夏に涼しいシャツ・トップス(レディース編) 長袖を選んでも素材でひんやり

これから気温も上がり、だんだん夏が近づいてきますね。
そんな中でも毎日着る事が多いシャツ・トップス(レディース)は着心地が涼しい素材のものを選びたいものです。
先日みたニュースでは、今年の夏は猛暑になる可能性があると言っていました。

女性の方は長袖と半袖どちらを選ぶのでしょう?また素材も何を選ばれるのか。
ただ、中には半袖は日焼けするからレディースの長袖のシャツやトップスを選ぶという方も少なくありません。
そういった場合、レディース長袖のシャツ・トップスを選んだとしても素材にこだわるだけでひんやり涼しい夏を過ごせるのです。

「えっ!?夏が涼しいと思えるの?」
と思いますよね。

夏は特に大量の汗をかく季節なのにレディース長袖のシャツ・トップスの素材で涼しいって!

着るもの1つで快適に過ごしたいという方に『夏に涼しいシャツ・トップス(レディース編) 長袖を選んでも素材でひんやり』こちらを参考にして頂けたら幸いです。

【スポンサードリンク】

少しでも涼しい夏にする為のトップス・シャツ(レディース)の関係

暑い日ですと、Tシャツなど1枚だけ着ていたいですよね。
実は1枚だけより、中にもう1枚着る方が涼しいと、科学的にも証明されているのです。

その理由は
肌とシャツの間に空気の層を作らない為なのです。

Tシャツなど1枚だけ着用している場合、空気の層ができます。
この空気の層は、あればあるほど断熱効果がありますので、熱の逃げ道がなくなります。
そして、暑い状態が続きます。

なので、Tシャツなどの下に1枚足すことによって空気の層が少なくなります。
(ここで重要なのは、体にピッタリサイズのインナーを着ることです。)

インナーには汗が吸収されますが、気化熱により熱の逃げ道が高まります。
(気化熱とは、汗が気化するときに周りから奪う熱量のことをいいます)

体温が上がると汗をかきますが、その汗が蒸発するときに熱が奪われて体温を下げるのです。


インナーが汗を吸収するので皮膚温度が低くなります。
この時に体からの熱が多く出されるので、体温の上昇を調整できるのです。

ですので、インナーは体にピッタリサイズ、 トップスはゆったりめでインナーとの間の風通しをよくするものがオススメです。

これが涼しさを作るコツなのです。

【スポンサードリンク】

シャツ・トップスは半袖?(レディース用のキャミソール含む) 長袖? 素材は?

次に、気になるインナー選びですが、シーンに合わせて様々です。

例えばレディース編ですが、やはり夏ですからトップスは白やパステルカラーなど、薄めの色を選ぶことが多いと思います。

キャミソールやタンクトップなど、脇の空いてるものですと、脇汗の心配もでてきます。

脇汗パットがついてるものでしたらいいのですが、付いていないのであれば半袖のインナーをオススメします。

臭いの元となりやすい脇汗を防ぐことにもなりますし、トップスを汗のダメージから守ってくれますので。

アウトドアなど長時間外に居る場合でしたら、長袖のインナーをオススメします。
紫外線対策など肌トラブルも軽減されます。
袖だけのアームウォーマーもオススメですよ。

素材ですが、汗の吸収率が高い代表的なものは綿ですが、速乾性が良いのはポリエステルです。

肌の状態もありますので、色々試してみるのもアリだと思います。

最後に

夏はどうしても汗かきますね。
インナー無しだと、かいた汗はそのままトップスに吸収され、気付けば汗ジミが…なんてことにも…。

暑さ対策の重ね着ですが、下着の上にブラウスなどのシャツ1枚だけだと、透けちゃいますよね。

見てる方が恥ずかしくなるケースもありますので、女子のたしなみの1つとしても重ね着をオススメしたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ