野球選手とサッカー選手の平均身長はいくら?

スポーツ選手の平均身長ってやっぱり高いですよね。

特に野球選手やサッカー選手の平均身長は高いほうだと思います。

野球選手とサッカー選手の平均身長なんか考えたら自分が惨めになりそうですね。

それでも知りたいところです。


野球選手とサッカー選手の平均身長って、いったいどれぐらい違うのでしょうか?

そこで今回は野球選手とサッカー選手の平均身長について『野球選手とサッカー選手の平均身長はいくら?』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

野球選手とサッカー選手の身長について

世界のサッカー選手や野球選手は平均身長が低い人もいますが基本的にとても平均身長が高い人たちが多くいます。

日本でも平均身長が高い野球選手やサッカー選手も多くいます。

そんなサッカー選手や野球選手についてなのですが、なぜ彼ら選手たちの平均身長は高いのでしょうか?

実はサッカー選手や野球選手たちの平均身長が高いことにはある理由があります。
ですので、今回はそのサッカー選手や野球選手たちの平均身長や身長による影響について紹介します。

野球選手の平均身長は?

プロ野球のダルビッシュなどの有名な方などの多くの身長は196cmなどプロ野球の人たちは身長がとても高く、平均身長は約183cmです。

なぜ野球選手たちは身長が大きいのかというと、まず何を基準に選手を選ぶのかといいますと3大基準がございます。

その3大基準というのは
体躯、技術、潜在能力
この3つです。

この3つを中心に同じであれば、スピードやパワーで差をつけます。

体躯つまり体格が野球選手を選ぶ基準としてすごく重視されますので、小柄な選手より高身長や筋肉の発達が抜きん出ているような選手が選ばれやすくなります。

体格は技術やスピードでどうにでもできるという反論がありますが、
野球に関していえば、高身長だと投手ですと、まず位置エネルギーがたくさん得られるので球威が増すのです。

打者はボールを上から見て正しいミートをするものなので長身投手に上から投げ下ろされると打者は上から見上げるような格好でボールを見なくてはいけないのでやりづらいです。

しかし、打者も長身ならボールを上から見られることができ、またふつうの投手とは違った球筋になり、慣れないと打ちづらいですし、しかも打者によりホームベース寄りやキャッチャー寄りの部分で投げられるので打者は実際よりボールが速く見えたり、至近距離から投げられる感覚になるなどの利点があります。

上記の結果、高身長だけでも野球はこれだけの利点があるので、野球選手たちの平均身長は高いのです。

【スポンサードリンク】

サッカー選手の平均身長は?

サッカー選手の平均身長は野球選手と違い、平均身長は171cmと野球選手より低いです。

なぜサッカー選手の平均身長は野球選手と比べて低いのかというと、まずサッカーにはポジションによって平均身長が異なり、32カ国の約736人の選手たちのポジションの平均身長を見てみると

  • ・GK(ゴールキーパー)96人:187.2cm
  • ・DF(ディフェンダー)234人:182.6cm
  • ・MF(ミッドフィールダー)250人:178.2cm
  • ・FW(フォワード)156人:179.8cm

以上の結果になり、ポジション別に比べてみるとGK>DF>FW>MFの順に高いということがわかります。

ゴールキーパーは当然ながら相手のシュートを止めるために全力で阻止しなければいけないポジションなので、背が高く手足が長い人が求められます。

しかし、ミッドフィールダーとフォワードはポジションの中でも平均身長が低いのですが、このポジションは背が高いことによる優位性があまり関係ないのです。

そのため、ミッドフィールダーは背の低い選手でも活躍できるポジションであり、フォワードは攻撃の際に最前線で楔になってポストプレーをするタイプの選手でなければ、あまり身長の高さは必要のないポジションなのです。

上記の結果、サッカーはゴールキーパーなどの重要なポジションは高い身長が求められますが、基本的にサッカーは身長による優位性があまり関係ないのでサッカー選手たちの平均身長は低いのです。

最後に

結果としては野球選手は総合的に身長が高いほうが圧倒的に有利なので平均身長が高い人たちが多くいますが、サッカー選手はゴールキーパーなどは平均身長が高いほうが有利なのですが、基本的にはサッカーは身長による優位性があまり関係していないので平均身長が低いという結果になりました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ