分かって助かりました。
どうもありがとうございます。
また何か新しい情報が入ったら公開いたします。

それではまた。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ