★御朱印のもらい方のマナーとは?人気の御朱印帳はどこでもらう?

【スポンサードリンク】

老若男女問わず、人気が加熱している御朱印集め。

御朱印も社寺によって千差万別で、いざ始めるとその奥深さから、さらにはまってしまう人が多いようです。

そもそも御朱印、御朱印帳とは一体なんでしょうか?

また、御朱印の正しいもらい方はどんなもらい方でしょうか?

そして、人気の御朱印帳はどれでしょうか?

人気の御朱印帳はどんなもの気になりますよね。

そんな気になる御朱印のもらい方や人気の御朱印帳についてクローズアップ!

今回は『御朱印のもらい方のマナーとは?人気の御朱印帳はどこでもらう?』についてご紹介します。

御朱印とは?

お寺や神社などで、御坊様、神職様、宮司様に依頼をして、御朱印帳という御朱印をいただくノートのようなものにお寺や神社の御宝印という判子、御本尊様の名前、参拝日、お寺や神社の名前を書いていただくことを総じて「御朱印」と呼ばれています。

御朱印の起源は諸説ありますが、元々は寺社にお経を書き写した証として頂くことのできるものだったそうです。

そのため、朱印を「納経印」と呼ぶこともあります。

現在は、参拝の証として神社や寺でいただくことができ、押印と墨書きをいただくのが一般的です。

御朱印は、寺社によって千差万別で、シンプルなものから、達筆で迫力あるもの、また寺社ゆかりの深いものをモチーフにした押印と墨書きなど、個性豊かなものがあります。

そして、いただいた御朱印は、お守りやお札と同様にご神体やご本尊の分身になりますので決して粗末に扱わないように心掛けます。

御朱印のもらい方は?

  • 御朱印帳を用意する

    御朱印をもらうためには、御朱印帳が必要です。

    中には普通のノートなどに御朱印をもらおうとする方がいますが、失礼な行為と認識される事も多く、断られる事も多いようですので、御朱印帳を用意しましょう。

    現在、御朱印帳は様々なところで手に入れる事が可能です。

    一部の文具店やAmazonなどの通販で手に入れる事も可能ですし、寺社がオリジナルの御朱印帳を用意しており、そちらで授与して頂く事も可能です。

    御朱印ブームにより、多くの寺社がオリジナルで個性的な御朱印帳を用意するようになりましたので、御朱印をもらいたい寺社で、御朱印帳も合わせて頂くのがよいでしょう。

    用意している寺社では、社務所や授与所で購入する事が可能です。

    それが思い出にもなりますし、よい縁になります。

    デザイン面やサイズ、紙質など、気に入ったものを探すのも楽しみの1つです。

  • 【スポンサードリンク】
  • 御朱印帳の種類

    御朱印帳は、蛇腹(じゃばら)と呼ばれるものと、和綴じ(わとじ)と呼ばれるタイプ2つがあります。

    現在、蛇腹のものが人気で主流で、寺社で用意されている御朱印帳のほとんどは蛇腹になっています。

    蛇腹のものは表面と裏面、どちらにも御朱印を頂く事ができますが、墨書きが裏写りする事もあるため、片面のみ頂く方、両面頂く方がいらっしゃいます。

    どちらがよいという事はありませんので、ご自身の好きにするのがよいでしょう。

  • 参拝する

    御朱印帳を用意する、もしくは御朱印帳を頂く寺社が決まったら、参拝をしましょう。

    御朱印をもらうにあたり、参拝をする事は必須であり、参拝した証に頂くのが御朱印ですので、寺社との縁、神仏との縁だと思い、頂いて下さい。

  • 参拝方法

    1.最初の鳥居を潜る前に一礼します。

    2.参道はなるべく真ん中を歩かないようにし、手水舎で身を清めます。

    3.右手で柄杓(ひしゃく)を持ち水を汲み、左手にかけて洗います。

    ・柄杓を左手に持ち替えて、同様に右手を洗います。

    ・再度、左手に柄杓を持ち替えて、左手を水受けにして口をすすぎます。このとき、柄杓に口をつけません。

    ・左手を洗い、柄杓を立てるようにして、残った水で自分が触れた柄の部分に水をかけて清め、柄杓を元の場所に戻します。

    4.拝殿前では賽銭を入れ、鈴がある場合は鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼で参拝します。

  • 御朱印のもらい方

    御朱印は、基本的に社務所や授与所と呼ばれる場所でもらう事が可能です。

    神職さんや巫女さんに「御朱印をお願いします」「御朱印を頂きたいのですが」といった声をかけてみて下さい。

    大きな神社では専用の御朱印授与所が用意されている場合や、取り間違いのないように番号札を渡される場合もありますので、指示に従うようにしましょう。

御朱印のお代は?

御朱印のお代は、基本的に300円のところが大半です。

神社では、御朱印や授与品のお代のことを初穂料とよびますが、金額を掲示してある場合や、提示された場合はそれに従うのがよいですが、こちらからいくら納めればよいか分かりかねる場合は「いかほどお納めすればよろしいでしょうか?」と聞くとよいでしょう。

御朱印をもらい初穂料を支払い終えましたら、お礼を言いましょう。

神職さんや対応して下さっただけでなく、その神社の神様へのお礼の気持ちも込めて、有り難く頂戴するようにして下さい。

まとめ

今回は、御朱印のもらい方や人気の御朱印帳についてご紹介しました。

今までは神社参拝はあまりしたことがなかった方でも御朱印の集印を始める事で、神社巡りを楽しむことができます。

【スポンサードリンク】

ぜひ、御朱印帳に御朱印を集めていってみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年5月23日

カテゴリー:日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ