注射後の内出血を早く治す方法とは?痛い場合や緩和する方法はある?

注射って痛いですよね。

内出血を緩和させる方法ってないでしょうか?

痛いのはしかたないとしても注射針をみるだけで痛いと思いますよね。

緩和できることなら内出血を緩和させたいものです。

まぁ注射は痛いのが当たり前と思えば内出血も気にならず緩和できるんですけどね。

注射だけは見るだけで痛いと思ってしまいます。

どうしたら内出血を緩和できるのでしょうか?

痛くない注射針と痛い注射針や内出血を緩和する方法を知りたいものです。

そこで今回は『注射後の内出血を早く治す方法とは?痛い場合や緩和する方法はある? 』と題して解説していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

注射後の内出血を早く治す方法

注射後の内出血は、命にも関わるから本当に気をつけたいもので、これは、採血で普段まったく注射を受けてないと体が拒否反応を起こして内出血を起こしてしまうのです。

この内出血を防ぐ方法があるので、お伝えしたいと思います。

まず、注射を打つときに、腕回りを固定したりしますが、あの固定が浅いと内出血を起こしたりするのですが、これはナースさんが腕を固定したときに、軽く固定してしまったりしても起こったりします。

内出血を予防するためだけでも良いので注射を受けるときは、できるかぎりナースの指示を聞くようにして内出血の予防をしましょう。

「腕を固定してください」ともし言われたら、間違っても腕を揉むような行動をしないで、腕に力を入れずに腕を固定することだけを考えるようにしましょう。

注射は個人的なものではなく、ナースと医師と自分のトリプルプレーだと思って、決して独りの単独プレーにならないように、息を合わせるように臨みましょう。

なぜなら、ほとんどの注射による内出血は、この採血部位をおさえない固定しないという止血不足だけが問題だからになり、採血した医師やナースが下手だからということは、ほぼ無いと断言できるからです。

注射のときの内出血を予防する方法は、採血部位を押さえる、この圧迫止血という方法しかありませんので、ナースの指示を無視すれば内出血するとみて良いでしょう。

あとこの圧迫止血を間違えて圧迫せずに、揉んでしまったら逆に出血をしてしまうので気をつけてください。

【スポンサードリンク】

痛い場合や緩和する方法

痛い注射を緩和させる方法はあって、それは時間です。

長時間、注射針を刺したときと、短時間の注射針を刺したときでは痛みが違うので、長時間の注射というのは、つまり注射する液が多いということになりますから、サイズの大きい注射を避けて、できるだけ小さい注射器で注射するということになります。

時間により痛みが緩和されるということは、素早く注射して、素早く注射を外してくれるところは、とてもありがたいと言えますので、こういった医師を事前に探しておくというのが一つの方法といえるでしょう。

ですから、注射をするなら、一回で、すぐ終わるように事前に「すぐ刺して、すぐ抜いてください」と言っておくのも良いと言えます。

あとは深呼吸もとても、痛みの緩和に役に立ちます。
なぜなら痛いと思って注射を受けるのと、痛くなと思って注射を受けるのでは、やはり精神的に痛みが増幅するからです。

それならば最初に深呼吸などをして、精神を安定させてから受けたほうが痛みが緩和されることでしょう。

まとめ

注射一つでも、いろいろ受け方によって変わるのですね。

まさか注射を受ける時間の長さで痛みが変わるとは知りませんでした。

これなら、一言を言うだけで痛みが緩和されそうですね。

これからは医師とナースさんと協力しあって注射を受けたいと思います。

それでは、新たな情報が入り次第また大公開してみたいと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ