偏光サングラスとは?普通のサングラスとの見分け方-釣り人必見-

偏光サングラスというのは本格なアウトドアやスポーツ・釣りに使うものがほとんどで、普通のサングラスよりも高価で性能が高いのが偏光サングラスです。これが見分け方です。

普通のサングラスよりも性能が高い分価格も高いのが偏光サングラスの特徴です。これも見分け方の一つですね。

これからランニングや水泳・釣りなど外に出て活動する機会が増えていきますが、普通のサングラスも良いのですが、太陽の光に邪魔されたくない、視界が良い状態で運動、水泳をしたい人・まぶしい海で釣りをする人には是非偏光サングラスを使うことをオススメします。偏光サングラスは釣り人にもピッタリなサングラスなのです。

今回はその偏光サングラスについて簡単に紹介をしていきます。見分け方もあわせて書いていきます。

それでは『偏光サングラスとは?普通のサングラスとの見分け方-釣り人必見-』を参考にあなたのお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

偏光サングラスとは?

偏光サングラスとは普通のサングラスのレンズの両面に偏光膜、つまり偏光グラスや偏光と呼ばれているものを使っており、この偏光サングラスを装着すると非常に視界が良くなり、広くなります。

そして、この偏光サングラスの最大の特徴は偏光板の機能を持ち合わせた偏光レンズが使われているので、一定の方向からの光や雑光をカットする特をもっています。

視界が良くなり広くなる理由はこの偏光レンズの影響で不必要な雑光はカットされ、自分が見ている物からの光のみ視界に映してくれます。

主に釣りをしている人やサーフィン、ボートを運転している人はこの偏光サングラスを必須しているぐらい非常に性能が高いです。

そして紫外線もカットしてくれるのでバカンスや海やプールに行く人にもオススメです。

【スポンサードリンク】

普通のサングラスとの見分け方

普通のサングラスはレンズが1枚で紫外線はカットしてくれるのですが様々な物体に反射して生じる乱反射光という光が直接目に入ってくるため、中々対象物が見えません

簡単に言うと車のフロントガラスにダッシュボードや小物が映っていることと同じです。

一方で偏光サングラスの場合は3枚レンズが使われており、その邪魔な乱反射光をカットしてくれるので物がはっきり見えます。

これが普通のサングラスとの見分け方と違いです。

釣りに最適な偏光サングラスは?

上記で書かれている物を頼りにすれば基本的には大丈夫なのですが釣りをする人はそういう訳にはいきません。

まず、偏光サングラスというのはレンズがカーブしており、そのレンズに偏光フィルムが貼ってできているのです。

そしてレンズは当然歪んでおり、この歪みが大きいと

・疲れやすくなる
・頭痛が出てくる
・気分が悪くなる

などの弊害が出ており、これを偏光酔いといわれています。
安物の偏光サングラスほどこれが出やすいです。

なのでちょっと掛けただけでは判断しづらいので

・片目ずつ見る
・正面だけでなくレンズ全体を使って見てチェックする

などをして判断してみましょう。

また、これも偏光サングラスを選ぶ際とても重要なことですが、どんなに安物でも高価なものでもできるだけ隙間が少ない偏光サングラスが良いです。

理由としてはサングラスと顔の隙間が広いと良いレンズでもレンズと目の間に光が反射して見えにくくなります

つまりフレームのカーブ率が大事なので、できるだけ自分の顔に沿ったフレームを選べば目とレンズの間に光が反射しづらくなります。

最後に

以上で簡単に偏光サングラスについての紹介をしていきました。

普通のサングラスでも十分に良い視界や気分を味わうことができますが偏光サングラスですとより良くいろんな景色や海などが見れるためこれからバカンスや海、スポーツをする方には是非偏光サングラスを使うことをオススメします

読んでくれてありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ