カビキラーとハイターの違いって?安いキッチンハイターはお風呂のカビ取りに使ってもいい?

カビキラーとハイターの違いって何だかご存知ですか?

お風呂のカビ取りにカビキラーを使うことが多いかと思いますが、カビキラーって一度の掃除でけっこう量を使いますよね。

そもそもカビキラーとハイターって値段が違いますよね。
カビキラーの方がハイターよりも高いような。
と思ったことはありませんか?

そこには、何の違いがあるのでしょうか。

もし同じ量を使うのであれば、やはり安い方がいいですよね。

お風呂のカビ取りに、カビキラーは必要な物ですが、すぐになくなってしまって、けっこうお金がかかります。

カビキラーよりも安いキッチンハイターをお風呂のカビ取りに使えれば、値段も抑えられて嬉しいですよね。
しかしお風呂のカビ取りにカビキラーの代わりにキッチンハイターを使ってもいいのか疑問ですよね。
同じ成分ならば、使えそうですがカビキラーとハイターは、どのような違いがあるのでしょうか。

そこで、『カビキラーとハイターの違いと、キッチンハイターはお風呂のカビ取りに使ってもいいのか?』をご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

カビキラーてハイターの違い

カビキラーとハイターの違いは何なのでしょうか。

実は、カビキラーとハイターの主成分は同じ「次亜塩素酸ナトリウム」「水酸化ナトリウム」「界面活性剤」から出来ています。

「次亜塩素酸ナトリウム」は、強い殺菌力、漂白作用のある塩素です。

これらの作用により、殺菌・漂白をしてくれます。

「水酸化ナトリウム」は、油やたんぱく質を分解し溶かす作用があります。
「界面活性剤」は、油を水に溶かしやすくする成分で、水で洗い流すときに汚れを流しやすくするものです。

カビキラーとハイターの一番の違いは、漂白成分の次亜塩素酸ナトリウムの濃度の違いです。
カビキラーもハイターも塩素濃度というのはありません。
カビキラーの次亜塩素酸ナトリウムの濃度は0.5%で、

ハイターの次亜塩素酸ナトリウムの濃度は6〜10%です。
ハイターの方が次亜塩素酸ナトリウムの濃度は高いです。

カビキラーは、お風呂の掃除の時そのまま使いますよね?
それに対しハイターは、原液を薄めて使うのでカビキラーよりもコストは安く済みます。

【スポンサードリンク】

キッチンハイターはお風呂のカビ取りに使ってもいいのか?

キッチンハイターは、食器やまな板を殺菌する殺菌剤です。

食器やまな板に使うことがほとんどですが、実は黒カビをきれいにすることも出来ます。
上記で説明のある通り、カビキラーもハイターも主成分は同じです。

なので、ハイターもお風呂のカビ取りに使えます。
また、キッチンハイターも同様に使えます。
キッチンハイターでお風呂のカビ取りをする場合は、水:キッチンハイターを1:1で混ぜ、要らない歯ブラシなどで黒カビをごしごし擦ります。

歯ブラシでしたら、細かいところもしっかりきれいになります。

それで取れないところは、キッチンペーパーにキッチンハイターをそのままスプレーして染み込ませます。

それを黒カビの所に湿布をするように貼りつけます。

20〜30分ほど放置したら剥がして冷水で流します。
それでも取れないときは、2.3度繰り返して下さい。
キッチンハイターは、カビキラーと違い薄めて使うのでコスパもいいですね。

まとめ

【スポンサードリンク】

キッチンハイターは、カビキラーよりも値段が安く、さらに次亜塩素酸ナトリウムの濃度が高いため薄めて使っても効果はあります。
一度に量を多く使うようなら、カビキラーではなくキッチンハイターでお風呂のカビ取りをするのは良いですね。
カビキラーも、キッチンハイターも使うときは良く換気をして行いましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年12月26日
最終更新日:2017年4月11日

カテゴリー:掃除 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ