★家族葬と密葬の違いとは?家族葬の場合は香典も弔電も辞退すべき?家族葬のマナーが知りたい!

突然の家族が亡くなってしまった時、最近では密葬や家族葬を行う所も多くなっているそうです。

この密葬と家族葬の違い。

みなさんはご存知ですか?

よく誤解されやすいものなのですが、厳密に言うと別物なんです。

では、密葬と家族葬の違いはなんでしょうか。

また、密葬や家族葬の場合、香典や弔電などはどのようなマナーがあり、どのように対応するべきなんでしょうか。

香典や弔電など辞退すべきなんでしょうか。

また、家族以外の場合、香典や弔電を行うべきなのか、双方のマナーも気になりますよね。

そんな気になる密葬と家族葬の違いや、家族葬の場合の香典や弔電などの対応やマナーについてクローズアップ!

今回は『家族葬と密葬の違いとは?家族葬の場合は香典も弔電も辞退すべき?家族葬のマナーが知りたい!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

家族葬とは?

家族葬とは、どういったスタイルなんでしょうか。

家族葬は、身内や親族など、ごく内輪だけで行う小規模の葬儀です。

そもそも家族葬とは最近の言葉で、昔と違い小規模の葬儀の需要が生まれてきたことから生まれた言葉です。社会的な儀礼を中心にした考え方ではなく、故人と家族で別れに重きを置いた儀式なんです。

 

では、家族葬の範囲はどこまでなんでしょう。

「家族のみ(同居)」や、「同居・別居を問わない近親者」、「親族まで」、「故人とごく親しくしていた人々まで」と明確な範囲は決められていませんので、喪主や遺族で決めることができます。

密葬とは?

密葬とは、本葬とセットで営まれます。

まずは家族や身内で葬儀を行い、後日あらためて多くの参列者を呼ぶ、本葬を執り行います。

密葬は有名人や芸能人あるいは会社経営者の社葬など、会葬者が多い場合にとりおこなうことが多いようです。

他には、「密葬とは別に大規模な社葬や偲ぶ会などの本葬が別途行われるような場合」や「年末年始の時期(火葬場がお休みの時)に亡くなった場合に」、「旅先や遠方で亡くなった場合」、「自殺など、死亡理由を公にしたくない場合」などの理由の場合もあります。

【スポンサードリンク】

家族葬のメリットは?

家族葬を選ぶのには、どのような理由があるのでしょう。

メリットとして、忙しなく弔問客の対応をしたりしながらお別れをするがないので、家族のみので故人を偲ぶことができます。

家族葬では事前に弔問をお断りする場合や、一連の葬儀を済ませた後に訃報をお知らせする場合は、弔問客のおもてなしの必要がありません。

家族葬の通知は?

いつ、どこでどのような形で家族葬を行うのかを家族間で通知する場合には電話で連絡します。

ただ、故人とおつきあいがあった方や故人がお世話になった方に対しては、「故人が死亡したこと」、「亡くなった日時」、「家族葬で済ませること」などを伝えます。

そして、必要があれば「香典は辞退したい」といった旨を伝えましょう。

最近では葬儀まですべて済ませたあとで、故人がお世話になった方々に書状でお知らせする事も多くなってきています。
家族以外の人に対しては、いつ・どのようにして知らせるのかは遺族で相談して決めましょう。

家族葬のマナーは?

親族側と弔問客側の2つの視点から見ていきましょう。

  • 【親族側】家族葬を選ぶ時、おもてなしを省くために一切のお香典や供花、弔電などをお断りするケースが多いです。

    この場合、丁重にお断りしなければなりません。

    葬儀のご案内をする際に、「故人の遺志により、ご香典は辞退させていただきます。誠に勝手ながらご香典、ご供花、ご供物の儀は、固くご辞退申し上げます。」等といった言葉を添えてはっきり断るとよいでしょう。

  • 【弔問客側】訃報に葬儀の場所・日時が記載してあっても、弔問・香典のみならず弔電も辞退すると明記してあれば、送らない方が良いでしょう。

    弔電や香典辞退についての表記がなく、葬儀の場所・日時がわかる場合は、基本的には送っても差しさわりないでしょう。

    弔電については、香典や供花と違い返礼品の必要もないため、遺族にとっての負担はほとんどありません。

    どうしても香典を渡したいという気持ちがある場合は、まず遺族に伝えましょう。

    そして、遺族の判断に任せるのが無難です。

まとめ

【スポンサードリンク】

今回は家族葬と密葬の違いやマナーついてご紹介しました。
喪主やご遺族が故人を偲ぶ時間がたっぷりある小さいお葬式スタイルです。

決まりやルールが明確ではないため、判断に迷いますが、一番大切なのは故人や遺族の意志を尊重することが大事です。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年4月17日

カテゴリー:Uncategorized

サブコンテンツ

このページの先頭へ