★五月病とは?原因と症状、対策は?なりやすいのはこんな人!うつ病との違いはここ!

四月から新社会人、もしくは新しい学校、転職など環境が変わったという方も多いでしょう。

そして、五月に入ると大型連休のゴールデンウィークがやってきます。

そして、ゴールデンウィーク明けから、なんとなく気分が落ち込んだり、疲れやすかったり、眠れなかったりといったいわゆる「五月病」の症状に悩まされたことはありませんか?

この五月病はどのような原因で引き起こしてしまうのでしょうか。

五月病の原因が分かれば、対策もできるのでしょうか。
五月病の原因や対策方法は?

また、五月病の症状とはどのようなものなんでしょうか。

そして、五月病になりやすい人、なりにくい人といるのでしょうか。

なりやすい人の特徴はどのようなものでしょう。

ここで気になるのが、五月病と似たような症状のうつ病。

 

うつ病もやる気が起きなくなるという症状があると言われています。

このうつ病と五月病は一体どのような違いがあり、どのような点で違いを見分けることができるのでしょうか。

そんな気になる五月病の原因や症状、五月病にならない対策や五月病になりやすい人、そしてうつ病との違いについてクローズアップ!

今回は『五月病とは?原因と症状、対策は?なりやすいのはこんな人!うつ病との違いはここ!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

五月病とは何?

五月病とは、四月の新年度になり、入社や人事異動、入学などに新しい環境に身を置くようになった人が、五月頃になると「やる気が出ない」「動きたくない」「出社するのがつらい」といったような気持ちになってしまうことです。

新しい環境に対する理想と現実との違いや、慣れない環境に身を置いていることからくる疲労・ストレスが蓄積し、五月病の症状が表れてきます。

一過性のものと考えられていますが、悪化すると他の病気を誘発することもあるようです。

五月病はどのような症状がでる?

五月病の主な症状として、

  • ・不眠・疲労・めまい
  • ・胃の痛み・食欲不振
  • ・動悸・やる気が出ない
  • ・出社するのがつらい
  • ・学校に行きたくない
  • ・不安な気持ちでいっぱいになる
  • ・体がだるい、重く感じる
  • ・集中力が出ない
  • ・疲れやすい

このような症状が表れます。

今までと違う新しい環境で知らず知らずのうちにストレスが溜まり、ゴールデンウィークの休みで気が緩んだり、限界点を超えてしまうと五月病の症状が表れます。

ちなみに、五月病というのはゴールデンウィーク明けに五月病にかかりやすいというだけで、五月に絶対かかる病気ではありません。
疲労やストレスの蓄積が限界に達することで、7月など別の月に五月病にかかってしまうことがあります。

五月病の原因は?

五月病の原因は、「ストレス」です。

四月から新しい環境になると、新しい人との出会いや、生活の変化、通勤・通学の場所の変化などいろいろなことが変わります。

新しいものが一気にやってきた時、なんとかその環境の変化に適応しようとしますが、それが気づかない内にストレスになってしまうようです。

そして、そんな生活が1ヶ月も続いた後の五月始めの連休で気持ちが切れて無気力にったり、精神的疲れがどっと出てきたりします。

こういったことが原因で五月病になるようです。

五月病になりやすい人とはどのような人?

五月病になりやすい人とは、

  • ・几帳面
  • ・真面目
  • ・完璧主義
  • ・責任感が強い
  • ・内向的
  • ・周りに合わせる、周りが気にする

このような人がなりやすい傾向にあります。

具体的には、几帳面で周りの物事がキッチリしていないとストレスになってしまう人や、完璧主義な人。

真面目で内向的な人は、自分の感情を表に出せなかったり、人に上手く伝えられなかったりすることでストレスが溜まります。
新しい変化に適応する際、今までなかったものなどを受け入れることが多くなると思います。

そのことが苦手だったり苦痛になる人は五月病になりやすいのかもしれません。

うつ病との違いは?

うつ病も五月病のような「やる気が出ない」、「食欲不振」など似たような症状が表れますよね。

では、呼び方が違うだけかと思いきや、全くの別物なんです。

五月病は基本的に「周囲の環境が悪い」と思っており、責任は自分の外にあると考えています。
しかし、典型的なうつ病の場合は「自分のせいで失敗した」「自分は何もできない」など、責任が自分の中にあると考えています。

原因をどこだと考えているかの違いと症状の重さの違いが五月病とうつ病の違いなんです。

しかし、五月病をこじらせてしまい、何もしないでいると段々自分が嫌になってきて、うつ病に発展するケースもありますので、注意が必要です。

五月病の対処法は?

五月病にならないための対処法はどのようなものなんでしょう。

  • ・趣味やスポーツでストレスを解消
  • ・たっぷり寝る
  • ・ゆっくりお風呂に入る
  • ・好きな音楽を聞く
  • ・アロマテラピーでリラックスする
  • ・映画や旅行などで気分転換する
  • ・新しい目標を見つける
  • ・友人や先輩などに、話を聞いてもらう

このような方法で、五月病になる前にこれらの方法で心身をリラックスさせるとよいでしょう。

さらに、五月病を改善する栄養素として、イライラを鎮める働きがあるカルシウムや、カルシウムの吸収を調整するマグネシウムがおすすめです。

その他に、ストレスを和らげる働きがあり、ごまなどに多く含まれるトリプトファンや、体の調子を整えてくれるビタミンCなどを摂るようにしましょう。

まとめ

今回は、五月病の症状や原因、対策、なりやすい人、うつ病との違いなど五月病についてご紹介しました。

五月病の原因が分かっていれば、あらかじめ対処や予防ができます。

【スポンサードリンク】

ストレスを発散するようにして、症状がでる前に防ぐようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年4月21日

カテゴリー:仕事 旅行 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ