★銀行ATMお得なのは?銀行ATMの時間別手数料の徹底比較!

【スポンサードリンク】

普段銀行にお金を預けておき、必要な時にATMでお金をおろしますよね。

でも、ATMを使う時、手数料を払っていませんか?

決められた時間外になってしまうと、手数料が発生しますよね。

しかし、この手数料を結構な頻度払うと痛い出費になってしまいます。

実際、銀行ATMの時間別の手数料はどれくらいなんでしょうか?

時間別の比較が表などで比較されていれば分かりやすいですよね。

銀行ATMの時間別の手数料比較についてクローズアップ!

今回は『銀行ATMお得なのは?銀行ATMの時間別手数料の徹底比較!』についてご紹介します。

銀行ATMの時間別比較

  • 三井住友銀行

    ・三井住友銀行本支店ATM

    平日:

    「SMBCポイントパック」で所定の条件を満たしている場合、24時間無料。

    満たしていない場合、8時45分〜18時以外は108円。

    土日祝日:

    「SMBCポイントパック」で所定の条件を満たしている場合、24時間無料。

    満たしていない場合、終日108円。

    ・イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM

    平日:

    「SMBCポイントパック」で所定の条件を満たしている場合、24時間無料(月3回まで)。

    満たしていない場合、8時45分〜18時まで108円、それ以外216円。

    土日:

    「SMBCポイントパック」で所定の条件を満たしている場合、24時間無料(月3回まで)。

    満たしていない場合、終日216円。

  • みずほ銀行

    ・みずほ銀行ATM

    平日:

    0時~8時、216円。

    8時00分~8時45分、108円。

    8時45分〜18時、無料。

    18時~23時、108円。

    23時〜24時、216円。

    土日:

    0時~8時、216円。

    8時~22時、108円。

    22時~24時、ご利用いただけません。

    祝日:

    0時~8時、216円。

    8時~23時、108円。

    23時~24時、216円。

    ・提携金融機関のATM

    平日:

    0時~8時、216円。

    8時~8時45分、108円。

    8時45分~18時、手数料はかかりません。

    18時~23時、108円。

    23時~24時、216円。

    土曜日:

    0時~8時、216円。

    8時~22時、108円。

    22時~24時、ご利用いただけません。

    日曜日:

    0時~8時、ご利用いただけません。

    8時~23時、108円。

    23時~24時、216円。

    祝日:

    0時~8時、216円。

    8時~23時、108円。

    23時~24時、216円。

  • 【スポンサードリンク】
  • 三菱東京UFJ銀行

    ・三菱東京UFJ銀行ATM

    平日:

    8時45分〜21時、無料。

    それ以外、108円。

    土日祝日:

    8時45分〜21時、無料。

    それ以外、108円。

    ・ゆうちょ銀行

    平日:

    8時45分〜18時、108円。

    それ以外、216円。

    土日祝日:

    終日216円。

  • ゆうちょ銀行

    ・ゆうちょ銀行ATM

    ゆうちょATMをご利用になる場合は、曜日・時間帯にかかわらず利用手数料はかかりません。

    ・提携金融機関のATM

    平日:

    8時45分~18時、108円。

    それ以外、216円。

    土曜日:

    9時~14時、108円。

    それ以外、216円。

    日、祝日:

    終日、216円。

手数料が安いのは?

ATM手数料の比較では、ネット銀行に分があります。

メガバンクを使う場合は、平日の8:45〜18:00までぐらいしか手数料無料でお金を下ろせませんが、平日のこの時間は、お金を下ろしにいくのも難しいと思います。

そのため、必然的に休日や夜にお金を下ろすことになって、手数料をどんどん取られてしまいますが、ネット銀行の場合は条件付きではありますが、手数料無料でお金を下ろせます。

条件は、月に3〜5回まで無料というのが多いので、よほど頻繁にお金を下ろさない限りはATM手数料を一切払わず済ますことができます。

仮に手数料がかかってしまっても、メガバンクより手数料が安いネット銀行が多いです。

手数料が安い銀行

ネット銀行とは、実店舗を持たず、インターネット取引を中心に行う銀行です。

住信SBIネット銀行や楽天銀行、新生銀行、ソニー銀行、ジャパンネット銀行などのような銀行があります。

実店舗がないと不便そうに思えるかもしれませんが、ネットやアプリでの取引ツールが充実しているので、スマホやPCが使える人にとってはむしろ便利だと思います。

何より、ネット銀行の手数料は割安です。

大手銀行のように都内の一等地に巨大なビルをいくつも建て、たくさんの従業員を抱えていると運営費が発生します。

その点、家賃・人件費を大幅に抑えた運営が可能なネット銀行は手数料が安く、金利の高い商品を開発したりしています。

まとめ

今回は、銀行ATMの時間別の手数料比較についてご紹介しました。

ATM手数料が安いほど、自分の預けているお金が目減りすることがなくなりますので、ATM手数料は安ければ安いほどいいですよね。

【スポンサードリンク】

なるべく手数料がかからないところを選ぶようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年5月8日

カテゴリー:お金

サブコンテンツ

このページの先頭へ