漫画家「はらたいらさんに3000点!」死因は何?やらせだったって本当?

大橋巨泉さんの訃報でクイズダービーの特集がされていました。

私はクイズダービーを現役で見る世代ではありませんでしたが、

「はらたいらさんに3000点!」は意味もなく耳にする事が多かったです。

音楽の歌詞にもなったりしていたので、意味がわからなくても耳に残っていたフレーズだったりします。
 
どうやらクイズダービーの時のお決まりのセリフなのかな?くらいの感覚で聞いていたのですが、

今回大橋巨泉さんが亡くなったという事で、はらたいらさんっていったい何者だったのかな?とおもったので今回は『漫画家「はらたいらさんに3000点!」死因は何?やらせだったって本当?』について書いていきたい思います。
 

【スポンサードリンク】

漫画家はらたいらさんのプロフィールwiki

1943年3月8日 – 2006年11月10日

東京都文京区小石川に居住していた、
高知県香美郡土佐山田町(現香美市)

随筆家、タレント。血液型B型。

はらたいら(ハラタイラ)は1963年にデビューした漫画家。男性。

本名は

原 平(はら たいら)

14歳のときから漫画雑誌に投稿を始める。

高校卒業後上京し、1963年に「新宿B・B」(『漫画タイムス』)でデビュー。

時事風刺、ナンセンスギャグが得意で、代表作に「ゲバゲバ時評」「モンローちゃん」などがある。

一方、1976年から16年間テレビ番組「クイズダービー」のレギュラー解答者をつとめ、的中率の高さ、雑学的知識の広さで人気者となる。

1997年、土佐女子短期大学客員教授

はらたいらさんに3000点!って何?

番組出演者の中では驚異的な正解率(.747)を誇っており、

はらのオッズは原則として2倍程度、時には1倍と低く設定されていた。

風刺漫画家という職業柄、はらは多数の新聞や雑誌の記事の切り抜きをまめに行っていたが、番組では「はらは正解で当然」という期待があったため、番組用にも特別にスクラップブックを作っていた。

収録前のはらは緊張のためいつも口数が少なかったようです。

はらに高いポイントが掛けられることが多く「はらたいらさんに3000点」という言葉が「相手の予想に同意する」ことの代名詞となった。

「はらたいらさんに3000点」は流行語にもなりました。

最後の問題では「はらたいらさんに全部」と言う出演者が非常に多く見受けられた。

【スポンサードリンク】

漫画家はらたいらさんの死因は何?

芸能界では有名な酒豪だったので、肝硬変なんですけど、病院に行かずに飲み続けていたみたです。

病院に行った時はすでに手遅れで、病院のベッドの下からも、空瓶が出てきたと奥さんが言っていました。

それくらいお酒が好きだったのでしょうね。

検索すると死因は「肝癌」だそうです。

10数年前から、更年期障害になり男性にも更年期があるという本を書いてました。

男にも更年期があるんですね。

はらたいらの驚きの正解率!やらせだった?

驚異的な正解率に「事前に正解を知っているのでは」と度々聞かれウンザリしていたはらは「問題を作っているのは僕なんですよ」とジョークで返していました。

なお、クイズダービーではやらせは一切排除されており、番組司会の大橋巨泉ですら問題を知らされるのは収録15分前だった。

驚異的な正解率は全てはらの実力による正解だったのです。今でいう林修さんとか伊集院光さんとかみたいな感じだったのだと思います。まさに雑学王だったみたいです。

最多連勝(連続正解)は27連勝(しかも2度達成)で、同番組では歴代1位の連勝記録だった(連勝記録の歴代2位はゲスト解答者として出演した黒沢久雄の24連勝。竹下は16連勝で歴代3位)。

凄いですね!

はらたいらさんは健康を害して死んでしまいました。
ですので、健康に関する記事をかいてみたので、是非読んでいただれば嬉しいです。

漫画家関連で言えば、こちら
エレクチオンメーターとは?

体にいい砂糖とは?どんな種類があるの?

夏風邪は治りにくい?原因のウィルスと予防法

気温が体温越えるとどうなるの?体温越えの恐怖!熱中症と日焼け対策4選!

熱中症対策グッズの中でおすすめの食べ物や飲み物

熱中症の症状?子供の発熱や頭痛、嘔吐の対処法

炭酸飲料の効果?飲むとダイエットや健康にいいの?

密かに人気の記事

ヨーマーク(Yaw mark)とは?交通事故の時に出来るっていったいどんなものなの?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ